2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

結局憲法九条って何が悪いの?

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/31 13:53 ID:02K/M7tS
頭の悪い俺にわかりやすく教えてくれ

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/31 14:25 ID:rGSqGnaT
2

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/31 14:31 ID:LYfiyW03
理想のみよい。

4 ::03/10/31 14:38 ID:02K/M7tS
>>3
何か実害があるの?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/31 15:34 ID:lROgc/eF
警察のいない社会に生きようって憲法。
ただし強盗は駆逐されていない。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/31 16:03 ID:Y7JYUQh3
>>1
あいまいだからダメなの。法律は誰でも意味がわかるように
作らなければいけないから人によって解釈が違ったらだめなんだ。


7 :http:// s200.IkyotoFL6.vectant.ne.jp.2ch.net/:03/10/31 16:26 ID:lFD7kNDl
 guest guest 

8 :http:// s200.IkyotoFL6.vectant.ne.jp.2ch.net/:03/10/31 16:27 ID:lFD7kNDl
 guest guest

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/31 16:28 ID:Qh4TgJVv
憲法なんて飾りです。えらい人にはそれがわからんのです

10 :http:// s200.IkyotoFL6.vectant.ne.jp.2ch.net/ :03/11/01 23:34 ID:Kci6nF+u
 guest guest

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/02 06:12 ID:vke1Czcn
マジレスかましてよかですか?
憲法九条の理念はとてもすばらしいものでしょう。
しかし、あくまで日本的な発想の産物であるといえます。
国際社会において、悲しいことに戦争は外交手段の一つ
なのです。また、国益の争奪においても、いまだに自国が
保有する軍事力を背景としたものであるというのが現状です。
アメリカの最近の行動がいい例でしょう。
そういう状況の中で、国の交戦権を否定するといった条文を
憲法で規定しているということは、自国の存在自体を否定する
ことにつながりかねないということなのです。まして、戦後の
過程において、条文を素直に読めば明らかに違憲である自衛隊
をわが国は保持してきましたが、この九条に対する後ろめたさ
からか、中途半端な、各分野において欠落した軍事力を保持す
るに過ぎず、各法制度上使い物にならないものでしかないとい
う状況なのです。
結局のところ、日米安保に依存するほかなく、米軍にすべてを
任せざるを得ず、自衛隊はその補完的なものにしか過ぎません。
まあ、それですむなら問題はないのですが、問題は憲法九条が
集団的自衛権を認めないと解釈されていることでしょう。
この結果、自衛隊は米軍と共同行動がとれず、何の役にも立た
ない代物に成り下がってしまうのです。
つまり、憲法九条は理念はすばらしいものの、亡国の法である
といえるのです。
よく平和主義者は九条の理念を世界に広げるべきだといいますが、
私の知る限り世界の一般的通念とはあまりにもかけ離れているため、
失笑の対象でしかありません。
以上たいした意見ではありませんがご了承ください。

12 :ふー:03/11/02 11:01 ID:qAQ5gGxl
>憲法九条の理念はとてもすばらしいものでしょう。 しかし、あくまで日本的な発想の産物であるといえます。
米英を含めた当事の戦勝国等の発想と理想であり、それをややもすると「日本的な発想」に写るまでに日本側が受入れ改正もせず順応して来た。のが正解ではないでしょうか?


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/02 11:57 ID:EMGg7cwl
元々、日本をアメリカに敵対させないための
条文だったのが、時代が変わって状況が
変化したから意味がなくなっただけ。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/02 12:26 ID:u5YhwUSp
共産主義=みんな平等で貧富の格差がなく、争いもない平和な世界を築こうと
する思想。

どこが悪いかわかるかな?


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/02 12:33 ID:EMGg7cwl
>>14
それは別に共産主義ではなくて
日本共産党のちらしの文句

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/02 16:40 ID:hgj5UJ8+
共産主義=(一部の指導者層を除き)みんな平等で貧富の格差がなく、
(絶対的な権力&圧力によって)争いもない平和な世界を築こうと
する思想。

こんなとこか?

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/02 22:58 ID:ME0KbeKg
「真日本国憲法第九条概説」抜粋

かような事態があってはならないが、他の国家が宣戦布告を行った段階で日本国は交戦状態になっている。
かつてなされた降服論議も交戦状態の回避にはつながらない。
・・・・・
九条問題に対する国民の沈黙の意義は「宣戦布告を行う権利を一方的に放棄する」というところにあろう。
・・・・・
なお、いわゆる「護憲運動」にはおおいに疑義がある。憲法は改憲規定を内包する。その意味では「護憲運動」は憲法を否定する活動そのものである。
・・・・・
真の国民意識の向上および成熟こそが必要なのである。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/11 18:25 ID:GWhdHTEF
体罰はやめるのが理想だが、しないと学級崩壊みたいなもの

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/11 22:24 ID:aSTXwGiq
しかしやはり「自衛戦争」くらい認めてくれといいたい
少なくとも北の将軍様&中共が滅ぶまではマジで・・

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/11 22:58 ID:D9HLb4Qw
>>14-16
共産主義批判も結構だが、ちゃんとお勉強しないと無知をさらすだけだよ。


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/12 18:17 ID:+VfZZ95f
北のイっちゃってる将軍やら中東の問題が解決するまで日本も「臨戦態勢」をとるとして、
問題が解決したからといって改めて現九条を守ろうということになるだろうか?
恐らく「有事に備えて」ということで、一度破られた法がまた守られるようになることはないと思う。

国益になるかというよりも、世界の中に、ある程度の大国である日本が主流ではない平和憲法を持っているという事には意味があると思うのだがどうだろう。
いずれ日本あアメリカと同じような国になったら、世界中が緊張状態になるような気がして怖い。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/12 18:32 ID:6o6sOBjp
>>21
ご意見もっともではありますが…
平和憲法については、日本が維持することについちゃ異論はございません
ただし、その内容によると思うのです
今の第9条のままでは、法解釈として現行の法律で定める程度が限度でしょうね(もちろんすでに違憲ですが)
しかし、敵国の攻撃を受けてから(例えばミサイルが着弾してから)しか応戦できない軍隊では、到底日本国民の安全を確保することはできません
大幅な軍拡などする必要はないと思いますが、大幅な法律改正と国民の考え方の修正は絶対に必要だと思うよ

>いずれ日本あアメリカと同じような国になったら、世界中が緊張状態になるような気がして怖い。
日本がアメリカのような国になることとは関係なく、別の意味で世界中が緊張状態になることは俺も恐れます
アメリカの強引な手法と傲慢な考え方が、世界各国の反感を買い、アメリカ対世界というような図式が出来上がることが怖い
いかにアメリカが強大だといっても、一度に世界中を相手にしたのではひとたまりもない
大国同士の直接戦争がなくなって久しいが、こうなってしまえば世界大戦にだって発展するかもしれない

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/12 18:38 ID:RUX34xkr
共産主義=プロレタリアート独裁

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/12 18:44 ID:KmYy013k
http://imode.csx.jp./~amigomax/

25 : :03/11/12 18:47 ID:gayJ9Rzw
っていうかさ。

なんで、日本が世界を征服しちゃいけないの?



26 :名無しさん@@お腹いっぱい。:03/11/12 20:58 ID:heeJPBNa
>>25殿
征服→統治では、統治の方が100倍の費用・労力が掛かるからです。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/12 21:02 ID:LyXDTLxp
9条変えるなら安保理も変えなきゃね。


28 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/12 23:51 ID:7/o33HhE
征服する、ということは軍隊で民衆をつっついて言う事を
きかせるという事ではない。それは必ず失敗する。成功す
る征服は金で買い、法でしばること。

「あなたの国家を一年契約で貸借します。借主と貸主との
双方の合意によってのみこの契約更新を破棄できます」と
いった法律をつくる。やや極論だが、征服とはこんな感じ。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/13 04:49 ID:16V3WyY/
憲法前文二項
日本国民は、…平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、
われらの安全と生存を保持しようと決意した。

そういう前提で、憲法九条で戦争放棄と戦力・交戦権を否認したわけだから、
九条だけでなく、その前提となっている前文の構想がおかしいのではないでしょうか。

30 :がむ:03/11/13 05:33 ID:TFLwABtz
>29
平和を愛する「諸国民」の公正と信義に信頼して・・・・・
「諸国民」が指すのは日本国民でなく北鮮や米国やイスラム国家ですからねぇ。
制定時は日本は悪の帝国でしたから他国を信頼しても信頼はされない事実はありました。
ですが今は逆の状態が起きてますからねぇ。
それに「諸国民」が日本人を指すと勘違いなさってる方も多いですからねぇ。
改憲したいですねぇ。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/18 00:19 ID:TmXEtJB8
結局、侵略戦争って何が悪いの?

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/18 00:32 ID:E4s/AYGC
>>1
今の9条でも自衛戦争はできる(文はおかしいが)。
ただ、集団的自衛権の行使(ex.米の戦争に参加)できないだけ。
要するに、9条変えたい人は、日本をイギリスみたいにしたいんだよ。
米にもっと貢献して米にもっと気にいられたいって事。それだけ。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。 ::03/11/18 00:35 ID:3y3/XXzW
《これは開放なんかじゃない。》
占領を即刻、終結させなくてはいけない。
唯一の解決策は民主主義と自由であり、一般のイラク人が自力で国作りをするのを
任せてあげること。そして、イラクの石油が多国籍企業の私服を肥やすためではなく、
イラク全土を復興するために利用されることである。
http://www.stopwar.org.uk/warimages.asp
 ↑
一番下の写真は、窃盗の容疑を掛けられたイラク人が
裸にされているところ。(バグダッド) 占領の素顔。

日本は第二次大戦後、約7年近いGHQの占領期間中に
禁止30項目という、厳しい言論統制を強いられ
占領軍総司令部(SCAP)が起草した憲法を批判することなどは
もっての他でした。イラク人はアメリカ主導の13年間に及ぶ
経済制裁の結果、その間に数十万人の子供が死亡しました。
しかしそれ以前の教育レベルが高い人も多く、知性に富んでいて
世界史もよく知っています。そして4000年の歴史を誇る人々です。
彼らにすれば、占領経験者である日本人だからこそ分かってもらえる
ことがある。そう思っているのではないでしょうか。日米関係は大切ですが、
それはブッシュ・小泉関係に限定されるわけではありません。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/18 14:21 ID:81subTwJ
日本国憲法第9条は日本国は戦争放棄を宣言する。同時に陸海空軍を
保持しない。と記されている。戦争放棄するのはいいんだが、
軍もたないなんて占領してくださいといってるようなもん。

35 :個人での経済制裁:03/11/18 17:57 ID:FBB7Hms8
国軍持って欲しいな。
中国からも韓国からも北朝鮮からも、
金と技術と物資をたかられる、いじめられれっ子。
の日本は見たくないです。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/18 18:59 ID:tkQDSO+I
第一項に関しては1928年のケロッグ・ブリアン平和条約の内容そのままなので問題ない。
憲法上、第一項のような規定を設けている国は多い。
ちなみにこの条項が侵略を受けた時の自衛戦争まで否定する物ではないことはケロッグ当人が認めている。
国会の憲法調査会でも一項の規定を問題とする会派はなかったと思う。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/18 19:11 ID:xZvbkk77

アメリカが日本に原爆落としたことは、

ケロッグコーンフレークによると「自衛戦争」だったのでしょうか?

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/18 22:29 ID:ytYmEaBX
アメリカが日本に核兵器を使用し、敵であるはずのソ連を参戦させたのは、
そうでもしないと日本に勝てなかったからです。

39 :名無しさん:03/11/19 00:32 ID:dRJsA9yA
@9条1項の「国際紛争を解決する手段として」の解釈 
A一切の戦争、武力の行使と見る B国家の政策手段としての戦争と見るのか
A9条2項の「前項の目的を達成するための意義」の解釈
A正義と秩序を基本とする国際的平和を誠実に希求する 
B 1項の侵略的行為の放棄の目的と見るのか
これらの組み合わせで、様々な説が出ている。
要は、憲法9条のこうした文言に問題があるのでは?

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/19 00:52 ID:b09QKpuP
>>39
そんな論争してるのは憲法学者だけ。
内閣法制局が常識的な憲法解釈を出しているから何の問題もない。
解釈ではなく改憲しないと超えられない最後の一線が集団的自衛権。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/19 02:36 ID:0nb3tB9d
>解釈ではなく改憲しないと超えられない最後の一線が集団的自衛権。

この一線もその内あっさり解釈で超えると思うよ(一昔前まで自衛隊の海外派遣がこう言われてた)。
第一、「保有しているが行使できない権利」なんてとても常識的とは言えんでしょう。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/19 03:06 ID:lnICbJmk
なんだろう、

要するにみんな仲良くしたらいいじゃあん(*^-^)

43 :何と言って4000万も出させたのか?:03/11/19 15:34 ID:HeRU63Jv
何と言って4000万も出させたのか?

http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/index.html
http://members.at.infoseek.co.jp/YaYa/system.htm
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/jyunkin08.htm
週刊新潮/2003年11月27日号
拉致連のインチキ利権を全く知らされていない馬鹿国民。
防衛利権に群がる国賊の仮面を剥ぐ。
パチンコ朝鮮業者から「平沢勝栄」代議士に渡った「4000万円」
 ジャーナリスト 上杉 隆


44 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/19 18:15 ID:1Uh4zvTW
曖昧な書き方してるから話がこじれるというのには同意。
専守のための自衛隊を保持するとはっきり書けばよい。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/19 23:19 ID:pzejS9+W

  _、_
( ,_ノ` )y━・~~~ フッ・・・ 必 死 だ な ・・・。



46 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/20 09:47 ID:3viqKPNM
曖昧にしたいだけだろ?

法学者の論理
文言、趣旨→自衛隊の存在は?→違憲(通説)

曖昧という人の論理(価値判断先行)
自衛隊は当然必要→文言→??何言ってんの?→9条って曖昧なんだね(せいいっぱい)

9条が曖昧というより、政治家の姿勢のほうが曖昧。
特に、環境権とかプライバシーを明記すべきとか言う人。
9条を変えたいってはっきり言えばいいのに。


47 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/20 11:00 ID:ZdwdbLN8
改正憲法9条

第一項 日本国は、侵略を目的とするいかなる戦争も企てず、その武カを行使しない。
    また、いかなる人民の自由に対してもその武カを行使しない。  

第二項 日本国は祖国を防衛する権利を有する。
    そのために陸海空三軍を保有する。


48 :正義の見方:03/11/20 15:55 ID:i4qf75E1
土井などはつねに日本国憲法は世界唯一の平和憲法だというが、では日本以外
の国は戦争肯定憲法なんでしょうか?そんなことはありえません。憲法9条が
あったから日本が平和であったわけはないんです。日米安保があったからです。
第一、国軍を持たない国がありますか?憲法で国が守れるなら、どこの国だっ
て苦労しませんよ。憲法は人間がつくったもので、時代にそぐわなければ改正
する、その程度のものです。外国には通用しないのです。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/20 16:14 ID:J+LZE9db
第一、国軍を持たない国がありますか?
日本

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/20 16:18 ID:/6lpO33S
>48
禿同
よく捨民は永世中立のスイスを引き合いに出すが
あそこは国民皆兵の国。
国防意識がものすごく高く、撃っては出ないが手を出してきたらただでは済まさないという決意でもって国を守っている。
国を守るのは、結局は国民の国防意識が大事ということ。
憲法はそれを体現していれば良いわけで、国民意識が変われば憲法も変えるのは理の当然。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/20 16:23 ID:fzsWfLAr
9条は世界平和がデフォルトでないと存在できないけど
現実の世界は戦争状態がデフォルトだったから

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/20 17:16 ID:kEVjD5jU
平和ボケ左翼がよく引き合いに出すコスタリカの憲法について
くわしく知っている方おられたら、教えてください。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/20 18:11 ID:uNP3hekC
>52
卒論で取り扱っているのでマジレス。
コスタリカ憲法第12条
「恒久制度としての軍隊は廃止する。公共秩序の監視と維持のために必要な警察力
は保持する。大陸協定によってあるいは国家の防衛のためにのみ、軍事力を組織す
ることができる。いずれの場合もその軍事力は文民権力に従属し、軍隊は、個人的
であれ集団的な形であれ、声明あるいは宣言を討議したり、発表したりしてはならない」

コスタリカ憲法は、常備軍の保持は禁止しているが、軍事力の組織自体を禁止して
いないのであって、その意味では、日本国憲法第九条「通説」の方が徹底的。
コスタリカでは、有事における徴兵、軍隊の保持、交戦は否定されていないのです。

なお蛇足ですが、九条の「理念」と呼ばれるものは、善意の誤解であると思われ。
九条の制定の本来的な目的は、「日本から徹底して軍事力を殺ぐこと」であって、
「平和主義」なんていう生ぬるいものではない。それが結果的に、日本にとって
プラス(「平和維持」「経済発展」とか)になったかどうかとは別問題。

さらに蛇足すると、九条の問題点は、制定から60年近くたってるのに、未だに
統一的な法解釈が示されないということ。「多様な解釈ができるから九条はダメ」
という批判もちょっとずれていて、そもそも憲法というものは安定したていなけれ
ばならないので、たびたび改正される事がないように、条文を抽象的に定めてあっ
て、柔軟な運用が期待されるのです。
じゃあ何が問題なんだというと、日本国憲法第九条は、条文の持つ理念や方向性が
ハッキリしないのが問題なのです。だから、「自衛戦争もダメ」という解釈がある
のと同時に、「自衛戦争は合憲」という解釈が出てきてしまうのです。
個人的には、とても海外に輸出するべきものではないと思います。

解る範囲でなら、なるべくレスしますよ。

54 :52:03/11/20 18:32 ID:kEVjD5jU
>>53
ていねいなレスありがとうございました。これを卒論で扱っているなんて
なかなかセンスがいいですね。がんばってくださいね。

55 :民族の損傷遺伝子をばら撒く反日国賊を許す憲法:03/11/20 20:20 ID:49d2pRXL
http://www.tcxpress.com/intv_01.html
http://members.at.infoseek.co.jp/YaYa/system.htm
国のために武器を持って戦うような人間は、それだけで卑怯な犯罪者なのです。
もう戦争ができない時代になったのです。 :03/09/14 10:22 ID:kUg/7mA
ミシシッピー在住の湾岸帰還兵251世帯中67%に奇形。目の奇形、目や耳の欠落。
イラク派遣自衛隊員たちはアルファ放射線によって受けた凄まじい遺伝子損傷を
何年も何世代も何百年にも渡って日本全土にこれから子から孫へと拡散し続ける。
受胎された子どもは、アルファ放射線によって凄まじい細胞損傷や遺伝子損傷を受け、
何もかもおかしくなります。精液中にウランが出て、遺伝メカニズムがめちゃくちゃになっている。
兵士たちは巨大な軍事産業利権のための消耗品にすぎない。
派遣された自衛隊員も凄まじい細胞損傷や遺伝子損傷を免れることは出来ない。
http://www.angelfire.com/journal2/esashi/ir12.htm
http://www.morizumi-pj.com/iraq/iraq.html
保健物理学博士ベテラン陸軍少佐Doug Rokke氏の証言。
私たちが最初に劣化ウランの除染命令を受け、サウジアラビア北部に到着すると、
72時間以内に病状が現われはじめました。呼吸器系障害、発疹、出血、皮膚潰瘍などが、
ほとんど到着と同時に発症したのです。環境中に大量の放射性粒子が存在し、それを吸入しはじめると、
粒子は咽頭の裏側に付着します。一人目のガン患者が出ると、あとはまたたくまに広がりました。
当時、一緒に仕事をした父子がいますが、父親はすでに肺ガンで亡くなり、病身の息子にはまだ医療補償が認められていません。
湾岸戦争がはじまったとき、劣化ウランのことなど何も知らされていませんでした。
http://www.ne.jp/asahi/kyokasho/net21/siryou_jimukyokutusin0101_koyama.htm


56 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/20 20:28 ID:bbEzqe0D
全部悪い

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/21 02:37 ID:VB2FuD6I
憲法なんて飾りです。

偉い人にはそれがわからんのです。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/22 19:48 ID:BJeBZTTm
核武装や国連で常任理事国入りするためには、日本はもっとアメリカに
気に入られなければならないので、忠誠心を示す為に、集団的自衛権を
行使できるようにするのは必須。その為には憲法改正したほうがわかり易い。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/22 23:24 ID:EYZZWEKb
>>57
気に入らんな。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/23 00:50 ID:9r+wW0lI
集団的自衛権は保持するが行使できない。
内閣法制局は左に傾いてると右寄りの本で読んだ。
官僚よりは国会、内閣の方が民意を汲んでると思うから
憲法解釈で内閣と合致しない見解を出したら長官を変えれば良い。


61 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/23 01:04 ID:/ty7W3YN
Q.集団的自衛権を行使できていたら、今頃どうなっているでしょう
A.戦闘地域に派兵された自衛隊に数十人の死傷者がでています

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/23 01:42 ID:nlyteIym
Q.集団的自衛権を行使しなかったら、今頃どうなっているでしょう
A.日本は脅迫に屈したとカンチガイしてテロリストどもは要求をエスカレートさせ、数千人の日本人が死ぬことになるでしょう。

極端な想像は決して事態を改善しない。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/23 05:42 ID:k/CzfyJb
1>>
中国,北朝鮮,韓国にとって都合が

悪い。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/23 10:40 ID:/ty7W3YN
>>62
今のところ、集団的自衛権は行使していないんですけど・・
戦闘地域か非戦闘地域かで国会がもめた理由を理解してます?

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/23 14:05 ID:GXpIa5at
糞アメ公が日本を骨抜きにするために押し付けた9条
今になってアメ公の足かせ(w
このまま第9条盾に日本は糞アメの戦時体制協力の圧力から
日本を守れ
改憲、普通の国にという甘言の裏には
日本を軍事体制下に組み込みたい国賊とアメ公の
対日処理班がいる

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/23 14:20 ID:ES2jgYO3
 でも実際。その中国と朝鮮半島人達が困る憲法9条かえたとこで
中国へのODAとかストップするんだろうか?何も変わらないで。。。
イラクで自衛隊がアメリカのために血を流すことになる予感・・・
それもアメリカの思惑でイラク以外でもずっと、それはもっと最悪のような・・・

 改憲しても日米同盟を保ちつつ。しかし中国&米国の犬にもならない
生き方って日本はできないのだろうか? 本当の独立国日本は・・無理ですか?

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/23 19:10 ID:+cmMFcAf
戦後平和ボケ老人の考えた思想です

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/24 22:10 ID:/f0lm3g1
今後は、東アジアで地域集団安全保障を構想するしか道はないと思われ。
憲法改正は必要だと思うが、小泉“陰毛パーマ”純一郎クンに任せておくと、
日本が本当の意味で「純粋なアメリカの属国」になりかねない。
同盟という勢力均衡型の安全保障は既に古くて、OECDのような取り組みが必然的。
こういうとまた批判が出るだろうけど、そういう意味では「大東亜共栄圏」って
いうのは、当時としてはかなり先進的な戦略構想だったかと。
(やりかたには多々問題があったとは思う。)
まぁ、そんなこと言っても、キタの人々とか、世界の中心に居ると思ってる
人々とかがいるので、そう簡単に事は進まないだろうけどね…。


69 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/24 22:34 ID:rY/Ie9ZQ
このスレも荒らしが増えたな。

>>64
国会がもめたのはピンぼけしているからだろ?
人手が足りなくて危険だからアメリカは援軍を求めているわけだ。
治安が確保されているならば必要なのは自衛隊ではなくて医者・教師・技術者とかだ。

アルカイダとかフセインとかは現実に実行してしまった危険な存在なのだ。
このスレについては純粋に憲法九条に限定して欲しい。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/25 16:40 ID:BlbLzVnA
北方領土が58年間不法占拠されてるのに、9条のせいで最後の脅しが効かせられないこと
北朝鮮から拉致被害者を長年奪回できなかったのも(今も完全奪回はできていない)
9条のせい。



71 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/25 17:29 ID:CkZ07wlI
>>90
9条がなかったら、ロシアや北朝鮮と戦争できたとでも?

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/25 18:27 ID:DDzXk6hc
確かに、9条はタテマエでしかない。
でも、そのタテマエがあるがゆえに、
国は安易かつ実効性に乏しい軍事という安全保障手段に頼ることができず、
結果として、安全保障の「本道」である政治・経済・外交などを重く用いざるを得なかった。
それが功を奏して、日本国民は59年という奇跡的長期間の平和を享受することができたんじゃないかな。
国が軍事に重点を置く安全保障体制をとっていたならば、
東西冷戦・その後の紛争多発時代という激動期において
これほど長期間の平和は享受できなかったと思うよ。

しかし、9条のタテマエとしての機能さえも今はもう失われようとしている。
そうなれば、日本国民が今までのように長期間の平和を享受することはできなくなるだろう。
日本国民は、外部の脅威によって平和を脅かされているのではなく、
自らの手で平和を捨てようとしているのではないだろうか。

73 :70:03/11/25 20:47 ID:BlbLzVnA
>>71
100%とは言わないができる可能性は大きかったと思うよ。



74 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/25 21:42 ID:+sGP+FDd
おれたちが天国にいるんなら
十分いいものだと思うよ。

75 :ふー:03/11/25 22:41 ID:AMkj6nhu
今の日本が天国なのさ。平和ボケがたくさん居る天国。世の中がどんなに騒いでも我関せずで絶えず他人事。国民が他国から拉致され殺されても何もしない離れ小島のボケ天国さーね。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/25 22:52 ID:u7RDG9hJ
もちろん今の日本は天国さ。
そのうちに半島の北とかアルカイダとかがやって来て、日本国民を解放してくれる可能性もゼロではない。
バラ色の未来も待っているのさ。


77 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/25 23:04 ID:VU450s/s



78 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/27 00:46 ID:2xOLSk4o
九条は、良い意味でも悪い意味でも「日本的」な条文だ。
だから、マッカーサーが原案を出しても、いまだに改正されないんだ

79 :う〜ん:03/11/27 01:39 ID:LLibIs0k
GHQが、「日本人は12歳の子供と一緒だ!子供に危ない玩具を
持たしたらイカン!」とか言い出して憲法9条押し付けたら、
日本人は、「もう戦争はこりごり」状態だったので、「はい、わかりますた。
もう、戦争はしましぇん。」って受け入れて、ほんでもって、挑戦動乱が
始まったら、米軍は、「おまいらも極東の米軍戦略に加担しる。」とか
言い出して、じぇーたいが出来たわけだろ。
イラクにしたって、アメリカが勝手に戦争始めて、「暴れるだけ暴れて
祭りしたし、劣化ウラン弾も処分しまくったから、後はおまいら掃除しる。」
だもんなー。飴さんの勝手でどーにでもされるのね。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/28 20:27 ID:qqXX2Jug
アメって、中国が赤く染まらなかったら、ソ連には、中国を対抗させて
バランスとるつもりだったんでしょ?で、日本は貧しい農業国として暮らせと。
国民は反米だらけになってただろうなあ。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/28 20:40 ID:wD6FkYEB
25歳。
去年まで金無し君だったけど、ネット通販で
マイクロソフト製品を激安でゲット。一度やってみなよ。
買うだけ買って開封せずにオークションで転売することもできるし、ゲーム買って
近所のゲーム屋に売れば手っ取り早く現金にできる。
金無くてもオフィスXPとか超安い。
ダンジョンシージとかフライトシミュレーターとか色々あるのでマジでお勧め。

http://www.tatakiuri.com/

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/28 22:27 ID:Nc5v4Wtb
日本のためじゃなくて飴に嫌がらせするために憲法改正しないでほしいな

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/29 01:07 ID:junXkPi7
>82
アメ公に嫌がらせをするという目的では、現行憲法ほど有効なものはない。
ただ、もう完全に条文が形骸化した感はあるが…。
アメの従属化を目論む政党が憲法改正を提起してくれると良いのだけどね。

84 :83:03/11/29 01:16 ID:junXkPi7
>アメの従属化を目論む政党が憲法改正を提起してくれると良いのだけどね。

ごめん、正反対でした。
「アメからの脱従属化を目論む」という意味です。
何を書いているんだ、漏れは(恥)。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/01 20:01 ID:jnNvswko
さてと、今日の日課。
「女は人間じゃなくて家畜だよ。」
「女は人間じゃなくて家畜だよ。」
「女は人間じゃなくて家畜だよ。」
おわり。


86 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/01 20:42 ID:Bpsjq22B
湾岸戦争で90億ドルだけ出して批判された。欧米に批判されるのはともかく、
クウェートにだけは言われたくない。
日本国民が過労死して稼ぎ出した金。それが90億ドルだ

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/03 03:03 ID:dLZOHw40
政府も少しはフランス・ドイツを見習うべし。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/03 03:11 ID:EVKPiQub
>>87
自立した軍事、経済なしの「独自」外交の結末例が
小泉より率先してイラクに派兵した韓国ノムヒョン。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/03 03:42 ID:cGEpooTl
憲法9条を掲げるには、人類はあまりにも未熟すぎる。
200年は早い。一度削除して核武装だね。
でなけりゃ、わしらの血税をODAとか言うて吸い上げて
急速に軍事力を伸ばしている中国に、アジアで完全に
主導権とられます。
中国は、わしらの金でミサイル作っておいて、
しっかり戦略核を東京標準で配備してます。酷い国だ。
「高度高齢化でこれ以上の経済成長の望めない日本は
対中国への強力な均衡手段として
核武装という選択をせざるをえないかもしれない」
 :参考文献  〜1994
      元米国大統領補佐官
      IQ190の男:ヘンリー・キッシンジャー様の
                        お言葉より

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/03 17:00 ID:++sSnE2k
>>89
確かに、今の人類には早すぎる。

幣原も吉田茂も、本当は第9条には反対だったんだってね。
でもアメリカ最高司令部(マッカーサーではない)が天皇制を無くす事をちらつかせたため、
(特に幣原)第9条を受け入れざるを得なかったんだ。
幣原は結局占領終了前に死んだのでマッカーサーとのやり取りの経緯を語らず終いだったし、
吉田は後に「そろそろ核兵器を持ってもいい」と語ったというから。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/03 19:27 ID:qLXuQxLw
89>今の人類どころか、この先も無理だと認識しているのだが…

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/03 20:06 ID:jK6uF07A
「日本の非武装だけを目的とした第九条の規定が文字通りに遵守されるなら、
三島由紀夫が指摘したように、日本国憲法は自らの価値を防衛することさえ
できない文書であることになる」(中川剛『憲法評論』信山社より)

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/03 21:25 ID:uRp00DTX
全部の国が9条作ったらいいんじゃない?

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/03 21:34 ID:oDrfzxIf
http://homepage3.nifty.com/coco-nut/

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/03 23:38 ID:K+Lvuxhy
幣原も吉田も、日本政府の人間はアメリカ草案には大反対。
でも、当時の日本国民は、日本政府草案に大反対、
アメリカ草案に大賛成しちゃった(世論調査参照)。

敵国の草案のほうが国民に支持されるなんて、
当時の日本政府はよほど国民に恨まれてたのかな。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/04 00:09 ID:/4kApecu
>95
それだけずさまじいプロパガンダが行われたってこと。
反論は許されなかったし、世論はGHQの言いなりになる以外選択肢はなかった。
当時、検閲や言論統制は行われなかったなどという人もいるがそれは大嘘。
連合国を批判する一切の発言が禁じられていた。
そういう状況下での世論調査なんて信頼するほうがどうかしている。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/04 03:32 ID:awDlfnyU
ラジオが凄まじかったらしい…(洗脳放送)
父曰く…

今はテレビ朝日とTBSが凄まじいが…

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/04 10:08 ID:2o3wDjL2
>>95
恨まれていたってのは違う。
それだけ戦争にはこりごりしてたって事だろう。
96・97の言うようにプロパガンダも凄かったし。
もちろん戦争中の自らの矜持を曲げなかった人もいて、
割腹自殺したりしたけどね。

だけど日本人の戦争嫌い、軍人嫌いは一種伝統みたいなものらしい。
日露戦争に勝利した直後でも、軍服を着て街を歩くのは
憚られるような雰囲気があったらしい。
店によっては軍服では入店を断られる事もあったというから。

99 : :03/12/04 18:02 ID:mDaNYpPF
<血液型O型のいかがわしい特徴> ( なんでも気を許していると調子に乗ってつけこんでくるぞ! )
■その道の達人をコケにして安心しようとする。多数派のときだけやたら強気。才能ある人間を歪んだ目でしか見れない。
■場所が変わると手のひらを返すように態度が豹変する ( あの連中の中じゃヘコヘコさせられてきたが、うちに来たら見ていろ! 礼儀を教えてやる。 )
■読みが浅い。粘着に睨まれる事を言っておいて関係ない人に振り向けバックレようとする姑息さ ( どうせ>>1さんはヒッキーでしょ? / 関西人だってジサクジエンしてるぜ )
■早とちりが多く、誤爆と気付いても釈明できない。イイ人を装って忘れる ( そういう土地柄だったのさ )  他人の勘違いは許せない。
■話題と関係ない個人攻撃で場の空気を険悪にする。次第に自分から耐え切れなくなりあきれて話題をコロコロ変える。
■いつの間に恩を貸してるように振舞うが、自分のためであると見抜かれる。恥ずかしさをごまかすために大袈裟にキレるが相手がキレると今度はビビる。
■顔が見えない相手と喋っているのに毒舌かつ強気。面と向かったら人が言ったことにする ( 俺が言ったんじゃないけど、Kさんがあなたをアホかとバカかと… ヒヒ) ネット弁慶。
■無理な人の真似をしケチをつけ、批判される所には現れない。観察される側になると極度に焦る( 直接対決が苦手。言い返されにくい状況を計算する )
■自分が企んでいるのに相手を悪人に仕立て上げて餌食にする。わざと攻撃を誘って自分の憎悪に酔いしれる。人の裏切りを許せないわりに自分の裏切りは覚えていない鈍感さ。
■人に相手されん事ばかりウジウジ繰り返して自分に課した目標から逃げる。あげくのはてに相手にわからない方法でキレる。
■半端な体験から集団的にばかり相手を気にする ( 君のような人はウチでは… / ○さんによく似てるから駄目だろうね / 背が高い奴はどいつも… )


100 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/04 18:35 ID:WIjHEgbt
日米安保が無かった場合は
どうなっていたでしょうか。
あまり実感が湧かないんだけど。


101 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/04 18:39 ID:lc0yOOU0
http://jbbs.shitaraba.com//computer/9813/hilite.html

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/04 19:23 ID:/4kApecu
>98
>日露戦争に勝利した直後でも、軍服を着て街を歩くのは
これは陸軍のことじゃないか?
203高地あたりで失態を演じているからな。
海軍はむしろ日本海海戦のおかげで尊敬すら勝ち得ていたと聞くぞ。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/04 21:00 ID:UA68P/Pu
>98
ポーツマス条約は帝国臣民に政府は腰抜けだと写ったからね。
翻って軍部のふがいなさに批判が転嫁したのでしょう。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/04 22:07 ID:2o3wDjL2
>>100
歴史にもしもは禁句。

だけど敢えて言うなら、戦争直後の宰相たちは軒並み9条には反対だったらしい。
東久にの宮(字が出ない)も幣原も、吉田茂でさえも。
だから、軍備はもっただろうね。今も持ってますが。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/05 11:00 ID:ZLaQkln6
>>102
そうか。
その時の忸怩たる思いが、二次大戦での陸軍暴走の下地にあったのかな。

106 :a:03/12/05 11:05 ID:8yqYcvPY
とっておきの情報です!ヤフーオークションの検索に

バブル崩壊!

と入れると凄い情報が見られます。友達から聞き早速私も落札してしまいました!
私は本当にラッキーだったと思います。
ただすごい人気なので、あっという間に落札されてしまうので早いもの勝ちですが・・・。
出品者の方も迅速で安心できる方でした。かなりお薦めです!
この情報を元に、私は始めてまだ半月ほどですが344,500円儲かりました。
もっと早く知っていれば…と思いました。でも今からでも遅くはないですよー
不景気だからこそ稼げるんですね…

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/05 15:56 ID:WzhUNwMp
>105
というより、そのあたりから陸軍は『精神万能主義』に陥ってきている。
たとえば、精神集中すれば竹槍で戦車を撃破できる。といったたぐいのな。
しかも、大陸での戦いはこれを肯定する戦例がいくつもあったらしい。
そこで自信過剰になった陸軍が「米英なにするものぞ」と考えてしまったようだな。
その点、海軍は至極まっとうだったようだが。

108 ::03/12/05 16:14 ID:2/9aOm0/
そんなに分別ざかりの大のおとなが、竹槍でB29や三八銃持ったような米兵に
勝てるとは、当時--戦時中--でもだれも思っていなかったらしいですよ。
問題はそこではなく、まわりの雰囲気にあわせる、いわゆるポーズだったそうです。
そこらへんはよく考えて見ないと、今後の作戦行動にとんでもない間違いを
というか、墓穴をほりかねませんね。指揮系がそう思い込んでても--もしくはうまく民間を
だませたとおもっても、ポーズならみんないざとなりゃ逃げますよ。そんなに
漫画じみたことは、60年くらい前でも通用しなかったということですね。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/05 16:24 ID:WzhUNwMp
>108
『竹槍で戦車』は我ながら極端だねと思ったが(^^ゞ
それでも『銃弾がなくても肉弾がある』といいつづけ『断固とした意思で突撃すれば敵はひるんで逃げ出すに違いない!』といったことは往々にしてあったようだ。
ただ、この方法は国民党軍や中共軍には通じても米英軍には通じなかったがな。
米英軍も確かにひるんだが、逃げ出す替わりにたっぷりと銃弾の雨で迎えてくれたわけだ。
結局、乃木将軍の203高地での失敗を認められなかったことを遠因とする大失態なわけだが

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/05 16:39 ID:x8HYJ4tC
敗者は戦闘力を失って敗れるのではなく、
敗れたという認識において敗北する
エーリヒ・ルーデンドルフ
戦争は負けたと感じたものが負けたのである
辻政信
こんな感じで精神論が似てる。勝利への強い執着が勝利を呼ぶと信じたわけです。
帝国陸軍はww1で負けたドイツ陸軍を参考にしてた。
敗戦国の軍隊を参考にするなんてのは異常であり崇拝に近いものがあったんだろね。
にいぽっぽー

111 ::03/12/05 16:42 ID:2/9aOm0/
信じがたいことだが、特攻隊のうち陸軍系のもので、台湾の部隊では出立
前に医務室にゆき覚醒剤を注射してのち、さかづきを交わすのが当たり前
であったとのことです。つまり、そんなにも、軍幹が考える強い兵という
ものは理想ではあったが、現実にはとうてい無理であったということでは
無いでしょうか。むしろ、普通の兵をいかに短期に精神的にコントロール
しようとする無慈悲があったのでしょう。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/05 16:44 ID:6mzq/CFV
>>111 だろうな 戦線でビビッた兵士にヒロポンうたしてるんだからな

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/05 16:47 ID:3w0Krk1c
軍事力の所持を憲法で認めて、
永世中立国になればいいのだ。
今のままでは、戦争介入は避けられない。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/05 16:55 ID:WzhUNwMp
>110
前半部には同意。
いわゆる「必勝の信念」はなくてはならないが、ありすぎると帝国陸軍のようになってしまう。
さじ加減が難しいな

115 ::03/12/05 16:59 ID:2/9aOm0/
203高地にて苦戦をしいられていた乃木大将は、背後のウラジオストック湾が
凍るまえに海軍の日本軍海兵隊大隊2個師団をどうしても上陸させねばならない
タイムリミットがあったそうです。乃木大将は温厚な人で、どうしても陸軍の自分
が沖でまつ海軍の艦砲射撃を、海さんのめいわくになるとの一言で言い出せなかった
そうです。しかし、秋が深まり、湾が凍りはじめて、ようやくこのまま海兵を港で
犬死にさせてはならないとの判断で、海軍の艦砲射撃をみずから艦上におもむき
頼んだそうです。当時としては、さしたる軍果をあげていなかった陸軍の将が日露海戦
で日の出の勢いの海軍に助を求めるのは異例中の異例だったそうです。
艦砲により敵鉄条網の最高部分を破砕し、敵トーチカ5基を一日で攻略したそうです。


116 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/05 16:59 ID:6mzq/CFV
>>113 永世中立国っていったら余計中韓北が調子に乗るよ。
アメリカの後ろ盾あっての日本みたいなもんだから
日米同盟あってこの現状だからねぇ

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/05 17:08 ID:WzhUNwMp
>115
「海さんのめいわくになる」で、部隊壊滅・・・。部下もたまったものではないな。
そもそも乃木将軍は派閥人事で任命された人物で軍人としては無能だった。
挙句の果てに連隊旗を奪われる大失態を演じながら、後に軍神に祭り上げられる。

まだこれ以上戦史の講義(じみたもの)を続けなきゃならんのか?


118 ::03/12/05 17:08 ID:2/9aOm0/
115に続きますが、乃木稀輔 まれすけ 大将が今日まで尊敬と親しみを維持
しているのは、当時のちょうちん行列が派手だったせいでは、もちろんなく
その人柄ゆえです。作戦行動仕儀については問題はありましたが、陸兵の名誉を
ぎりぎりまで保ち、別の編成隊の長にも頭を垂れる。その人柄です。
生臭いだけが将官の値打ちではないことを示したからではないでしょうか。
だからこそ、塹壕で上のトーチカに波状攻撃をかける兵も命に四銭はなかったのでしょう。

119 ::03/12/05 17:35 ID:2/9aOm0/
敗者は戦闘力を失って敗れるのではなく、
敗れたという認識において敗北する
エーリヒ・ルーデンドルフ
その通りにもおもえますが、日本人にはなんとなくしっくり来ませんね。
もともと兵の戦闘力にはムラがあります。ひとりひとりにです。
ムラを均等になど現場士官でもできません。そのムラは死に直結している
場合が多いでしょう。
ムラを少しでも敵側から見てカモフラージュする方法は
合理的な信頼感を醸成することでしょう。ヒロポン抜きで。
無敵の小隊などありえませんから。
この場合の合理的とは命は、残念ながら2番目になります。
つまり、命と信頼が釣り合うぎりぎりのところに拠る、結果としての
名誉...または、あの時ああして僚兵を助けておけば..という悔いを
残さない精神のためなのです。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/06 21:09 ID:et6hUgF1
なんか2CH見てると、感情論で反米だ親米だって人が多い気がするんだけど・・・。

第9条もそうだし、追放政策や東京裁判など、
アメリカのやり方にはむかつくものもあったし、
その後の歴史を見ても陰謀国家として世界に君臨してきたわけで、
イヤーな部分がある国であるのは確か。

しかし同時に元駐日大使グルーやアイケルバーガー陸軍司令官など、
良心の親日派もいたし、今も確実に居るはず。
良くも悪くもアメリカは世界一の巨大国家。
その国と日本の同盟は、世界一の強力な組み合わせなのは間違いない。

だから、ただ単純に反米を唱えるのではなく、
また盲目的に親米を主張するのでもなく、
冷静に日本の国益を考えて、アメリカとの関係を保っていくのが得策かと。
素朴に考えるとなんですが。

これに反対するのは共産主義者くらいかな?違う意見あります?

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/06 22:20 ID:TP2qsw7O
>>120
2CHじゃなくとも感情論で言ってる人が多いよ

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/06 22:22 ID:et6hUgF1
>>121
そでした。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/06 22:23 ID:KW6Dwdtk
やくざが、しのぎを取られる(まあやってる事が似てるから)故
警戒している所が有るため、一見感情論に見え易い

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/06 22:26 ID:n+nxWdtx
武装の有無問わず中立政策を掲げるのは概ね社会主義支持者です。
彼等の反米、親露、親中の立場はすでに中立ではないのだが気のせいですか?
にいぽっぽー

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/06 22:33 ID:KW6Dwdtk
今度中国で大学を作る電通なども、戦時中に軍部の作戦広報を担当するために
作られた軍部御用達会社........実は戦後成長した企業は、ほとんどすべて、
戦前戦中に関東軍マフィアたちの肝いりで作られた戦争遂行目的企業です。
だからこそ、アメリカ占領軍が撤退した後、パージを免れた官僚たちが、
自分たちが戦時中に作り上げた支配体制を護持するために、これらの企業に
重点的に官製ビジネスチャンスと税金を注ぎまくった、ということです。



126 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/06 22:35 ID:n+nxWdtx
>119
現代日本人には合点がいかないけど帝国陸軍はドイツ陸軍の精神論を導入してたと思う。
精神面で物質面を補うのはある程度可能でしょう。
ただそれは兵卒レベルの話。将校まして参謀本部が精神面を過大評価したら駄目です。
にいぽっぽー

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/06 22:39 ID:KW6Dwdtk
旧陸軍のその体制はよく知らぬ上、個人的には米海兵隊総統方式に
破れた結果しか見ていない

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/06 22:43 ID:n+nxWdtx
ヒロポンは当時合法でした。
ヒロポンの使用を論拠に帝国陸軍極悪と断ずるのはどうかと思う。
なんでもそうだが現代の道徳観念で史実の善悪を論ずると正確な評価はできないと思う。
にいぽっぽー

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/06 22:47 ID:KW6Dwdtk
極悪と断ずる以前に知らないだけで或る。
ただ、狭量な国土故に何がしかで大陸に活躍の場を
見出したかったのみではないかと類推している。


130 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/06 23:03 ID:7hWD2AbK
いずれにせよ、米国札は世界の半分程度なので
その影響は避けようが無いのである、以上スレ違いであった

131 :120:03/12/07 02:04 ID:CvUJWfXT
>>124
明らかに気のせいです。というか考え方が硬直化していませんか。

「中立の立場を表明するのは社会主義者」とかの決め付けは、
それこそ一種の思考停止状態なのでは。

そういった決め付けは歴史上、
自らのイデオロギーに批判的な意見を封じ込めるために、
もしくは浮動票を「オルグる」ために利用されてきたロジックでは?

私は感情論を排して冷静に日本の国益を考えてアメリカとの関係を考えるべき、と言いたいだけ。
はっきり言って共産主義など、大失敗だったことは歴史が教えている。
いまだにしがみついている「進歩的知識人」も多いが。

ま、124が誰に言ってるのかは知らんけどね。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/07 03:20 ID:iGiULGjJ
ところでさ、中立論者に聞きたいんだが
中立ってことは、「誰にも味方しない」ってことだよな?
ってことは「誰も味方してくれない」ってことにもなるんじゃないか?

今の日本にそんなことができると本気でできると考えているのか?
喜ぶのは中国と半島だけだと思うんだがね。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/07 05:20 ID:GCAaWLIy
>131
対米関係に於いて今より距離を置くのと中立論は別と考えてます。
私は対米追従から自立への移行は賛成で特に安全保障面が大事だと考えてます。
が、目測を誤り米国と反目になる射程は持ってません。
唯一の超大国で隣国たる米国と結んだ日米安保は清洲同盟であるべき。
というわけで非難の矛先は社民です。
連中が唱える中立論の主眼は日米安保破棄で親露、親中路線の布石であり
非武装中立などは理想主義の一般市民を籠絡する甘言にしか聞えンのです。
にいぽっぽー

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/07 07:12 ID:xHDz8B9a
欧州の中立国のように、その結果としてほぼ犯罪関係の人材や
資金さえもが集まってしまう例のように、その選択につけ込ま
れる危険性は認識した方が良いかもしれない。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/07 11:17 ID:zw53DE2F
>>128
将来的にはタバコ吸いながら徹夜で仕事したサラリーマンにも
似たような目が向けられるかもね
「薬物で興奮状態にして非人間的な仕事(量)をしていた」とか

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/07 11:36 ID:CvUJWfXT
>133
安保破棄だとか非武装中立などとは言ってませんよ。
どうして「アメリカとの関係を考える」ことが
単純に対米関係に距離を置くことだったり親中路線になったりするのか理解できませんね。

アメリカとの関係はもちろん保持すべきでしょう。
ただ、今のような真の独立を妨げられている状態や、
国際社会の中でアメリカの立場が微妙に変化しつつあることなどを考えると、
同盟国としての対応の仕方を、つまり発言力を強化することが必要だと。
そのために必要なことは山ほどあります。
例えば外交手腕と諜報力の充実、国家予算をはるかに超える借金の解消や、
自虐史観を教える教育の改革、などなどです。
しかしそれがアメリカ自身の手で妨げられて来た部分があることも確かでしょう。
あと共産主義勢力にも。
現にイランの石油利権はアメリカによって放棄させられた。
また、冷戦終了後に「従軍慰安婦」「南京大虐殺」などの
根拠のはっきりしない風説が跋扈し始めたのは偶然ではないでしょうね。

こういうこと言うと「反共反米」とか「純粋右翼」とか言われんのかねえ?
言っておくけど、反共ではあるけれど反米ではないからね。反ブッシュではあるが。
ついでに言えばカテゴライズなど便宜的なものに過ぎない。そんなものに縛られないように。

>>134
まさか今の日本があなたの言うような状態ではないとでも?

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/07 11:58 ID:GCAaWLIy
>136
えと、対米政策全てにおいてほぼ同意です。
日米離反云々の記述は社民に対してです。
誤解を招く文章すみません。


138 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/07 12:38 ID:wK+d+eYL
>>135
其れは無いな

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/07 15:50 ID:TfHUcj3o
次の選挙の争点は「第九条改正」になるといいな。

護憲派の売国奴は落とそう。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/07 15:55 ID:k4hEuaiA
構造改革も何10年も掛かっている
この改正も2〜3年で済むという方も居るが
当事者以外の視点では、先の改革に順ずる
ような気がして成らない

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/07 16:00 ID:TfHUcj3o
「第九条改正」は敗戦国から一人前の主権国と認められるためにも

絶対必要だと思うけど、アメリカに引きづられる形の戦争介入とかは嫌だな。

無用な恨みを買うことになる。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/07 22:54 ID:kg326eJ5
>>141

黄味みたいな人が改正派の大半を占めれば、諸手をあげて改正に賛成するのだが…。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/08 11:35 ID:gUeu3u0i
>>142
そうなんだよね。
憲法改正論議は戦争賛美主義みたいな論陣を張る反対論者が多いし。
でも実際アメリカのユダヤ資本や軍産複合体のやり方を見てると、
憲法改正がアメリカ的な産業のスタートにならないとも言い切れないし。
(アメリカ的な産業とは、単なる武器輸出ではなく、
その為の火種を撒くやり方。つまりアメリカ的マッチポンプの事です)
だから周辺の中・北以外のアジア諸国もびくびくするんだろうな。
日本は朝鮮戦争で戦後の不況から脱した歴史を持ってるわけだし、その美味さも知ってる。
どうすりゃいいんだろうね?

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/08 11:49 ID:7mA19Y7z
中国の利益に奉仕している

国内の馬鹿サヨクに飯の種を与え続けている

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/12 00:30 ID:LWv14lwK
 

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/12 17:28 ID:ZcPrd2gX
「自衛のための軍備を持つことができるが、こっちから攻撃しちゃダメ」
という憲法にして欲しいのだが、自衛の為に他国(ミサイル発射基地など)を先制攻撃したい
ときもあるだろうから、「その時々の状況と可能な行動を指定する」法律ならともかく、
「様々な状況に適応させる原則を決める」憲法では、
具体的にどう記述すれば良いものやら。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/12 21:12 ID:x9Ox7Ink
自衛の為であっても先制攻撃は無理でしょう。
最初の一発が自分に向けられたらそれは運が悪いのだと考えて、2発目は許さないぞと覚悟するしか日本も世界も生き延びられない。

最初の一発の意味は大きいのだ。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/12 22:33 ID:OLALjv50
>>147
アメリカは自衛のための先制攻撃ってことでイラクを攻撃したんじゃなかったっけ?


149 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/12 22:59 ID:BFbb0OyD
湾岸戦争の再開。
それ抜きにしてもテロリストネットワークへの報復。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/12 23:19 ID:B5QlBnL8
http://www.j-n.co.jp/cgi-bin/product_detail.cgi?code=4-408-60252-3

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/13 07:17 ID:SFHjSlPP
九条に関わらず、憲法改正自体に時間かかりそうだね。各議院の総数の2/3っての賛成なんて取れるのだろうか。その後の国民投票での過半数ってのも厳しそうな気がするし。
それ以前に国民投票するための法律が存在してないどころか、立法の動きすらない。やる気が見らんないよね。

本題に戻るけど九条の悪いところは、理想的過ぎるところ。憲法解釈を変えて何とか残してきたって感じ。ただ最近の解釈は結構無理がある。憲法は時代に合わせて変えるものだし変えてもいいと思う。これは憲法も認めてるし。
私的な意見を言えば九条を残して自衛隊を自衛軍と改称するのがが一番世の中にあってる気がするようなしないような。
どう思いますか?皆さんの意見をお聞きしたいです。

>146-147さん
知らないようだから書きます。既知でしたらごめんなさい。
武力攻撃事態法第3条第2項
武力攻撃事態においては、武力攻撃の発生に備えるとともに、武力攻撃が発生した場合
には、これを排除しつつ、その速やかな終結を図らなければならない。ただし、武力攻撃
が発生した場合においてこれを排除するに当たっては、武力の行使は、事態に応じ合理的
に必要と判断される限度においてなされなければならない。

上記はつまり限度つきで【先制攻撃を承認】してる(政府の言い分)わけで、現行法上で先制攻撃は可能。
具体例を出すと、某国がミサイル発射に着手したら集団的自衛権を行使していい。
石破防衛長官が国会答弁こんな感じのこと言ってる。


152 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/23 11:29 ID:9ajLhK7u
憲法十条について語れ!

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/23 14:41 ID:04JH7NyI
理想的としても戦後それを実際に政治で実現したことあったのか?
解釈改憲でやってきてさ。

改憲にしても攻撃を受けたときの自衛のみという理由ではないだろ。
自衛隊からして元々はアメリカの手伝いを解釈改憲で存在させて既成事実させてきた。
9条無くしたところでアメリカの手下にすぎないと思うけどな。

共産党はアメリカの手下としての安保は破棄して自立した自衛のための軍隊を持つとは言ってるけど、これが理想ばかりで実現できない政党のたわごと扱いの社会なんだから日本は。
共産の言ってることもう少し聞いて見ろよ。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/23 16:19 ID:2F3wH1V9
>>149
先制攻撃が国際法上許される場合とは
1講和条約が守られていない場合
2テロリストへの支援などが明らかなとき
3あまりにも過酷で抑圧的な統治体制。
99年のユーゴ空爆は3のケースだったな。
あれは国連決議なしでNATOがセルビアを叩いたんだっけ。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/24 16:32 ID:SD0c1g8E
>>153
それに向けて考えられる具体的な流れを教えて欲しい。

確かにアメリカの国際的な立場は微妙な変化を続けているわけで、
今後もずっと安保に安住できるかは疑問だが、
アメリカが安保の破棄を簡単に認めさせるかどうかのほうがもっと大きな疑問。

アメリカは、韓国には恫喝のために暫時的な撤兵をしているし、
東アジアの拠点として日本を手放すはずはないでしょ。
日本は思いやり予算があるおかげで米国内に基地を置くよりも安く上がってるらしいし。
だから安保破棄は、ほぼアメリカに対する宣戦布告、とは言わないまでも、激しく刺激することは確か。
しかも自前での軍備を、となったら今の軍事予算では到底無理だし、時間もかかる。

だからあまり現実的でないのは確かなわけで。
どうなんすか?

156 : :03/12/24 16:56 ID:+1zV0Yqf
>>155
でもさ、在米軍基地への思い遣り予算ってトータル500兆円以上いままで払ってるわけでしょ?
北朝鮮の脅威から逃げるのにはたしてそんなに必要だったのかというと
はなはだ疑問なんだよね。で、それとは別に北朝鮮にも中国にも多額のODA(総額わかんない)
援助でしょ?そんで日本は自国で借金をかさねてるわけでしょ?日本の防衛ってわけかんないよね。

157 : :03/12/24 17:02 ID:+1zV0Yqf
国民1人あたま400万円の借金背負ってるってどう考えても変だよ。
これをどうペイするかっていうと年金削除やら税金増額、福祉予算排除でしょ。
この先米に追従してゆけばさらに負担は増えるよ。日本経済が仮に盛り上がっても
この先どんどん取られてゆくから国民としての生活自体はよくならんのよ。
米が侵略戦争やめると思う?やめないよね。そもそも世界平和なんて望んで
ないんだから。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/25 12:28 ID:vKxBEVro
>>156
日米安保は対北朝鮮だけのものではないから、
それが高いか安いかは簡単には算出できないだろうね。

しかも、戦後に安保があったおかげで日本は経済に特化した政策を推進できた、とも言われている。
自前で軍隊を持ってきた朝鮮半島の現在の経済状況を見れば、その恩恵は否定できないだろう。
そのためのコストだったと考えれば安いものだったんじゃないかな?
だからと言って今現在の安保を将来的にも堅持するべきだとは思わないけど。

あと、ODAについては大きな疑問符がつくけれど、
その権益に群がっている政治家連中がいる限り、なかなか減らないだろうね。
こいつらこそ国賊だと思うが。
「外交戦術として」なんて川口は言ってるが、全部が全部生き金ではない。
もう一度、使途やシステムを見直すべき。

ODA先にもメリット、日本の権益保持者にもメリット。
しかしそのODAの財源である税金を払っている国民には何が?


159 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/26 22:28 ID:IeCofqAj
>>157
国債と日銀、それに造幣局のシステムご存知ですか?

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/26 23:06 ID:JfTokme4
>>157世界平和なんて望んでもいない国が、
その侵略戦争とやらを行うために保持している
海外拠点を、一方(日本)が安保破棄しますといえば、
「ハイ左様でございますか」と簡単に手放すと思う方が
おかしい。アメリカと戦争する覚悟もある上で破棄します
というのなら納得だけど。
世界平和なんて望んでいないんだろ。そんな国がどうして
平和的に破棄に応じるんだ。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/29 11:28 ID:30dRk7OH
いやアメリカを望んでいるよ。ただ手段が違うだけ。
世界の国をすべて民主化すれば世界平和になると信じている。
そうすればアメリカを攻撃しようという国はなくなるからねw

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/04 01:57 ID:BvBBgFs+
9条が陸海軍を憲法違反にしたのは、
宇宙軍が将来主力兵力になることをみすえたすばらしい憲法です。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/04 04:55 ID:qbJu6CkK
アメリカ様はへたれ日本のご主人様ですよ!
飼い犬の日本の愚民共が ご主人様にたてつくな。
恥をしれ!!

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/04 13:15 ID:615aVjcF
 平和に対する責任と協力の義務を規定しる!!

国家無き所に憲法は無し。

政府が国家主権者たる国民を守ることに反対している人はどのような人でしょう?


165 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/04 18:31 ID:WgztKke7
>>164
左翼

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/05 09:59 ID:nGRihddg
ひとらー 「我がドイツはいかなる戦争にも反対する」
すたーりん 「我がソビエトはいかなる領土的野心など無いし、それを望まない」
ふるしちょふ 「対話を通じ、相互理解と平和友好的な信頼関係を未来に向け構築する」
       (血を流さず敵を洗脳し、共産化する)
きむいるそん 「核を作る意志も、技術も無い」
平壌放送 「我が共和国が日本人を拉致したなどという事実は無い」(ウェーハハハ!)
うりびれひと 「例えば、ベルリンに壁を作るような計画など無い」
りがちょふ 「欧州の核を相互に全廃しよう!」(ソ連本土からでも充分射程距離だから)



167 :166(追加):04/01/05 10:08 ID:nGRihddg
日本国憲法 「陸海空その他の戦力は、これを保持しない。」



168 :偽善の証明:04/01/10 18:16 ID:CPn9fwa3
非武装中立、再軍備反対。地球家族。地球市民。平和4原則。非核3原則。
護憲。平和憲法。反安保。科学的社会主義。市民社会論。牛歩戦術・・・
え〜と あとなんだっけ?

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/10 19:09 ID:M7X7/xm2
正直、偽悪の方がたち悪く蔓延っていると感じる。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/10 22:37 ID:fOirjxCw
自衛隊が憲法違反かどうかは最高裁が判断を留保している
のが悪い。 最高裁、しっかり憲法に対する違憲判断を出せ。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/20 23:56 ID:pX+5kxZu
>>170
社民党支持者?

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/25 04:33 ID:C/Y1efWD
>>170
基本的には、高度に政治的な問題なので国民が判断しろ
っていう判断が出てますよ。砂川事件参照
裁判所が介入する問題じゃない。
権威におんぶに抱っこ、ではいかんのです。


173 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 20:32 ID:BfJ/h0DU

 憲法改正・憲法死守 どちらも、憲法創生のことわかってんだろうな?

 せめて以下のような本でも読んでおかんと、ガキの論争レベルかもよ。
 (本当おもろい、おすすめ。)
 

 「憲法はまだか」(ジェームズ三木)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048733745/qid%3D1079175543/250-8724485-5159458



174 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/24 18:57 ID:z/ReW0cm
フライイングバード

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/24 19:01 ID:oD3pNhhQ
憲法9条って連合国占領状態が続くことを前提にした、
武装解除の宣言だろ。













軍部の政治介入に対する、政府上層部の反感の表れというわけではなくね。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/27 12:36 ID:nmaUfe1I
>>1
中国の国益に奉仕し、国内のバカサヨどもに飯の種を与え続けている

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/27 14:53 ID:2QVXEun1
そんなに解釈おかしいかねえ
表現の自由(憲法21条)の一方で名誉毀損罪があるんだから
戦力不保持(憲法9条)の一方で自衛隊が存在してもべつにいいじゃん

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/27 15:54 ID:wiUX7Mid
いまや懐かしき非武装中立が、憲法の要請するところと仮定してみる。
確かに中立を保つことで対外戦争を回避できるかもしれない。だが















日本国内で内戦が起きたらどうするのだ?

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/27 17:51 ID:EN+xeqAr
憲法9条を破棄すれば、けっきょく、有事立法をがっちり
行える。政府に反対する人は、バッシングされて職にも就けなくなるだろう。
マスコミも規制される。
今国会で審議中のの国民保護法のレベルだって、「国民に国防意識を持たせるために色々と協力を
してもらう」というところもある。有事の時には場合によっては、民衆に首相や知事の名によって命令できるのである。

で、数年後の日本は ”行けー、竹やり国防婦人隊” なんてところかな? ガハハハ、覚悟せよー金さん  なんてところかな?!

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/27 18:10 ID:/ysYvnxx
>>178
そこで自衛隊の派遣ですよ

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/27 20:25 ID:K4jjTr2X
本当に非武装中立にするってのなら俺は支持してもいいよ
でもそれができないのなら変えるべきだ
偽善にもほどがある

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/27 21:09 ID:wiUX7Mid
>>178
日本での内戦を解決するために、
どこの国から自衛隊を派遣してもらうんだ?

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/28 14:38 ID:iHccFjS0
自衛隊は治安出動できるよ>内戦
内乱(罪)というのは刑法犯でしかないからね
9条は国際紛争の武力解決を禁ずるものでしかないし
内戦を禁止する国際法は存在しない

え?自衛隊が内戦の当事者?
どうなるんだろうね?

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/28 15:29 ID:JIrPpPfu
>>1
全部。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/28 16:23 ID:21f4e6+q
国民の生存権と矛盾するから

186 :佐藤総研:04/05/02 10:52 ID:XZXkCbci
■中曽根さんが家に来た。暫しの憲法論議

中曽根さんが拙宅に来た。
居間に通し、暫しの憲法論議をした。

中曽根「憲法の中前文にはどこの国にも当てはまるものでない、日
     本の国がら、伝統を織り込む必要がありますね。
     ・・・・・教育基本法にも日本の伝統や仏教、儒教に根差す理
     念を書き込む。
     そういった我々の歴史に深く根差すものでなければ、子供達
     を教育する背骨となる本当の力のあるものにならないでしょう。」

筆者  「伝統を書き込む事は大切ですね。
     私は、加えて憲法前文には、逆に、国家とは何かという普遍
     的な原則、主権国家と国民の関係、具体的には国家は国民
     及び社会を保護育成する母船、公器であり尊重されるべきと
     共にその目的範囲を逸脱し国民を圧迫したり、他国に脅威を
     与えるべきものではない事を書き込む必要があると考えてい
     ます。」

中曽根「ほう。」

187 :佐藤総研:04/05/02 10:53 ID:XZXkCbci
筆者  「市民革命を経た欧米や宗主国に対し解放戦争で自ら独立を
     勝ち取った旧植民地の国々は、国家とは何かと言うのが国民
     の血肉になっていて、敢えて言葉にして語らなくても庶民であ
     っても体で理解しているように思います。
     日本は幸か不幸か、市民革命も独立戦争を経ていないので、
     国民がここの所がよく分かっていないのではと思います。
     伝統と並んでここが国家の背骨であり、これを欠いている事が
     日本の諸問題の根本原因であると捉えています。」

中曽根「ほう。ユニークな視点ですが、ほぼ同感ですね。」

筆者  「そこで、例えばイタリア憲法には前文自体がない等、一般に
     各国の憲法前文は短いのですが、数行増えたとしても国家と
     は何かという普遍的な原則は前文の中にキッチリ書き込むべ
     きだと思います。
     その他、9条で自衛隊を専守防衛の国軍と位置付ける事、国
     際貢献をミッションとして書き込む事等大きな所は、大体落とし
     所として国民の中に方向が見えて来ていると思います。」

188 :佐藤総研:04/05/02 10:53 ID:XZXkCbci
同席した竹村さんが長々と自説を話していたので、その合間を縫って
中曽根さんに直接話すのになかなか苦労したが上記のようなやり取り
をした。

その後、お年のため酒が回った中曽根さんを二階に連れて行き暫く仮
眠を取らせた後、夕方皆で駅まで歩いて見送った。

途中まで中曽根さんと少し話しながら行き橋を渡って、何故か兄と先
導隊となって道を探していると、商店街で中曽根さん等後続部隊がい
い中華屋を見付けたというので、円卓で夕飯を食って行こうとなった時、
目が覚めた。

テレビでは報道2001に中曽根さんらが出演し、武村さん等と討論をし
ていて、筆者はコタツの中にいた。
道理でなかなか話しに割り込めなかったはずだと思い、この前は小池
百合子だったなあ等と思いながら、番組を終わりまで見続けた。

佐藤鴻全 @佐藤総研 http://www.mag2.com/m/0000102968.htm

189 :ge:04/05/02 11:17 ID:ljbgss3u
http://6113.teacup.com/lifestudies2/bbs


米軍のイラク人虐待写真 投稿者:森岡正博  投稿日: 5月 1日(土)13時11分38秒

CBSで報道されたもので、BBCでも昨日から繰り返し写真を放映してますが、
日本のメディアはオブラードにくるんだような扱い。
写真は、男性捕虜たちへの性的虐待(男女米兵による)と、
イラク人民間女性(と思われる)へのレイプ写真。
↓にありますが、相当ショッキングだし、この写真自体が
2次レイプにもなるかもしれないので、見たい人はそれを
覚悟の上で見てください。でもこれが戦争の真実。
http://www.albasrah.net/images/iraqi-pow/iraqi-pow



(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)g




190 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/02 16:28 ID:/42XXStO
憲法九条とかは所謂、売国奴が利用しにくい憲法になっている。
健全な範囲で防衛やらするのは現行憲法の解釈内で充分にできるからな。
クズどもがこの国を潰そうとして躍起になってる証拠でもある。
ペテンの糞どもが改憲とかは笑わせるわな。
腹の中は見通しだわな。
つまり、今改憲しても改悪になるだけであることは明白!

国賊売国奴ペテンの一党は消滅せよ!!!!!!!!!!!

191 ::04/05/03 17:04 ID:OfaHcZCq

買国奴めっっっっっっ!!!!!

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/03 17:21 ID:+UImdRv/
>>1
いろんな人が好き勝手に解釈できるところ。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/03 18:31 ID:bPUFX1dj
>>192
内閣法制局の中の偉い人があれこれ考え出してから、おかしくなったのであり。
最高裁の中の人がはっきりと判断しないのも、9条解釈がおかしくなった一因。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 16:26 ID:HXNWa5RJ
法準則でない法原理を規定した条文解釈に幅があるのは当たり前。
戦争と平和のような根底にジレンマを抱えた
複雑な問題に関する規範であればなおさら。
一義的で明確な法文で無ければならない、なんていうのは
認知的複雑性の低い低学歴の戯言。
もともと複雑な問題を単純化して捉えようとする態度からして詐欺的である

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 16:37 ID:DqpFH1XN
憲法9条のおかげで日本はアメリカの軍事的要求に対して主権を行使
することができた。
つまり「憲法9条があるからそれ以上のことはできない」とNOを言えた。

しかし改憲されれば、NOを言うための防波堤がなくなるので、日本は
アメリカの軍事戦略の中でめいっぱいこき使われるようになる。

逆説的に聞こえるかもしれないが、NOと言える日本でありたければ
9条を守ることだな。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 16:40 ID:DqpFH1XN
しかし私はこの際、改憲してブッシュ・アメリカに全てを委ねてみたら
どうかと思う。
結果的には、改憲こそ革命的な売国行為になることは間違いない。
それを見届けてみたいという欲求はある。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 16:48 ID:bvLbr9F5
核兵器を持てば憲法9条など話題にもならんよ
日本の近隣のバカ3ヶ国 中国・韓国・北朝鮮このアホ3ヶ国の崩壊が
日本国の一番の利益になる。
韓国と北朝鮮が戦争すればいいだけ 中国はいずれ内戦が勃発して崩壊する
中国は崩壊後日本が買収すれば良い・日本に対して反感を持つ人間は国外追放
といゆより地球外への追放これがアジアの平和の為の近道なり

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 17:44 ID:OJUuVhj/
>>197 読みが単純すぎるわな。

日本が独自に核を持てるわけが無いわな。
まあ可能性があるとすれば表面的建前は別にして、実際はアメリカの核基地が日本国内にできることくらいがせいぜい。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 20:13 ID:LEmKUjmR
>>195
それはどちらかというと政治家の努力の問題の気がするな。
九条がないならないで別のいいわけを作ればいいだけさ。
派兵することが国益に叶う場合もあるわけで、むやみと選択肢を
減らすのはどうかな。イラクに派兵することはイマイチメリットがはっきり
しないが、北チョソに派兵できるとなれば外交上のメリットは明らかなわけだし。

200 :HGウェルズ:04/05/04 23:03 ID:+KYRQMLT
>>1 9条自体は悪くないが、これが成立するためには前提が必要。
ウェルズの「解放された世界」の日本語訳の解説に書いてあったんだが、
国家が軍隊を持たないというのは、世界政府の成立が前提らしい。
すなわち軍隊は世界政府のみが持ち、各種紛争の武力解決は世界政府
が行うという枠組みを作るために、まず手始めに日本に武力を持たせ
ないようにしたらしい。
当初の計画では日本以外の国家にもこれを広め、世界政府を作って行
こうとしたとのことだ。結局世界政府もできず、国連もその役目を果
たしていない現在では、9条の定めるような軍備放棄は成り立たない。
尤もアメリカ一国のみが強くなり、他国を全て武装解除させるのであ
れば、9条の前提を満たすことになるとは思うが。まっ、社民・共産
の意図することとは正反対だろうがね。
ちなみにこの「解放された世界」に、新世界秩序(NEW WORLD ORDER)
という言葉が出てくるのだが、同じ言葉をパパブッシュも使っていた。
前者は民主的に世界政府の樹立を目指す言葉だが、後者はアメリカに
よる一極支配を意図していると思われる。今となっては物騒な言葉だよ。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 23:31 ID:KcYqd9ab
作った人間の頭が悪い 以上
           


202 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 00:17 ID:cQdlKUGo
>200
ちょっとSF入りすぎでは。
被占領国の武装解除をするのは占領国として当然の措置だわな。
世界政府の青写真があってもなくても。

まあー早晩9条も見直しになるだろう。
アメリカがアジアから撤退しない内に力をつけとかないと、自衛
できない国になってしまう。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 00:20 ID:Ly0VR6Md
九条は最高の条文ですよ。世界の憲法にあるならね。日本だけなら無謀。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 01:56 ID:dLF/GKsZ
憲法9条は、
日本が「大人」になることを禁止してきた
(日本が欧米に「反抗」した罰として)。
そのかわり、アメリカが「保護者」であった。

そのアメリカが日本の自立を望んでいる。
だから、大人になるしかあるまい。

国際社会には警察も法律もない。
(あえて言えば、あの無法者アメリカが「警察官」)
とても子供が一人で生きていけるような楽園じゃない。
力(戦力)は無法地帯に生きるための必要悪である。



205 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 04:28 ID:0L6C4PuX
とりあえず日本は左が多いから(つーか反米か)
日本のプラスになる事は左無視して
日本がこき使われるようになったら左を重視して拒否すればいいんでない?

生きる9条それは反米

206 :読んだ上で意見しろ。:04/05/05 10:14 ID:ePORe6od
>>202 まず解説を読んでくれ。
実際、国際連盟はウェルズがウィルソンに進言したんだ。
ウェルズとルーズベルトの間に書簡が交わされたのも事実だし、SFではないよ。
ただ、ウェルズの思想を叩き台にする上で、それを利用する側(アメリカ)
は世界政府の樹立を目指してないということはあるかもしれないが。
しかし国際連合自体が世界政府の亜種だから、まあ方向としてはそんなに
ずれてない。ただアメリカ一国が警察官(というより山口組に近いと思うが)
になっただけ。


207 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 10:21 ID:DGacVCEh
>>204
その理屈よく聞くんだけど、まったく見当違いだと思うよ。

軍隊持つこと、普通の国家とやらになることが 大人になること だって?
笑ってしまわないか?

大人になるってことは自立することを意味するのであって、何も軍隊を持つことではない。
平和憲法を掲げて、不戦の意思で自立することは難しいが可能なわけですよ。
その為に外交政策がある。
また小国家も自立してるところは多々ある。自国を完全に守れる規模の軍隊・法律もってなくてもね

ようは、周辺が騒がしくなってきた。アメリカを信用しきれない。
文句を言う奴は殴りつけたいってレベルの人間が持ちたがってるだけですよ。

平和憲法を掲げて自立する勇気がない・発想がないって言ってる奴も情けないと思わないか?
軍隊持とうって奴が現れても、政策はこのままで国家戦略取れる奴がでてこないのが、今の日本の限界なんだろう。


208 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 10:49 ID:JO3UP3PU
>>207
>また小国家も自立してるところは多々ある。自国を完全に守れる規模の軍隊・法律もってなくてもね
それはどこだ?

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 12:22 ID:dLF/GKsZ
>208
バチカン市国?

ていうか、1億人以上の国民が生きている日本の安全保障を
小国家と同じレベルで論じる幼稚さにあきれ果てる

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 13:58 ID:nuG+Rf9q
>>209
禿銅。個人レベルの延長上で国家を語る愚か者だな。

211 :正義の見方:04/05/05 15:05 ID:IEYQapWi
憲法9条を条文どおりに解釈すると陸海空軍を持てない、だから警察予備隊をつくり
保安隊をつくり自衛隊へとやってきたわけだが、こんな憲法に振り回されてきたのが
大いなる無駄であり、日本人の思考停滞を招いたわけだ。
人間は憲法のために生きているわけではなく、国民の権利を成文化しただけのもの
で、時勢に合わなきゃ書き改めればいい、その程度のものだ。それを国際貢献に行く
といっても自衛隊の派遣には反対だという、その理由は憲法違反だからだという、じゃ
憲法が認めたら賛成するのかというと、いやそれでも反対だという。
要するに憲法を自己主張の道具に使ってるだけで、憲法などどうでもいいのだ。
まあ、いくら上手に成文化しても白を黒と言い包めるのくらい朝飯前の口舌の徒がい
るから改正したからといって安心はできない、参院戦で社民党、共産党が沈没すれば
憲法論議も大人の智恵でできるというものpだ。

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 15:16 ID:GjRVN7sH
>>207
>平和憲法を掲げて、不戦の意思で自立することは難しいが可能なわけですよ。
>その為に外交政策がある。

と第一次世界大戦に懲りたヨーロッパ人は同じことを考えたわけ。それで
戦争そのものを絶対悪と考え、不戦条約や戦争の放棄という、第九条の
元ネタとなる憲法を作ったんだな。ナチス膨張の危機も「平和」に解決しようと
してミュンヘン会談の結果があった。日本だってアメリカとの開戦を避けようと
した外交努力もあったわけ。

その結果、また世界大戦が起きた。「平和念仏では戦争を避けられない」
欧米人が得た教訓だね。

そもそも九条なんてブリアン=ケロッグのコピーでしょ?それを「世界に広める」
などとわけわからんことを言う人が多すぎ。輸入された、効かない抗がん剤を
「日本の誇り」「世界に広げよう」などと恥ずかしすぎだ。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 16:08 ID:bpsRl8lM
こんな荒れた政治状況でそう慌てなさんな。
大事な事なんだから落ち着いて冷静に。


214 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 17:54 ID:nJx+TDhg
>>212 207は世界史を勉強してないんでしょ。
ただ、世界に広めようとするのは悪くないだろう。
だから、9条死守を言う奴は、まず、中国や北朝鮮
に言って、平和憲法を作るよう説得し、実際に武装
解除させればいい。それができれば、改憲派も納得
するよ。だから207はとっとと中国へ行って来い。
中国が平和憲法を作るまで帰ってくるな。



215 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 18:03 ID:VgAu1DFn
「 抑(そもそ)も世界各国が各(おのおの)其の所を得相倚(あひよ)り相扶(あひたす)けて万邦共栄の楽を偕(とも)にするは世界平和確立の根本要義なり
 然(しか)るに米英は自国の繁栄の為には他国家他民族を抑圧し特に大東亜に対しては飽くなき侵略搾取を行ひ大東亜隷属化の野望を逞(たくま)しうし遂には大東亜の安定を根底より覆(くつがへ)さんとせり
 大東亜戦争の原因茲に存す
 大東亜各国は提携して大東亜戦争を完遂し大東亜を米英の桎梏より解放して其の自存自衛を全(まつた)うし左(*原文のまま)の綱領に基づき大東亜を建設し以て世界平和の確立に寄与せんことを期す。

 一、大東亜各国は協同して大東亜の安定を確立し道義に基づく共存共栄の秩序を建設す
 一、大東亜各国は相互に自主独立を尊重し互助敦睦の実を挙げ大東亜の親和を確立す
 一、大東亜各国は相互に其の伝統を尊重し各民族の創造性を伸張し大東亜の文化を昂揚す
 一、大東亜各国は互恵の下緊密に提携し其の経済発展を図り大東亜の繁栄を増進す
 一、大東亜各国は万邦との交誼を篤(あつ)うし人種差別を撤廃し普(あまね)く文化を交流し進んで資源を開放し以て世界の進運に貢献す」

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 23:07 ID:wFpxEUSe
まあ一番の問題は、憲法を改正したところで日本独自のものとはならない可能性が極めて大であることだな。
アメリカ(事実上、悪の枢軸そのもの)になお一層利用されるための改憲になることは必至。
悪しき目的の改憲では日本は加速的に転がり落ちるだけ。 先に進めば進むほど浮上不可能になる。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 23:24 ID:JI7iaCe0
非常に残念だが、この国の現状を見て法治国家とは呼べない。
「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、
武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを
放棄する。前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない。」
これが憲法の9条だ。この日本語を読んで、今の自衛隊の存在や、ましてやその海外派遣
などということが、この条文に反さない、と本気で思っているひとは、日本語のわからないひと
だけだ。自衛隊の存在と海外派兵を「合憲」だなどと主張するひとは、嘘つきなのだ。
政治的な意図で、コトバの意味を歪めてしまっているのだ。 法律が、しかも、憲法というすべて
の基本になる法律が、政府によって、首相によって、こんな仕方で、おおっぴらに踏みにじら
れるなんて、なんという野蛮な国だろうか。
それがよりによって自分の母国だとは、なんと嘆かわしいことだろうか。 ぼくは、日本に
もっとまともな国になってほしい。 地雷で足を吹き飛ばされる子どもを想像して、劣化ウラン弾
のばらまいた放射能に侵されて、苦しみぬいて死んでゆく子どもたちを想像して、子を奪われる
親を、親を奪われる子を想像して、薬も食料もなく死んでゆく病人を想像して、毒ガスで、炎で、
銃弾で、爆弾の破片で、衝撃で死んでゆく兵士たちを想像して、それから、もう一度、第九条を
読んでほしい。


218 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 23:25 ID:JI7iaCe0
それでも共感できないなら、仕方がない。 でも、もし共感するなら、あなたは第九条を守るために
立ち上がるべきだ。次の選挙では  「共産党」  に投票するべきだ。それとも、あなたは
「共感はするけど、自衛隊もやっぱり必要だし、戦争も場合によっては仕方がないんじゃない
かなあ」と考えるだろうか。それは、ほんとうのあなたの意見だろうか。それはほんとうのあなたの
気持ちだろうか。どこかで、誰か偉そうなひとが、そう言っていただけなんじゃないだろうか。
新聞に書いてあっただけ、テレビでしゃべっていただけなんじゃないだろうか。それとも、親、先生、
知り合い、近所のひと? だとしたら、こんなに大切なことを、そんなふうにしてなんとなく決めて
しまってはいけないはずだ。 ぼくたちには、自分で考える責任がある。これはぼくたち自身の
問題だからだ。 国家と国民は別ものだ。戦争をするのは国家だが、戦争の犠牲になるのは国民だ。
命令を出すのは国家だが、自分の手でひとを殺すのは国民だ。そして、国家の狂気と暴走を
止められるのは国民だけなのだ。 嘘を許してはならない。 嘘の口実でひとを死なせてはならない。

日本の国民には、せめて次の選挙まで、このいくつもの嘘のことを忘れずにいてほしいものだ。


219 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 23:26 ID:JI7iaCe0
ぼくは、愛にかける。 
基本的人権の思想を支える人類愛、そして、民主主義の理念を支える友愛に。 
この「どう生きるか」に係わる根本姿勢の、政治における実践は、次の選挙においては、
 「共産党」  に投票すること、そして  「共産党」  に投票するよう、身近なひとびと
に呼びかけることしかない、とぼくは考えている。 

どうか、 「共産党」  の主張を確認してみてほしい。その具体的政策には一貫性が
あって、説得力がある。民主党なんかに騙されないでほしい。 
どの党も、どの候補も「安心して暮らせる社会」だの「福祉の充実」だの「子育て支援」
だの似たようなことを言っているように見える。でも、自民党がやっていることや、
民主党が「マニフェスト」で約束していることの大部分は、宣伝文句とは矛盾している。
承知で嘘をついているのでなかったら、相当にアタマが混乱している。いずれにせよ
、嘘つきや、自分の言っていることの意味もわかっていないようなひとには投票しない
ほうがいい。 



220 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 00:46 ID:GFRbSzB4
●世界の世論●

ブッシュこそ巨大なテロリスト
 小泉は、ご主人ブッシュに飼われているプードル犬。
   プードルの糞尿にたかる蝿が家畜人ヤプーナリーの自民党員。
     蝿の上に乗って犯り逃げするのが土建屋・医者・銀行・郵便局

共産党は、ブッシュに文句を言っている点で英雄。
その他にも、英雄的な点がいくつもあります。
みんな眼を覚ましましょう。自民党はホームレスは死ねと思っている。
共産党は、誰だって、経営者の気まぐれでリストラされてホームレス
になる可能性があるのだから、ホームレスは助ける。

 共産党案:年金もらえる 自民党案:もらえない
 共産党案:消費税3%  自民党案:15%(将来20%)
 共産党案:軍事費わずか 自民党案:軍事費5兆円
 共産党案:リストラ抑制 自民党案:リストラ促進
 共産党案:従業員の味方 自民党案:社長の味方
 

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 02:24 ID:EI+2iKS1
最近共産党員の組織的書き込みがおおいなあ。どうして共産党って
「英雄」って言葉が好きなのだろう?

>>220
●世界の世論●
共産主義は人類の負の歴史。

>共産党は、ホームレスは助ける。

新宿ダンボールハウス群を作るように扇動したのは共産党員らしいな。
利用価値が薄いと知るやかれらはホームレス支援をしなくなり、結果
火災が起きて4人が焼死。


222 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 02:48 ID:vzBHmm01
憲法第九条は「歯止め」になっていたと思うよ。九条が無ければ、今頃イラクの前線で
アメリカと一緒に戦うようなハメに陥っていただろう。九条は自衛権の放棄までは
言って無いんだから自衛隊の存在とは矛盾しない。よって憲法を改悪する必要は無い。
というか変えてはいけない。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 02:57 ID:/otAs1HH
>>222
同時に半島情勢がここまで悪化することもなかったろうな。
イラクは方便にすぎんよ。改憲の本命は外交折衝が通じない北チョソ
への威嚇、或いは交渉のための担保さ。

その程度のことすら理解できん、又は感情的に反発する国民が多いから
外圧を受けたふりの回りくどいまねをねにゃならんのだ。安全保障を脅かす
のは脳天気な国民にあるのだよ。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 03:35 ID:Db56CEmc
憲法9条の改正は米がらみかも ブッシュが再選して任期3年以内にアジアで大きな戦争があるとすれば日本の戦力は重要でこんな憲法は邪魔 相手は中国か北チョン

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 04:38 ID:IRHpmz1l
空母を作れば儲かる
攻撃機を作れば儲かる
ミサイル作れば儲かる
攻撃兵器輸出すれば儲かる
憲法改正すれば儲かる
公共投資と同じ効果で増税、景気循環できる
憲法改正するぞー

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 05:36 ID:3gbZGUuN
>>222
そうだろうか。逆に9条が無くて、独力で防衛出来るなら
そもそも米のポチになる理由も無く、イラク自体行かなくていい可能性もあった。
外交的にも独仏程ではなくとも、より独自色を出す余地が出るだろう。

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 06:08 ID:vSr0gPlz
日本を「戦争のできる国」にしたくないなら、いつわりの正義のために国民を犠牲にする国にしたくないなら、
ぼくたちはもう  「共産党」  か  「社民党」  に投票するしかない。イメージに惑わされている場合
ではない。冷静に考えれば、ほかに選択肢はないのだ。

念のため強調しておくが、ぼくは共産党員でもないし、日本共産党のすべてが正しいと言っているわけでも
ない。  「共産党」  の環境問題に対する捉え方は、まだまだ甘くて時代遅れだし、その結果原子力利用
に関しても、10年以上前とまったく変わらない混乱した主張を繰り返しているように見える。そもそも、
ほかの政党同様、結局は生産効率の向上と経済規模の拡大に頼る未来像を抱いている点には同意できな
いので、結論を言うと、ぼく自身はほんとうの意味では「支持政党なし」なのである。強いて政党で言えば、
かつては  「日本社会党」 のほうが身近だったし、地元の選挙区に当時の社民連の管直人がいたから
彼に投票したこともある。人物によっては  「共産党」  に投票することもあったけれど、組織としての
  「共産党」  には違和感があった。

でも、今、各党の主張を検討し、彼らの信頼性について考えるとき、  「共産党」  以外の政党に投票
する気にはなれないということなのだ。以前に比べると  「共産党」  はだいぶ柔軟になった。確実に進歩
している印象がある。「共産党の主張はともかく、なんとなく怖い」とか、「なんとなく変だ」、というような
先入観を持っているひとも多いだろう。でも、いまやそれは偏見に過ぎないと思う。是非一度、
落ち着いて考え直してほしい。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 06:09 ID:vSr0gPlz
具体的には、地方自治のレベルで見ればわかりやすいはずだ。地元の市議や都議・県議・府議
として、あるいは市長として、  「日本共産党」  の政治家がなにを提案し、なにを実行してきた
かを確認してみれば、彼らがいかにまともで、彼らの反対勢力がいかに理不尽なことをしている
かがすぐにわかる。 ここ数年、実際に地元の党員と接したり、党の活動について知る機会が
あって、つくづく実感したのだが、  「共産党」  は、バカでもないし、怖くもないし、変でもない。
現在の日本では、もっとも理性的で現実的な政党である。 アメリカ型の二大政党制をスマート
だなんて思っている民主党には、高福祉の平和国家は絶対に作れない。彼らにはそんな理想
はない。所詮は「フェアな競争社会」なる欺瞞的な幻想をふりまいて、「自分はバカじゃないから、
自民党には入れたくない」と考えている「利口なつもり」「わりと成功してるつもり」のサラリーマン
や都市住民に取り入ろうとしているだけだ。 ドイツやフランスのような緑の党があれば、ぼくは
喜んでそこを応援するだろうけれど、諸般の事情で、日本の無党派左翼はまだああいう形では
結集できていない。せめて、ドイツの社会民主党や、フランスの社会党のような大衆政党があ
れば、ぼくはそれに投票しただろう。もしもの話は無意味だが、もしも  「日本社会党」  が
まともな進化をとげていて、今なお健在だったなら、ぼくは  「社会党」  を選んだだろう。 
けれど現状はそうではない。事実上、今の日本でぼくの考えていることを代弁してくれている
のは、民主党でも社民党でもないし、ひとりやふたりの良心的な無所属左翼候補がなにかの
間違いで当選したって、この危機的な状況ではたいして意味がない。



229 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 06:09 ID:vSr0gPlz
だから  「共産党」  なのである。彼らの主張は正しいし、彼らが当選後、公約を絶対に
守ることは実証済だ。 ほかの政党への投票、有事法制と憲法改悪に絶対反対する保証の
ない候補への投票は、戦争への道、罪のない子供たちの犠牲への道を意味している。
棄権もまた同様だ。 もし、それでもあなたが、どうしても棄権したいなら、そうすればいい。
どうしても、自民党や民主党や公明党に投票したいなら、そうすればいい。それはあなたの
自由だ。でも、そのあなたの「自由」が、あなたの一票が、いつか子供たちを殺すことに
つながることをよくよく覚悟してほしい。それは政治的にも道義的にも、まさにあなたのせい
であり、あなたの責任になるのだ。それを一生背負って行く覚悟をしてから行動を決めてほしい。
軍隊では、子供の命は守れない。より多くの子供の命を奪うような状況を作り出すだけだ。
軍隊は国民を守るためにあるのではない。クニを守るためにあるのだ。このことは忘れられ
がちだが、この違いはあまりにも重大である。 とにかく棄権してはいけない。

選挙は人気投票ではないのだ。熱狂できるようなステキな候補がいないからと言って、
特に魅力的な人物や政党がないからと言って、棄権して済ますようなイベントではないのだ。
選択基準はいつもふたつしかない。そのひとの主張・公約と、それを絶対に守るひとかどうか
の見極めである。単純なことだ。政党は信用できない? 政党にもいろいろあるが、きちんと
比べたことはあるだろうか?  公約を守らない? 嘘つき? 金まみれ? それはいくつかの
特定の政党の話であって、すべての政党のことではない。だからそんなデマは棄権の理由
にはならないはずだ。 仮に、なんらかの理由で  「共産党」  が嫌いだったとしても、
今回ばかりは  「共産党」  に投票したほうがいい。


230 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 06:10 ID:vSr0gPlz
「共産党に投票する」ということは、確かにひとつの決断かもしれないけれども、少なくとも
国民の9割くらいにとっては当面の個人的利害から言ってもプラスであることは間違いないし、
残りの1割にとっても何十年か先の総合的な暮らし心地を考えれば決して悪い選択ではないはずだ。
現在、せいぜい「人並み」に暮らしているつもりのひとびとまで、「共産党が伸びると
景気が悪くなって、国が貧しくなる、結果として自分は損をする」と思い込んでいるふしがあるが、
それが誤解なのは、  「共産党」  の経済政策を見ればわかる。景気対策を含む、彼らの
具体的な経済政策が、自民党や民主党にほんとうに見劣りするかどうか、検討しなおして
みれば明白なことだ。

「共産党」  と  「社民党」  に投票して、有事法制を作らせないようにしよう。
そして憲法を改悪させないようにしよう。


231 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 06:27 ID:dh5BBvu2
憲法九条改正は米の指示。
いままで歴代は対米追従の限界としてこの九条を
防波堤としてきた。
事実、日本国の防波堤であったのだ。
ボケ小泉は長期政権と引き換えに、改正できると確約してしまった。
日本の軍備は、戦勝国(常任理事国)の利益と平和のために
使われるというのが彼等の理屈だから、改正があれば
日本人が彼等の代わりに死ぬことになる。
日本の平和と国民の利益、安全のために戦うということは、二次的な
目的なのだ。
日本の軍事力を使うのは日本政府でも日本国民でもないのだよ。




232 :チンケな日本共産党綱領♪:04/05/06 13:26 ID:gB0XkkmF
>>230
1.共産党は国防案を持たない。
 破棄後どうやって日本を守るか、その代案が無いわけだが?

2.共産党は企業の国営化を目標としている。
 民営化と逆行し、自由競争/市場経済を否定してるわけだが?

3.共産党は宗教を認めてない。自由を100%保証しないわけだが?

日本共産党綱領を見るだけでも以上の問題がある
http://www.jcp.or.jp/jcp/Koryo/index.html

233 :訂正:04/05/06 16:54 ID:gB0XkkmF
>>232
破棄後→日米安保を破棄すると言うが、破棄後

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 17:48 ID:qblIZG+f
改憲は良いと思うけど、手続きを踏まないといけないんでないの?
憲法改正の手続きについても、憲法に書かれているから。
でも、何か最近、9条だけ改正した方がまだ危なくないような気がする。
憲法改正の手続きを改正すると、何か歯止めが利かなくなっていきそうな。
こうやって、2ちゃんで書き込めてる内は、まだ安心かな?

235 :kouei37@非戦主義 ◆F6bOI6PSbo :04/05/06 17:59 ID:7xad86f0
改憲は法理論上不可能です。ok

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 18:10 ID:J+xTm7mO
>>235
改憲が不可能というその法理論とやらを教えてくれ。
もしや国民主権と並ぶ国際平和の原理から、戦力不保持の条項が改正権の範囲外、
とか言うんじゃないだろうな?

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 18:47 ID:Qe55UUFp
>>16
>共産主義=(一部の指導者層を除き)みんな平等で貧富の格差がなく、
>(絶対的な権力&圧力によって)争いもない平和な世界を築こうと
>する思想。

まさに現在のアメリカがやってる事だな(藁)アメリカの指導者層を除く
全世界の人々から等しく搾取し貧富の差を無くし、圧倒的な軍事力に
よって世界中の国々が戦争をできなくさせる・・・・アメリカって
実は共産主義者だったんだ(藁)

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 18:48 ID:qblIZG+f
衆議院の2/3以上、国民投票の半数以上。
大変な道のりだけど、がんがってやるしかない。
手続き踏まないでやると、憲法違反して憲法改正したことになる。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 19:03 ID:Qe55UUFp
>>72
>それが功を奏して、日本国民は59年という奇跡的長期間の平和を
>享受することができたんじゃないかな。

ネタか?平和だったのは、米中露の力関係が拮抗していたからに
決まってるだろ?第二次大戦時のタイ王国みたいなものだな。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 19:14 ID:fyfXbZUC
>>217
>非常に残念だが、この国の現状を見て法治国家とは呼べない。

そうだそうだ。憲法9条を改正しない限り、日本は法治国家とは言えないよな。


241 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 19:19 ID:/otAs1HH
九条もあれだが、オウムのときの住民票移転拒否も法律上あかんからな。
移転させたれ、ってことじゃなくて移転拒否できるシステム作っとかないと
基地に自治体乗っ取られる。国内でも基地にはことかかんというのに。

242 :kouei37@非戦主義 ◆F6bOI6PSbo :04/05/06 19:23 ID:7xad86f0
>>236
先ずは改憲可能と思う根拠を示してください。それに対して反論してあげます。ok

>>240
改憲は法理論上不可能です。ok



243 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 19:56 ID:SnqrFjGk
非戦だって。坂本龍一主義ですか?w

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 20:06 ID:EI+2iKS1
■憲法改正「賛成」が過去最高65%

読売新聞社が先月20、21の両日に実施した全国世論調査(面接方式)で、
現行憲法を「改正する方がよい」とする人が昨年調査に比べて11ポイント増の
65%に上り、1981年に同調査を始めて以来、過去最高を記録した。

改正の理由では、国際貢献などに「今の憲法では対応できない」52%がトップを
占めるなど、イラク復興支援への自衛隊派遣や環境問題の深刻化等を背景に、
国の基本法と言えども時代のすう勢に応じて見直すべきだとの見方が増えている
ことを明確に示している。

また、国民投票など憲法改正の具体的な手続きを定めた法律を制定するかどうかに
ついては、「賛成」が69%と、「反対」5%に大差をつけた。憲法の中で関心のある
項目では、「戦争放棄、自衛隊」の54%が最多だった。

読売新聞社:2004年04月01日


245 :kouei37@非戦主義 ◆F6bOI6PSbo :04/05/06 20:53 ID:7xad86f0
>>243
私の質問に?答えてから?私に?質問?してください?ok
繰り返し?質問?します?
軍事力で?戦争から?国や?国民の?生命?財産?自由を?守る?具体的?かつ現実的な?方法を?答えて?ください?


246 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 21:00 ID:9pjw8jVi
いまだに日本が侵略戦争すると思ってる知恵遅れの声が大きいうちは
9条改憲は難しいかもな。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 21:01 ID:9pjw8jVi
9条改憲→9条改正ね

248 :kouei37@非戦主義 ◆F6bOI6PSbo :04/05/06 21:16 ID:7xad86f0
>>246
改憲は?法理論上?不可能?です?ok?

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 21:18 ID:vzBHmm01
>改正の理由では、国際貢献などに「今の憲法では対応できない」52%がトップを
>占める

国際貢献って今アメリカがやってるのも国際貢献だからなw
何とでも言えるわけよ。

北朝鮮と戦争するだの、中国とするだの言ってる連中は、イラクへ行って戦争の悲惨さを
見てこいよ。有事になれば自衛隊の兵力なんて足りなくなるから、すぐに若い連中に
召集がかかる。戦時下では超法規措置でも何でも有りだからな。

九条を変える必要は無い。自衛権は認められてるのだから、自衛隊の存在と矛盾する
とか言われる筋合いは無い。



250 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 21:34 ID:/otAs1HH
電波が大量発生してるな。攻撃可能の裏付けなければ外交のテーブル
につかない連中がアジアに多すぎる。あげくに戦時下になったら超法規措置
が取られると思ってるDQNまででてくる始末だw

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 21:35 ID:N9T5a34+
>>242
先に235で、「改憲は理論上不可能である」と根拠もなく主張したのはそちらだが?
根拠を述べろと言われたのに対して、「まずそちらが根拠を述べろ、それに反論してやる」と返すということは、
己の立論に根拠がない、若しくは自信がない、と自ら暴露しているようなものだと思うのだけれどいかが?

ちなみに、憲法96条の条文にしっかり憲法改正手続について定められているわけだが。
改正の内容については限界説、無限界説の争いはあるものの、
全く改正自体不可という“法理論”はかつて聞いたことがないのでその根拠を聞いている。

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 21:41 ID:vzBHmm01
攻撃の裏付けは日米安保がある以上、現在でも有る。北朝鮮なんかも分かって
るから手を打ってきてるんだろ。

有事の際、兵力が足りなくなったらそこでお手上げか?そんな分けないんで、
どんな屁理屈こねても、兵力の増員はする。

253 :kouei37@非戦主義 ◆F6bOI6PSbo :04/05/06 21:42 ID:7xad86f0
>>251
>憲法96条の条文にしっかり憲法改正手続について定められているわけだが

この?改正権は?憲法?自身によって?与えられた?ものであるから?憲法の?根本?原則
や?それに抵触する?改憲は?でき?ない?これが?法理論上の?常識? ok?

よって?改憲とは?憲法の?基本?原則を?変える?または?抵触?する?改憲を?意味するので?
改憲は?違憲となる?ok?

そして?政治家?天皇?裁判官?その他?公務員は?この?憲法の?保護者で?あることが?
義務付け?られているのだ?ok?

第99条? 憲法?尊重?擁護の?義務?
 天皇?又は?摂政及び?国務?大臣?国会?議員?裁判官?その他の?公務員は?
この憲法を?尊重し?擁護する?義務を?負ふ?ok?

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 21:54 ID:AFppMoDa
>>249 じゃテメーはミサイルをばんばん発射している基地を爆撃せずに、
    飛んでくるすべてのミサイルを迎撃し、自国を防衛することが可能だと?
   9条は変えるべきなんだよ。自衛力だけじゃ防衛できない。
   核をもつことだって一種の防衛だ。
   自衛権は認められているのは確かだが、その自衛というのはどっからどこまでが自衛であって、どっからどこまでが
   侵攻であるかは明記されていないし、侵攻だって敵の侵攻力を皆無にすることができればそれも防衛だといえなくもない。
   第一、中国、北朝鮮と戦争になって徴兵されるほど日本は弱くないし、その時は日米安保発動だし、
   中国(通常戦力だけで)と北朝鮮なんて眼中ないね。
   

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 22:02 ID:/otAs1HH
>>252
そうだよ。北チョソはわかってるからアメとしか交渉しない、といってるのさw

その徴兵のために新規に法律が作られることだろうね。どこに超法規的
措置がとられるっていうの?w

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 22:07 ID:vzBHmm01
もちろん攻撃されれば、当然攻撃する。それが自衛という意味。
その前に、例えば北朝鮮や中国は日本と戦争して何かメリットあるの?
経済的に損をするだけだろ。まず向こうからは仕掛けてこないね。
そのような国に対して軍事的な圧力をかけるのは暴発を招くだけ。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 22:12 ID:/otAs1HH
すでに拉致というテロをされてることはお忘れのようで。

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 22:13 ID:AFppMoDa
>>256 うん。だからそのための改憲でしょ。
    その攻撃が現在の憲法と自衛隊戦力では不可能なので っていうだけの話。
    北朝鮮、中国の名前を出したのは身近に起こり得る最も可能性のある有事の相手ね。
    別に韓国でもモンゴルでもいいけどアジアの国で日本に喧嘩売ってくるなんてありえないから。
    ただ、もし暴発した際、あるいわ国連軍を派遣するときに日本だけ参加しないのは理不尽であって、
    湾岸戦争で金だけだした日本は次こそ世界を代表する国として悪に制裁を加えるべき。
    そのための血なら流せる!という国民を育成すべき。 まぁ精神の自由は保障されてるから、
    強制はできないだろうが、国のために死ねるかなんて思ってる輩はきえてほしい。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 22:15 ID:3gbZGUuN
>>253 嘘つき発見

改憲=憲法の基本原則を変えるまたは抵触する改憲を意味

と定義する憲法学者の名前を一人でいいから挙げてみろ。
憲法改正には限界があるというのが多数説だが、特に9条2項については
改正限界かどうかは説が定まっていない。また、仮に改正限界を超えたとしても
それは現行憲法の改正とは言えず、憲法変遷又は新憲法の制定と言うべきだという事であるだけのことである。




260 :そうだよね:04/05/06 22:49 ID:fyfXbZUC
>>259 改憲ができないというのであれば、新憲法の制定しかないから、
さらに現行憲法と乖離する。253は自分で自分の首を絞めてるな。


261 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 01:05 ID:TKVA2ETv
9条改正はアメリカが日本に要求していること。

日本が攻め込まれるリスクはいまのところ無い。
改正すればアフガン・イラクなどへの積極関与を求められ、
金銭的・人的なコストは確かに必要だ。

しかし、アメリカの要求を政府が拒否した場合、
アメリカからさらなる圧力を受けることになる。
安全保障上の脅威が目に見えるようにして
国民の危機感をあおることだろう。

テロリストの襲撃や他国軍の国境審判が増え、
国民財産・生命が危険にさらされる。

それに対抗するために必要なのは、
結局「戦力」ってことにならないか?

//



262 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 02:18 ID:l9L93XdO
アメリカは極東から軍を引き上げたがってるからね。その分を日本にも軍事的に
負担して欲しいってことだろ。だけど憲法を変えるには国民投票がある以上、
そこまでは介入出来ないだろう。今の憲法下でも十分国防は出来る。
北朝鮮や中国が攻めてくるってことは、まず無い。あるとしたらアメリカが
介入して来る時だけ。でもアメリカはそんなことはしない。日本有事は
アメリカの経済にとっても、世界の経済にも大打撃だから。
要するに重要なのは経済のネットワークであって、軍事力ではない。
むしろ憲法を変えることは極東の軍事的緊張をもたらすだけで、ロクなこと
がない。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 02:27 ID:Hlc5bQpu
>>262
経済のネットワークと簡単にいうが、踏み倒されたり没収されたり
したときどうやって回収するつもりだ?経済的には踏みしいてる韓国ですら
竹島一つ返還しないというのに。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 02:44 ID:l9L93XdO
踏み倒されたり没収されたりってどういうこと?北朝鮮や中国への経済援助
のことか?それは元々援助だからな。
竹島とかああいう問題にヒステリックになることが一番危険なんだよ。
法的に対処すると言っておけばいいんだよ。たいがい戦争はああいう問題に
かこつけて始められる。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 02:45 ID:t1AZBOTg
憲法改正して日本再軍備→やっとまともな国になれる

支那人、朝鮮人に舐められっぱなしでは精神衛生上よろしくない。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 02:52 ID:l9L93XdO
日本再軍備って、今でも十分な軍事力持ってると思うよ。
朝鮮、中国人は日本人を舐めてないって。舐めてるのは一部の頭のおかしな
連中だけだろ。そんなのほっとけよ。もっと寛大にいこうぜ。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 03:08 ID:Hlc5bQpu
>>264
例えば中国に民間でいくら投資されてると思ってんだ?国も金を貸してる
だけだし、ただで援助するバカがどこにいるよw

法的に対処するといってはや40年経つがいっこうに解決の糸口見つからない
ねぇw一体何年続けたらヒステリックっていわなくなるんだい?
韓国が竹島の件で国際法廷に出廷すらしないのは知ってるよな?
とっくに強制執行が終わってる場面だぞ。
こっちが戦争上等を切らなきゃ、道理すら通じない国が信じられないことに
存在するのだよw

日本人を舐めてないのは一部の頭のまともな連中だけだよw

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 03:32 ID:l9L93XdO
>例えば中国に民間でいくら投資されてると思ってんだ?
こういう経済の繋がりが戦争を抑止する上で重要なんだよ。

領土の問題を言い出したら、ロシアとも戦争しなきゃいけないじゃんw
そんなに戦争がしたいかね・・

朝鮮や中国の人ともっと交流した方がいいよ。君の妄想が解けるから。




269 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 04:53 ID:Hlc5bQpu
>>268
頭悪いやっちゃな。交渉のテーブルにつけるのに武力が担保で必要だと
何度いえばわかるんだよ。そんなに侵略されたいかね。

ところで漏れは外交交渉だけで物事が進展しない例を出したわけだが、
おまえさんの好きな経済のつながりとやらでトラブル解消できた実例
だしてくれんかね。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 06:57 ID:lD5cmx6j
>>268
経済交流ができる相手か日本の国益考えたら中国が崩壊し3ヶ国位に
分裂するのが理想なんだよ
拉致問題にしても裏で北朝鮮をあやっているの中国だと思わないか。
そもそも世界で一番信用のない国は中国であり中国共産党には未来
などない殺戮の世界が有るだけ中国には国際法など通用しない
何故なら彼等はゴキブリだから

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 12:15 ID:EgvAVQHj
武力による十分な担保ってあると思うんだがなあ
旧ソ連機がたびたび領空侵犯を犯そうとしたとき
いちいちスクランブルがかかって空自機が対応していた。
一度だけだが射撃したこともある。
ソ連は「日本は絶対に反撃してこない」なんて思ってなかったはずだ

竹島問題程度は個別的な外交政策レベルの話にすぎない
外交交渉でいくのか軍事力まで使うのかは、そのときの政策判断。
そういうミクロな問題を改憲の根拠に持ってくるのは論理が飛躍しすぎ

大体「交渉には武力による担保が必要」なんて言い出したら
日本はアメリカと何の交渉もできんわな。事実そういう側面もあるが。

ちなみに誰か読んだ人いる?>長谷部恭男「憲法と平和を問い直す」
世上の「改憲論」が幼稚に思えてくるねえ

272 :kouei37@非戦主義 ◆F6bOI6PSbo :04/05/07 12:55 ID:CDfRVY71
>>265
中国や北朝鮮はまともな国ですか?

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 21:40 ID:+MS1XAkN
>>271 だから今回イラク出兵したんだろ。アフガンも然り。まぁ、アメリカについていくのが日本の国益だと思うのだが、
   アメリカも日本に親離れしてほしいわけなんだよ。
   
>>世上の「改憲論」が幼稚に思えてくるねえ
 俺はお前の意見のほうが幼稚に思えてくるね。なんで改憲派が幼稚なんだ?
 じゃぁ日本有事の際に日本人は血を流さずにアメリカが流せばいいと思ってんのか?
 そのほうがよほど鬼畜だぞ(w
 自分の国で通じたって世界には通じねーことがあるんだよ。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 21:55 ID:aN6CcQPx
>>267 日本人を舐めてないのは一部の頭のまともな連中だけだよ

その逆、大体が逆。
学歴のあるやつ程、とんでもない事を言い出す。
職業として言ってる人の言葉が報道されるが、庶民は結構まともだよ。

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 21:57 ID:SCoNeqss
てかこんな小国であんな超大国に勝てるのか?
軍備良くても絶対民間の反対が大きいから無理だな。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 22:08 ID:aN6CcQPx
1000年も前からちょっかい出してんだぜ、
今更やめるのかい。
この60年はほんの一休み。
折り見て再開のつもり。

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 23:04 ID:EgvAVQHj
>>273
> だからイラク出兵したんだろ。アフガンも然り。
意味がわからん。おれはアメリカの派兵の話なんかしてないし。

>俺はお前の意見のほうが幼稚に思えてくるね。
どうして?

>なんで改憲派が幼稚なんだ?
読んでみればわかると思うよ>長谷部恭男「憲法と平和を問い直す」
護憲論と同じで改憲さえすれば万事がうまく行くと思ってるところかな
断言してやるが憲法の文面を変えたぐらいで竹島問題は解決しない
北方領土も返ってこない。むしろ周辺国は警戒を強めるだろうね
そもそも領土問題と戦争放棄条項を関連付けること自体意味が無い
いくら軍事力を持っていたところで相手が誤った判断をすれば領土紛争は起こる
たとえばフォークランド紛争

>じゃぁ日本有事の際に日本人は血を流さずにアメリカが流せばいいと思ってんのか?
はて?私がいつどこでそんなこと言いましたかね?

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 23:25 ID:GZ+irkRJ
>>271
>旧ソ連機がたびたび領空侵犯を犯そうとしたとき
>いちいちスクランブルがかかって空自機が対応していた。
>ソ連は「日本は絶対に反撃してこない」なんて思ってなかったはずだ

函館にMig25が亡命してきたとき、パイロットは後ろばかり気にしていたと
いう。何故か?かれは自衛隊機が絶対に撃ってこないことを知っていた。
彼が恐れたのはソ連空軍の追手だけ。

つーか撃ってこないことを知っていたから、何十回もソ連は
領空を堂々と侵犯していた訳だが?

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 23:35 ID:8KYd3ur/
【11:349】 「 チ ベ ッ ト 大 虐 殺 」 
「チベット大虐殺」
1959年の3月チベットの首都のラサで「改革解放」の名のもと「民族浄化」が開始、殺戮・
破壊・強奪・強姦が行われた。15万人の僧侶と尼僧は公開虐殺によって1400人に減らされ
た。僧侶に対しては、滑車を使い仏像の重みによる絞首刑や、尼僧に対し警棒の形をした
5万ボルトのスタンガンを性器に入れて感電死させ彼女の死体は裸のまま路上に捨てられた
一般民衆の犠牲者は120万人におよぶ。中国は「強制断種(チベット男性の生殖機能を手術
によって奪う事)」や「強制交種(チベット女性を中国男性と交わらせ民族の血統を絶つ
事)」等の民族浄化に力を入れた。生き残った証言者によると、親の死体の上で子供に泣
きながらダンスをさせ、人民解放軍はそれを笑いながら銃殺した。「ジュネーブ法律家国
際委員会」が受理した供述書によると「何万というわが国民が殺された。軍事行動におい
てばかりでなく、個人的に、また故意に殺されたのである。(略)彼らは銃殺されたばか
りでなく、死ぬまでむち打たれたり、磔にされたり、生きながら焼かれた。溺死させられ
たり、生きたままで解剖されたり、餓死させられた者もあった。絞め殺されたり、首を吊
って殺されたり、熱湯による火傷で殺された。又、ある者は生き埋めにされたり、はらわ
たを取り除かれたり、首を切られたりして殺された。こうした殺人行為はいずれも公衆の
面前でなされた。犠牲者の同じ村人、友人たち、隣人たちは、それを見物するよう強いら
れた。」とある。
ちなみに侵略や粛清、失政による飢餓など、歴史上その数において世界最大の虐殺者は、
まぎれも無く中国で、犠牲者は自国民、他国民含め四〜六千万人といわれる

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 04:09 ID:JeAV5LKj
>>277
根拠なく改憲論を幼稚といいつつ、他人から幼稚といわれてなぜ?
と聞き返す辺り、相当のもんだなw
フォークランド紛争はソッコーで解決したが、あれこそ武力の担保
で解決したいい例じゃないか。紛争が起こることより、解決できないことの
方がどれだけ問題があるか考えたことあるのか?

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 16:42 ID:2ANZiRp2
>>278
自軍を裏切って投降するんだから前方以上に後方を警戒するのは当たり前

>つーか撃ってこないことを知っていたから
能登半島沖で射撃した例はあるんだっての

>>280
>根拠なく改憲論を幼稚といいつつ、他人から幼稚といわれてなぜ?
>と聞き返す辺り、相当のもんだなw
ささやかながら根拠は示しているが?>長谷部恭男「憲法と平和を問い直す」
どうして意図的に無視するのかな?
まあこんな感じで改憲論にちょっとでもクレームをつけると
脊髄反射的な応答をしてくるところがいちばん「幼稚」かな

>フォークランド紛争はソッコーで解決したが、あれこそ武力の担保
>で解決したいい例じゃないか。紛争が起こることより、解決できないことの
>方がどれだけ問題があるか考えたことあるのか?
だからそれが改憲論とどうからむんだよ
ちなみにアルゼンチンはフォークランドの領有権を諦めていないはずだが?
再言>憲法の文面を変えたぐらいで竹島問題は解決しない

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 19:12 ID:hGb10Jmu
>>281
>自軍を裏切って投降するんだから前方以上に後方を警戒するのは当たり前

他国の領空を深く侵犯するのだから、迎撃のほう(前)が気になるのは当たり前。
第一「自衛隊は撃ってこない」とはMig25パイロットのベレンコ中尉がいった言葉。

>能登半島沖で射撃した例はあるんだっての

まさか誤射や威嚇射撃のことじゃないだろうな?「撃つ」とは撃墜目的で射撃することだ。
ここではな。単に弾を撃つだけなら演習のたびにやっている。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 19:29 ID:o+4q1Q8T
憲法九条は人類の理想そのものです。
今、盛んに改憲論が叫ばれてますが、そもそも憲法を字義通り運用できない国民性を放置したまま改憲すれば地獄への道が待っています。
自衛権を明記するとのことですが、そもそも自衛という概念自体が明確でなく、非常に危険な概念です。

大東亜戦争を自衛の為だったと叫ぶ人もいますし、ナチスのホロコーストもアーリア人種の自衛の為という人もいます。
石破防衛庁長官は、自衛権の発動として敵の基地を攻撃できるとまで言っています。
非常に恐ろしい事です。こうなると自衛と侵略との区別など、恣意的な解釈でどうにでもなるという事になります。
自分達が起こす戦争を侵略だと定義する国はありません。かならず自衛の為という大義が捏造されます。
改憲してしまえば、時代の空気に流されやすい日本人の安全を保障するものはなくなります。
そして、集団的自衛権の発動として、アメリカがこれから起こすであろう戦争全てに協力していく事になります。
そうなれば今、アメリカを憎む人々や国々の攻撃が、当然日本も襲います。
今、憲法を変えることは危険です。
これだけ解釈改憲を積み重ねて、どうにもならなくなったから改憲というのは安易すぎる。


憲法とは、そもそも国民が国家を縛るための、国家への命令です。
縛られる側の権力者達、政府の人間が率先して改憲を推し進めようとするのは、だめです。





284 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 20:20 ID:Ffp//tgk
>>283 戦争しないのは日本だけであって世界はしてるんだよ。
日本が平和憲法だと言っても他国は普通に侵略できるんだよね。

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 20:34 ID:Ffp//tgk
>>277 アホだねぇ。俺が言う出兵は日本国の自衛隊のことなんだが?お前の話について俺が発言した内容がわかんないとか(プゲラ
竹島?陸自派遣。そして海自で竹島を海上封鎖すれば手出しできないはずだが?
言っとくがな、海上自衛隊は世界で2番目の海上戦力を誇ってるんだよ。
韓国軍との軍事演習で韓国軍を壊滅においやったって聞いたな。
それくらい日本は強いんですが(笑)

むしろ周辺国は警戒を強めるだろうね
>>そりゃ強めるでしょ(w
警戒したからなんなんだ?中国や韓国、北ごときに日本国が潰せると勘違いしてる香具師発見(笑)
中国では可能かもしれんが(上陸じゃなくてミサイル攻撃ね)その場合アメリカの反撃、国連の経済制裁やなんか、
経済制裁しなくても日本企業が撤退するから中国は経済的にやばくなるだろうねぇ。
そんなリスクを犯して攻撃する敵っていないと思うんだけど(プ

いくら軍事力を持っていたところで相手が誤った判断をすれば領土紛争は起こる
たとえばフォークランド紛争
>>だったら報復すればいい話でしょ?違う?
相手が誤った判断した時は自国が悪いんでしょうか?(笑)

だからそれが改憲論とどうからむんだよ
ちなみにアルゼンチンはフォークランドの領有権を諦めていないはずだが?
再言>憲法の文面を変えたぐらいで竹島問題は解決しない

>>今より確実に軍事行動起こしやすくなるでしょ?
今の日本がアメリカだったらとっくに韓国か中国 戦争になってると思うよ。

再言>日本の国で通じても世界には通用しねーぞ

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 22:15 ID:5TWjg0Ah
 >>今より確実に軍事行動起こしやすくなるでしょ?
 今の日本がアメリカだったらとっくに韓国か中国 戦争になってると思うよ。

こういう奴が権力握るとすぐに戦争おっぱじめるんだろな〜
ブッシュみたいに

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 22:35 ID:Ffp//tgk
>>286 明らかに大義はこちらにありますが?
領海、領土侵犯を国家的にする国に宣戦布告して何が悪い?

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 00:01 ID:6VfTIvUo
ガキの喧嘩じゃないんだから、そんなことで戦争始められたら堪らんな。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 02:08 ID:ig1X1EgM
じゃぁ侵略されても文句いえねーな テメーら。
愛国心のかけらもねーな

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 02:18 ID:6VfTIvUo
ちゃんと追い返してるじゃん

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 02:38 ID:yo3ppaYI
>>288
もう何ステップも大人の処理してそれでも解決しないんだが?
ま、漏れとしては韓国の経済を北朝鮮並みに叩き落としても別にかまわんが、
ささいな紛争で軍人に死人がでるのと民間人の生活アボソさせるのと
どっちが人道的なのかね?さっさと解決するなら戦争で済ませた方が
お互いのためになることなどいくらでもあるのだよ。
戦争さえ避けられたら後はどうなってもいいと思えるような輩には想像も
つかんだろうがね。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 04:03 ID:6VfTIvUo
韓国に対して仮に軍事力を行使したとして、ささいな紛争で本当に済むのか?
ちゃんと考えてみてくれよ・・。まず株価が暴落して、経済的に無茶苦茶になる。
そんなことは絶対にお互いやらないし、それは当然のことなんだよ。
経済の繋がりから考えると、日本と韓国のだけの問題じゃないんだよ。
要するに現在では、先進国どうしで戦争なんて出来ないんだよ。
そしてそれが安全保障上の非常に大事な抑止力になっている。
相手国に対する情念から、戦争をやれとかいうことは非常にナンセンスだし、
危険なことだよ。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 04:14 ID:yo3ppaYI
>>292
竹島奪還ごときでどうやったら大きな戦争になるかの方を教えてもらいたい
ものだ。海軍力の差がでかすぎて、韓国の再奪還なんて絶望的なのに。
それをもとに韓国が日本を経済的に閉め出すなら、日本にとってかすり傷の
韓国にとっての致命傷で、ま、どっちのためにもならんが韓国がそんな
方策取れるとも思えんね。
それとスルーしてもいいんだけど、韓国を先進国なんて本気で思ってるの?w


294 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 09:51 ID:DJ0XcN8O
軍国主義者達のムカツク発言
憲法調査会で飛び出た恐るべき発言。

・「徴兵制は憲法違反だと言ってはばからない人がいますが、国を守ることが意に
  反した奴隷的な苦役だという国は、国家の名に値しない」(自民党:石破茂)

・「日本国民として果たすべき義務は憲法に明記するべき……その具体的例として、
   国民の尊法義務、国を守る義務を」(自民党:松山政司)

・「公務員とか大臣とかには憲法尊重義務というのがある。一般の国民も憲法体制
  を守る義務があるんじゃないか。そこから国の防衛に対する義務が芽生える」(民主党:末松義規)

要するにこのじじいどもは、国民に兵役の義務を負わせ、軍事力を背景とした国家統制の復活を
目論どるわけだな。キサマらそれでも恒久的平和主義である日本国の人間か? まともな教養も
ないくせに、よく国会議員などやってられるよな。マジでぶん殴られねーとわかんねーのかよ、じじい。
利権政治では、あらかじめ決まったところにしか金が回らない。国民の大部分はそれに利用されて
いるだけだ。そういうふざけたことを仕組んでいる奴らが、国民皆兵によって自分たちに都合のいい
社会体制を確固たる物にしようとしている。だが、このまま進めると思うなよ。
http://revolt.cocolog-nifty.com/love/2004/05/post_7.html



295 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 11:14 ID:Ieh+RuvZ
「憲法に国民の義務を明記しろ」などと言う政治家、知識人文化人は例外なくクズですので、
政治家なら選挙で叩き落さねばならないし、知識人文化人なら、罵詈雑言を浴びせなくてはなりません。

なぜなら憲法とは国家権力から国民の権利を保障する為の、国民から国家への命令だからです。

だから憲法には国民の権利のみが書いてあるのです。

国民の義務は、「法律の定めるところにより」課せられているわけで、憲法が義務を課しているわけではないのです。

逆に法律とは権力から国民に対する命令なのです。

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 11:35 ID:acQ1f/YC
>>295
26条2項とか、27条1項とか、国民の義務を規定しているように
見えますが、あれをどう解釈すると「権利のみが書いてある」ことに
なるのですか?

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 12:28 ID:Ieh+RuvZ
296
「法律の定めるところにより」の意味がわからないのですか?ぷw

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 12:40 ID:acQ1f/YC
>>297
> 第二十七条【労働の権利・義務、労働条件の基準、児童酷使の禁止】
> 1 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。

こちらには、「法律の定めるところにより」という文言はないように
見えますが。

ともあれ、297さんは「すべての国民は、法律の定めるところによ
り、国防の義務を負う」という条文なら、憲法に追加することに反対
しないということのようなので、それは大変結構なことです。(爆笑)

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 13:11 ID:Ieh+RuvZ
>298
そうですね。二十七条の条文のみ、国民の義務としての労働を挙げてます。
憲法のスタンダードから言えば、邪道と言われそうですが、この条文は国民の勤労の権利を保障せよという国家への命令であると共に、国民が勤労の義務を負うと自ら宣言する形もとります。
要するに自分達国民への戒めですね。だから政府などが就労しない人を憲法違反だと糾弾する事はできないんですね。
憲法は市民を宛先にしないからです。
だから「すべての国民は法律の定めるところにより国防の義務を負う」という条文が万一追加されたとしても、それだけで政府が国民を徴兵する事はできないんですね。まぁこんな条文が出来るわけないんですがw




300 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 13:18 ID:acQ1f/YC
>>299
徴兵を禁止しているのは、どの条文ですか? 

ところで、第十二条の「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国
民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない」という条文
は、「義務」という言葉は使っていませんが、「国防の義務」を含意し
ているんじゃありませんか?

自衛のための戦争は、国民の主権を保持するための努力の一形態じゃな
いんですか?


301 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 13:25 ID:acQ1f/YC
>>299
それと、「国民が国防の義務を負うと自ら宣言する形」なら反対なさら
ないわけですね?

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 13:54 ID:Ieh+RuvZ
馬鹿を相手にするのは疲れますねww。

やっぱり「法律の定めるところにより」の意味をわかってらっしゃらない・・。
九条を変え、徴兵法を作れば、徴兵できますよ。もちろん反対しますけどね。やってみるのも面白いと思いますよ。
かなりの暴動が起こりそうでw。
「国民が国防の義務を負うと自ら宣言する形」にはもちろん反対しますよ。でもそんな条文が憲法にできても、法律を作らないと国民を縛る事はできないよと言ってるのです。そんな法律はもちろん反対ですけどねw


303 :筑豊人@こがね町:04/05/09 14:00 ID:dsB+OYXc
_______
サヨ必タヒだな


304 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 14:12 ID:acQ1f/YC
>>302
> 馬鹿を相手にするのは疲れますねww。

うまく答えられなくなると、こういうこと言い始める人はネットには
よくいますね。「馬鹿を相手にする」のが嫌なら、なぜ2ちゃんねる
に書き込みなんてするの?(笑)

あなたの頭にあるのは、「憲法=国民から国家への命令、法律=国家
から国民への命令」なんていう、実際には何の効力もない硬直した枠
組みだけだったんですね。(爆笑)

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 14:19 ID:Ieh+RuvZ
>304
硬直した枠組みじゃなくて、マグナカルタ以来、民主国家の憲法の前提で国際常識なんですけど。。(苦笑)


306 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 14:35 ID:acQ1f/YC
>>305
あなたの場合、その枠組みを絶対視して、憲法は国民の義務を規定できな
いなんていうのだから、「硬直」と言われてもしょうがないんじゃない。
人権規定なんかも、すべて「国家の義務」を定めているだけで、国民に対
しては何も命じていないっていうことなるんでしょ? 


307 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 15:28 ID:Ieh+RuvZ
>306
夥しい血を流して絶対王政を倒し、市民革命を成し遂げてできたのが憲法の原型です。だから民主国家では国家の制約から国民の権利を保障する事が憲法の存在理由なのですよ。
国民の義務は「〜をしてはいけない〜をすれば罰を与える」という形の法律体系で国民に課されてます。
国民の義務を増やしたいなら法律を作ればいいだけの話。
歴史を拒否し、真空状態を作って独自の狭義で洗脳していったオウム真理教よろしく、日本という閉鎖空間内で、人類の歴史を否定し、日本独自の憲法を作る道もありますけど、
愛国者の私としては、日本が笑い者になるのは耐えられないのですよw。民主国家としての日本の成熟度を暴露してしまう事になりますからねぇ。民主主義を放棄し、全体主義体制を構築すべしというのがあなたの意見なのでしたら良く分かりますよw理論的にはw

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 15:39 ID:acQ1f/YC
>>306
違いますよ。ただ、「国民の権利の規定=国家の権力の制限」という図
式だけで憲法全体を見ようとするのは、硬直しているといいたいだけ。
現代の憲法には別の側面も認めなくちゃいけません。

日本のような共和国では、国家vs.国民という二項対立の図式だけで
憲法を考えるのがそもそも無理だ、って言ってるんですがねえ。w

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 15:43 ID:acQ1f/YC
>>306
それに、国防の義務を憲法に定めている国って、世界にたくさんあるん
ですが、あなたの考えでは、それらの国は「憲法の存在理由」を理解し
ない馬鹿どもの国なのかな? べつにそれで笑いものになっているとい
う話は聞いたことがありませんが。(笑)

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 17:35 ID:xqGTTh4G
どのような憲法を持つかは、その国の国民のきめごとです。
各国が誇りをもって堂々と掲げればよろしいと思う。
日本人の悲しいところは、自分の主義や理想を無視して、
いつも他所にあるいいものを探していることです。
自分の主張するものが何なのか曖昧なままで、いいものを持って来ようと
する議論は不毛です。
実体験と歴史に基づく平和憲法の理念こそが、世界に主張し得る唯一の
財産なのかもと考えてしまいます。


311 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 17:44 ID:acQ1f/YC
> イタリア憲法 第52条〔兵役義務および軍隊の組織〕
> 1 祖国の防衛は、市民の神聖な義務である。
>
> スイス憲法 第59条〔軍事役務および代替役務〕
> 1 スイス人男性はすべて、軍事役務を遂行する義務を負う。
>
> 大韓民国憲法 第39条〔国防の義務〕
> 1 すベて国民は、法律が定めるところにより、国防の義務を負う。
>
> スペイン憲法 第30条〔国防の権利および義務、良心的兵役拒否〕
> 1 市民は、スペインを防衛する権利および義務を有する。
>
> ロシア連邦憲法 第59条〔兵役の義務〕
> 1 祖国の防衛は、ロシア連邦の市民の責務であり義務である。
以上、http://www5e.biglobe.ne.jp/~kenporin/shiryou/001.htmlより引用。

人類の歴史を否定し、憲法の存在意義を理解せず、民主国家としての成熟度の
低さを暴露し、民主主義を放棄し、全体主義体制を構築している国って、たく
さんあるんですねえ。みんなで笑い者にしましょう。ハハハハハ。



312 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 17:45 ID:yo3ppaYI
>>310

>各国が誇りをもって堂々と掲げればよろしいと思う。

>実体験と歴史に基づく平和憲法の理念こそが、世界に主張し得る唯一の
財産なのかもと考えてしまいます。
      ^^^^

まず藻前から必要なことのようだなw

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 17:48 ID:acQ1f/YC
>>310
それはそうかもしれませんが、「憲法は国民から国家への命令だから、
国民の義務を規定することはできない」などという、「脳内憲法論」
が現実の世界でどの程度妥当性をもっているかを考える際の参考には
なると思います。その意味で外国の例を挙げています。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 18:14 ID:LM8W1BPx
ケンポウ ゴッコ ハ ココ デ イインデスカ?

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 18:17 ID:Ieh+RuvZ
ロシアは言うまでもなく、イタリアとスペインは旧枢軸国だし民主主義の劣等国ばかりじゃないかww
スイスが特殊なのは誰でも知ってるし、韓国の場合は建国時からとなりに敵がいるんだからお国柄でしょう。
特殊な事例だけ言われてもなーww、

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 18:20 ID:ej6gTz/v
>1
別に悪くはないだろう。
ただ、あんまり現実を無視しすぎているってだけの話だろう。
渡り様(立ち回り方)によっては、これでもやってはいけるとは思う。
どの方法でもプラスマイナスはあるだろうが、今”特に憲法9条を改憲。”
と言う(昔からきっとあるにはあるんだろうが)のは結局はアメリカ(ドラ
エモン風に言うとジャイアンが)が
”おい、のびた(日本)。おまえらも軍隊持って俺の分担減らせよな”
って言ってるからでしかないだろうと思う。

九条は確かに尊い精神性なんかがあるのかもしれないが、内実は
”おまえらはあんまり逆らったからもう軍隊はなしにしろ。”
って状況だっただけの産物だと思う。

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 18:26 ID:ej6gTz/v
俺は”実体験と歴史に基づく平和憲法の理念”なんかよりは、
”仕事がないんだよ。食べ物も、金も、ない。自衛隊は仕事をイラクに
もたらすんじゃなかったのか?がっかりだな。”と思っている人間の方
が信用できるよ。

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 18:29 ID:acQ1f/YC
>>315
この人の「脳内憲法論」に合わない憲法を持つ国は、すべて「民主主義の
劣等国」で、「特殊な事例」なのか? ああ、そういえば旧枢軸国のドイ
ツ連邦も基本法で国防の義務を規定していましたね。(w

315さんの主張は、「日本は旧枢軸国ではないし、民主主義の優等国
だから、こんな馬鹿な国々と同じことをしてはならない」かな?(爆笑)


319 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 18:34 ID:BNZI38od
憲法以前に、社会動物が自分の属している組織を防衛しようと
いうのは、なかば本能だよね。

今の日本は地政学的に徴兵制を必要としないだけの話。それを
自らの「尊い平和への想いによって徴兵制を退けたかのように
話す人の常識を疑ってしまう。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 18:36 ID:acQ1f/YC
9条の戦争放棄は、文字通り解釈したら、憲法の他の部分と矛盾してい
るんですよ。侵略に抗して国を守ってはならないというのでは、憲法が
規定する国民の主権は、外国の軍隊が攻めてきたら守らなくていい、放
棄せよと言っているのに等しいんですから。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 18:42 ID:acQ1f/YC
それとも、「軍隊ではなく自衛隊だから合憲」という理屈が通るのだから、
「戦争ではなく紛争だから合憲」なんて理屈でいいのかな? 「宣戦布告さ
えしなければ、戦争じゃなくて紛争だ」っていまの国際法でも言えるのかな?

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 18:44 ID:yo3ppaYI
>>320
ソダネ。その矛盾を憲法解釈でグダグダにするからややこしくなってるわけで。
今更原文通りに直すことなんてもう無理なんだから、改憲してしまう方が
法治国家としてはいいんじゃないかな。憲法・法律があってもそれが正しく
遵守されない方が問題が大きい。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 18:52 ID:BNZI38od
一番いけないのは憲法を石版に刻まれた十戒のごとく
絶対的に神聖不可触なものとして扱うことだろうね。

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 18:57 ID:Ieh+RuvZ
>318
実はおっしゃる通りなんですよ。日本のような旧枢軸国は余程自覚していないと、政治権力が肥大する傾向がある。
市民革命を経ずに、自由と民主主義を「押し付けられた」日本は、戦後、外交と安全保障をアメリカに依存してきて思考停止状態が続いて、冷戦の崩壊とバブル崩壊に始まる国内不安の煽りで、一気に針が右に振れてきたわけですよ。
だから日本は民主主義の三流国であると自覚してるから、あえて原則的憲法論をかましてる次第であります。

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 19:13 ID:BNZI38od
三流の民主主義とは、「神聖なる憲法」のまえにひざまづき、
これを偶像のようにあがめる態度のことを言うと思うね。
市民がみずから行動の主体となって、変えるべき物は変えていく
という姿勢を見せて初めて三流を脱することができる。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 19:23 ID:ej6gTz/v
別に三流でいいぜ。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 19:25 ID:Ieh+RuvZ
日本の「市民」のレベルが低いから改憲を危惧するんだよ。

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 19:30 ID:ZeU684d2
国際紛争が起こるたびに、毎度おなじみの神学論争が始まります。
自衛隊は違憲だ!とかなんとか。



329 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 20:30 ID:m+HJUBKi
単純な話。民間旅客機がテロリストに乗っ取られたとする。
乗客が200人弱。その飛行機が7万人近くの観客が入った
横浜国際総合競技場に突っ込もうと飛行している。
これを現憲法下では撃ち落とすことができないんだぜ。
苦渋の決断だろうが国家ならいかに犠牲者が少なくなるか
考えるべきで200人の命が大事だと7万人を見殺しにはできないだろう。

侵略戦争の放棄など当然としてそこら辺だけは改正しなければ
国を守れない。変に政治利用せずにそういう国民の安全も守れない
世界の非常識だけは変えてもらいたい。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 20:38 ID:8bEKZ/bx
要するに>>324は日本の大衆は愚民で、自分と米英仏中(くらいかな)の国民はレベルの高い市民と考える
レイシストですな。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 20:57 ID:ej6gTz/v
民主主義なんか、結構ましなタイプにすぎないよ。
そこで真の民主主義とか、「市民」のレベルなんて言い出すから現実から
離れてちゃうんだよ。
人間は糞もするし、sexもするし、喧嘩もするし、嘘もつくし、誰かをだましたりも
するし、戦争もするし、犯罪もするし、善だったり悪だったりもする。
って思ってりゃあ間違いないよ。6流ぐらいで現実的なんかなって気がするくらいだ。


332 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 21:08 ID:xqGTTh4G
今の憲法は
今の日本人には高級過ぎる
今の日本人に丁度好いのは
韓国やそこいらの国のもの。

実情にそぐわないってことは
憲法が守られてないだけのこと。

守れる憲法を求めて改定を続ければいい
最後には無い方がいいということになる。



333 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 21:38 ID:jYvNS/2n
>>324
あなたの意見は、いかにも英米仏人が言いそうなことだな。あなたの考える
典型的な市民革命なんて、その3国以外に起こってるかね? そういう風に
外国人の視点からの意見をそのまま受け入れてしまうことこそが、思考停止
の典型なんだがなあ。

それに、「旧枢軸国は・・・・・・」なんていうのは、それぞれの国の国民にほと
んど変わらない「国民性」があるということを根拠にしなければいえないこ
とだが、そんなものはないと思うね。

あなたの言っていることは、「アメリカ合衆国は市民革命を経て成熟した民
主主義国だから、侵略などするわけがない」と主張するのと同じレベルの妄
想だよ。そんなあなたが、自分だけ高いレベルにいるつもりなのかどうか知
らないが、「日本の『市民』のレベル」を云々するのは、滑稽だなあ。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 22:07 ID:iINu0Erw
>>315
イタリアが民主主義の劣等国??バカジャネーノ
旧枢軸国は余程自覚していないと政治権力が肥大する傾向がある??
手に負えないよ。ヴァカにも程がある。
旧枢軸国のイタリア社会と、光り輝く旧連合国フランス社会の
政治権力の強さを比較汁。アフォ。

19世紀からの西洋史しか見ていない近視眼的な
近代フランスマンセー厨、近代アメリカマンセー厨の言いそうなことだw

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 22:46 ID:IF/+wFSh
>イタリアが民主主義の劣等国
ベルルスコーニは弁護しようが無いと思うがなあ

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 23:01 ID:TsRo0uVo
>>335
ブッシュが大統領になったアメリカはどうですか?

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 23:23 ID:BNZI38od
すくなくともアメリカは一度も独裁者を出していないからな。
その点は悪くない。

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 23:24 ID:TsRo0uVo
日本も、明治以降は独裁者と呼べるほどの政治的なリーダーを出してい
ないと思うけど。

339 :9条があると:04/05/10 00:26 ID:bPzOX0/k
某国が日本に対し軍事行動を開始
   ↓
自衛隊出動なんとか迎撃
   ↓
憲法第9条に縛られ空母も空中給油機もないので
それ以上のことはできない
   ↓
某国第2次攻撃開始
   :
   :
以下他国が介入するまで繰り返す
その間日本は被害を被り続けることになる

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/10 04:30 ID:TYePTJt4
とりあえず、自衛隊ではなく日本軍に名前を変えよう!
いま、イラクで頑張っている人たちも中途半端な立場では不安で仕方ない
じゃないの??

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/10 04:43 ID:/1zqqS2m
>>340
自衛隊って言ってるのは日本だけで国際的には日本軍ってなってるから
護憲サヨを誤魔化すために今のままでいいんじゃないの?

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/10 04:45 ID:KNq0LhBW
↑アホ?

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/10 04:47 ID:TYePTJt4
>>341

まあ、そおだけど今の中途半端な位置では現場の人たちが一番かわいそうだ。
軍として、日本のために、家族のために頑張ってもらいたい。

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/10 05:13 ID:KNq0LhBW
軍備拡張の金は? 増税しかないかい?
財政赤字で公共投資拡大路線かい。
だがこればっかりは消費に直結しないな。
戦前の財政政策と同じになりそうだが、
兵器輸出で外貨を稼がないと、まわらないな。
だけど、これからは軍需成金が日本人とは限らないな。
日本の兵器関連企業の外人持株比率に注意しとこうよ。
じりじり増えて、気が付いたら三菱グループのオーナーは、
米ユダヤ系ってことになってるかもな。
国産でやっても米産でやっても、吸い上げられる仕掛けに
なってる気がするよ。

345 :九条、改正すべし:04/05/10 14:08 ID:HhANPyO/

憲法九条とは何であろうか?

日本の国防方針(姿勢)を説明した唯一の条文だ。
中身が何かといえば→「平和達成を戦争放棄に拠り実現する」旨だ。

まさか、「戦争しないよ宣言」さえしとけば他国が侵略してくる事はない’
と信じるバカはいるまい。九条は基本的にノー天気な国防論理なのだ。
無防備が国防にならぬ位アホでもわかる。だから自衛隊を創設した。

国民の命を守るのが国の第一義務だという事を考えれば当然だ。
それでも、核や大陸間ミサイル保有国に取り囲まれる中では、
日本国民の命を必ず’守れるという確信に至るはずもない。

そこで、さらなる安全確保策として、将来の侵略防止には国連が有効
であろう’とは考えつつも「国連の態勢=不十分かつ見通し不明」ゆえ、
それまで米国との安全保障体制を基調(日米安保)’として最悪事態
に備える判断をとった。国家運営にリスク・マネージメントは欠かせない。

国民の命を守るのに「もう十分」は無く、確信を持てるまで手を打つのは
国の責任であり、この選択も決して非難される事ではない。
手を結んだ先が中・ソでなく米であった点も、日本が民主主義/自由経済
路線を選んで国家運営をおし進めている以上、当然の選択だった。
 国民の多く’が、一党独裁/共産主義(中・ソ)を良しとしなかった’の
だから、それ以上の選択肢はなかった、と言っていいだろう。
あったところで、いまさらどうなるモンでもないが。        (^-^) ニコっ

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 00:43 ID:YSQmb0vB
345の理屈でいくと現憲法を改正する必要は無い。
なぜなら現憲法下で345の言うようなことは実現されているから。

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 01:52 ID:gdn9Rko3
冷静に考えると、こう考えるのが普通だよな。


「非武装中立が理想」 民主党 水島広子
http://www.mizu.cx/opinion/op006.html
「武力で抵抗するのと、無抵抗で降伏するのと、どちらが犠牲が少ないかを
検証すべき」という私の意見に対して、賛同と励ましのお便りに混じって、
「降伏するのは腰抜けだ」「降伏したら家族が守れない」「降伏した国が
過去にどうなったか勉強したことがあるのか」などの批判が寄せられました。
でも、本当にそれが「腰抜け」「家族が守れない」態度なのでしょうか。
 国際関係はゲームではありません。常に、自分の国の尊厳を守り安全を
考えていくべき政治家は、観念論を述べている余裕はなく、その時その時で、
厳しい選択を迫られます。「戦うのと戦わないのとどちらが国を守れるのか?」
を考えるのは腰抜けどころが非常に勇気のいる選択であり、高度な戦略と
言えます。例えば、日本は太平洋戦争を「無条件降伏」という形で終結させました。
遅すぎたとはいえ、あの降伏の判断は適切であり、それが「腰抜け」だとは
思いません。あのまま武力による抵抗を続けていても神風が吹くという保証は
ありません。降伏した結果、日本は守られましたが、あのまま抵抗を続けて
いたら、日本はどうなっていたか分かりません。

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 03:13 ID:D9Przwo5
>>347
水島なんて引き合いに出してどうすんだよ。
水島は自分の精神分析をやってみる必要があるんじゃない。


349 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 03:33 ID:zw5NtVad
>「武力で抵抗するのと、無抵抗で降伏するのと、どちらが犠牲が少ないかを
>検証すべき」

イギリスはナチスに降伏すれば、「犠牲」もほとんどなかっただろうなw
ただ別の大きな「犠牲」を払うこととなっただろうが。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 04:58 ID:z2/benSc
>>349
同意します。

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 05:17 ID:cowtkYP5
>>349
同意します。
ついでにアメリカもナチスに降伏すれば、
「犠牲」もほとんどなかっただろうな(抱腹絶倒 !! )

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 05:27 ID:vtJqA2JG
>>347
>例えば、日本は太平洋戦争を「無条件降伏」という形で終結させました。
遅すぎたとはいえ、あの降伏の判断は適切であり、それが「腰抜け」だとは
思いません。あのまま武力による抵抗を続けていても神風が吹くという保証は
ありません。降伏した結果、日本は守られましたが、あのまま抵抗を続けて
いたら、日本はどうなっていたか分かりません。

降伏した相手が米だったから日本は守られた。と言いたいのですね。



353 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 06:34 ID:it7k2ckd
>>347
この人電波発しすぎだな
言葉による解決なんていってるが
拉致問題で何十年間も相手にされずほったらかしにされ
今でも解決が難航しあげく見返りに金まで要求されてるのをどう説明するんだ

拉致されたのが米国人だったら
アメリカは艦隊を率いてプレッシャーかけて
すぐに取り戻しただろう

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 07:01 ID:wx1q4p3S
共産主義=みんな平等で貧富の格差がなく、争いもない平和な世界を築こうと
する思想。

どこが悪いかわかるかな?

能力に秀でたものを抑圧し、劣ったものを優遇する。つまり差別主義。


355 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 10:19 ID:Pr49QB5A
>>347
例えば、町を歩いていて、刃物を付きけられて「金を出せ」と言われた時、

 ・大人しく持っている小銭を差し出すのか
 ・自分も刃物を携帯していて戦うのか?

どっちが得かって話しと同じだな。被害が少ないかって話だな。

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 11:29 ID:wx1q4p3S
>355
違うとおもうけど…

>例えば、町を歩いていて、刃物を付きけられて「金を出せ」と言われた時、

> ・大人しく持っている小銭を差し出すのか
> ・自分も刃物を携帯していて戦うのか?

ではなくて

町を歩いていて、刃物を付きけられて「金を出せ」と言われた時

・警官が駐留し、法整備が整った街か
・警官が存在せず、犯罪をおこしても、事実上放置の街。


どちらが犯罪を起こしにくくするかあきらか。

というか水島の内容は、つきつめると、どのような理不尽な要求も呑むこと、を前提としているぞ。
それこそ、虐殺されても、文句をいわないという姿勢。

というように、水島の論弁は微妙に論点がくるっているよに思えるが。
非武装中立と降伏することは違うぞ…

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 11:52 ID:Pr49QB5A
>>356
違わないと思うけど。
ちなみに、現在、あるいはこの先、国際社会は以下のどっちに近い状況だと認識している?

 (1)警官が駐留し、法整備が整った街か
 (2)警官が存在せず、犯罪をおこしても、事実上放置の街。


358 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 11:58 ID:Pr49QB5A
>>356
>>というか水島の内容は、つきつめると、どのような理不尽な要求も呑むこと、を前提としているぞ

違うと思うけど。

それぞれ、どの程度の被害が想定されるかだとおもうけど。
小銭を取られる程度なのか、争って命を落としてしまうか。

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 12:12 ID:zw5NtVad
非武装中立とは、例えば尖閣や対馬を武力で強奪されても、
 1.非武装なので反撃も抵抗もできない
 2.中立なので誰にも助けをもとめられない
ということだ。まあ尖閣や対馬程度で済めば良いがな。

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 12:20 ID:Pr49QB5A
>>359
かってな思い込み。特に2.

ちなみに、非武装中立については、語弊があるということで、
水島も取り消していたね。


361 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 12:25 ID:Pr49QB5A
>>359
>>2.中立なので誰にも助けをもとめられない

あれだな、『支持政党無し』って人は、警察に助けを求めちゃいけないんだな(笑

362 :waza_fire:04/05/17 12:26 ID:RwJPJmvm
永世中立宣言してスイスのように自国を防衛する軍事力を持てばいい。近くに脅威がある以上、非武装はあまりに非現実的。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 12:38 ID:jAp8HIqD
悪いのは高遠兄弟と3馬鹿

364 :今井だ!:04/05/17 12:59 ID:hAsEGNiL
 俺はテロに屈しない!

イラクに滅私奉公の精神で鬼畜米英の犯罪を萬世に知らしめすのだ!

 撤退は敗北だ!三人五人、また再びイラクに挺身進撃、遊撃戦を観光する。

勝利か死、これ以外の選択はない。


365 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 14:46 ID:r402MaBw
自殺用の核兵器って絶対必要だよね。
一瞬にして楽に死ねるから持つべきですね。

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 16:29 ID:zw5NtVad
>>360
>かってな思い込み。特に2.

おまえは何故スイスが国民皆兵制なのか考えたことがあるのか?
なぜ一家に一台自動小銃があるのか知っているのか?
中立を守る為だ。よそに助けを求めたら、軍事同盟をむすぶ
ことになることくらい分からんのか?

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 17:04 ID:HhsEgRsM
きっとこう言いたいのだろう。
「だって国連(ry

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 22:21 ID:Y8lqhkdJ
確かスイスが永世中立なのはスイス人は3ヶ国語話すからだそうだな。
ドイツ語とスイス語?とあとなんかだっけ(詳しく知らん
戦争がおきたときに他国に参戦すると、その国の言葉を話す国民が混乱をおこすからだ。
だから永世中立なんだな。

>>361
あれだな、『支持政党無し』って人は、警察に助けを求めちゃいけないんだな(笑

警察は国家権力だから関係なくない?
国家はいかなる国民でも守る義務がある。
そして国家は警察権力を駆使して犯罪者を駆逐する。それが国家であり警察だな。

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 22:29 ID:71oftyfI
まあ、今の世界で、日本が強力な軍事力を持っても意味が無いわけで、
現在の憲法を、改正する姿勢を見せつつも温存して、これを縦にアメリカ
からの武器購入圧力を上手くかわしていくのが一番賢いわけで。

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 22:33 ID:Y8lqhkdJ
んー でも日本の武器技術向上は今からでも遅いがやっておいて損はないな。
あとロケット開発にもおしみなく金をかけてほしい。
航空宇宙産業は宇宙開発、防衛技術に役立つからな。
宇宙開発をしやすくするためにも、国際社会で発言権を確保するためにも憲法改正は必要なわけで。
でもぶっちゃけ発言権もってもアメリカの言いなりだけど(www

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 22:36 ID:71oftyfI

日本でも個人の銃器などの所持を禁止して、警察官などに治安の維持を一
任しています。各人が武器を持つより、その方が共同体の安定につながり、
自ら生存確率が高くなると考える人が大多数を占めるからでしょう。

全世界を共同体と見たときも、上記のような考え方をする人間、各国が武力
を保持するよりも国連などで一元管理した方が自らの属する共同体が安定
し自らの生存確率も高まる、と考える人間が大多数を占めるようになれば、
やがて世界はそのように変わる可能性もあるでしょう。

その前に、アメリカを中心とする欧米諸国による「刀狩り」で、強制的にそう
なるかもしれませんが。まあ、共同体の成り立ちというのは、時の権力者に
よる武力の管理から始まるものですから、それはそれで自然な流れなので
しょう。人間の行動パターンなんて、集団の規模やレベルが変わっても、所
詮は 同じなんですよ。

「刀狩り」前夜に、高い刀を購入することにならなければ良いんですが・・、



372 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 22:38 ID:Y8lqhkdJ
>>371 それは難しいっしょ。民族対立やなんかがあるし。あと宗教関係。
     宗教と民族は戦争から切り離せない。

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 22:42 ID:71oftyfI
>>372
そんなもの、大きな力の前には無力だと思うよ。
今のイラクを見れば判ると思うが。大きな力の前
には屈服して、裸で四つん這いになるしかない。

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 22:45 ID:Y8lqhkdJ
>>374
テロが起こってるよ。大きな力にでも宗教者はためらうことなく反撃してくる。
屈服してりゃイラクなんざとっくの昔にイラク人治安部隊があちこちにいるだろ。

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 22:51 ID:71oftyfI
>>374

”ささいな小競り合い” ですね

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 22:55 ID:71oftyfI

まあ、大きな流れは変わらんよ。

今の世界を、戦国末期の日本に例えると、

 将軍家:アメリカ
 紀州家:イギリス
 尾張家:フランス
 水戸家:カナダ
 一橋家:日本(加賀?)
 清水家:韓国
 田安家:台湾
 仙台:ドイツ
 薩摩:中国(琉球=北朝鮮)
 長州:ロシア
 越前:イタリア
 会津:オーストラリア
 彦根:イスラエル

今、逆らったら「改易」になってまう。
200年くらい辛抱しよう。



377 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 22:57 ID:Y8lqhkdJ
あんだけ支援して外様かよ(笑)

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/17 23:03 ID:71oftyfI
>>377
黄色人種はつらいね(笑

379 :右派中道君:04/05/17 23:08 ID:VtQCgNl1
憲法九条にはメリットが少なくてデメリットの方が多い。
例え軍国主義に走って侵略行為に走ったとしても、
侵略者になるだけだから侵略の恐怖に苛まれる事はない。
しかし九条の場合は自らが侵略する側に立つのではなく、
侵略を受ける側に立つと言う側面も含まれているから、是ほどまでに危険なことはない。
国際協調を日本だけが謳った所で殆ど無意味。
結局米国も中国もロシアも半島も自国の事だけしか考えておらず
他国と歩調を合わしてやろうと言う気は全くない。
侵略をする側、つまり加害者になるか、
侵略をされる側、つまり被害者になるかで考えた場合、
圧倒的前者の側に立った方がよいと考えますが。

泣き寝入りしてからは全てが遅い。
被害者になる位なら加害者になった方がいい。

380 :右派中道君:04/05/17 23:18 ID:VtQCgNl1
憲法九条がある限り千島列島も竹島も尖閣諸島も返ってこない。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/18 00:00 ID:yyMhi57m
憲法九条があったから竹島や尖閣諸島だけで済んだといえる。

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/18 00:48 ID:Pk/J499q
今のテロを甘くみるとマズイんじゃないの?今の事態は911が引き起こしている訳
だし、今後もあらゆる手段を使ってアメリカと同盟国に被害を及ぼしてくるだろう。
日本はアメリカとは距離をとるべきで、その為にも9条は死守すべき。

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/18 00:58 ID:aIE4O5BL
>>382
アメリカと、と言うより、ブッシュとね。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/18 01:12 ID:KwCtp7gM
>>380>>381
個人的に、憲法9条の存在と領土問題はまるで関係ないような気がする。
北方領土はともかく竹島や尖閣諸島に関しては
政治家と外交官が馬鹿だから今の状態になったとしか思えない。

ボクは改憲論者だが、
軍事力を正式に持ったとしても今の政治家の馬鹿ぶりだったらないほうがマシ。
米軍にいいようにこき使われて死人が増えるだけ。
そしてその政治家を支えてるのが我々国民。
政治家の質は国民の質に比例する。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/18 01:19 ID:fV7GaAPW
改正しても竹島とかに乗りこむ気はみんな・・・ないだろうな。
ぶっちゃけあんまり変らない気がする。

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/18 01:20 ID:aIE4O5BL
>>384
俺も、今の憲法は問題点が多いとは思うけど、
だからといって、『今の政治家』にいじってもら
いたいとは思わない。どうせ、おかしな折衷案
だらけで、さらに問題点を増やすのが関の山。

改憲に関するアンケートも、
・今の政治家に憲法をいじって欲しいですか?
という一項目を加えると、だいぶ違う結果になるだろう

政治家も、憲法を語りたいなら、政治不信を解消して
せめて投票率が7割を超えるようになってから言え。


387 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/18 03:20 ID:ZhYqPWF0
まあとりあえず政治家のせいにすれば、大衆は気が楽だわな。


388 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/18 03:47 ID:VZx7mMuM
まったくそのとおり。誰も言わないことを言ってくれたね。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/18 04:05 ID:/+vDli4b
憲法改正するより自分達に都合がいいように拡大解釈してる奴等をどうにかした方が
日本のためにはいい選択だと思う

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/18 23:02 ID:g0nTKpz/
>>386
そうか、改憲にいまいち乗り気になれなかったのそのせいか。
ようやく判ったよ。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/19 00:32 ID:kxchTO/T
危険地帯に派遣協力できる組織といえば日本の場合自衛隊ぐらい。
しかし憲法九条があるために自衛隊を出せない。
だから今まで防衛手段をもたない民間の企業や活動家、外務省の役人が命がけで支援活動していた。
別に戦争するのが目的で廃止したいわけではないと思う。
憲法改正は国民投票が必要だから歴代の政治家も政治生命がかかっている以上あえて避けてきた。
憲法改正ってかなり大変なんですよ。


392 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/19 01:22 ID:2ZKP+zsQ
>>391
> だから今まで防衛手段をもたない民間の企業や活動家、外務省の役人が命がけで支援活動していた。

どこの国でも、危険地域or戦乱地域になれば、民間企業や大使館も引き上げるのが普通。
下手にNGO等に防衛手段として自衛隊を付ければ、正規軍隊と不可分と見做されて
返って戦乱に巻き込まれて命を狙われる。

湾岸戦争でも、そうだが、特に日本の民間企業は欧米に比べて危機意識が低く、現地の
サービスを最後まで提供しようとして、孤立してしまった。トルコの政府専用機で
救出してもらったりしたのよ。

要は危険地域になる前にチャッチャと帰国しろってことだ。自衛隊派遣すれば
現地の文民が安全と思うこと自体間違い。

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/19 21:24 ID:TAGIXBh1
激しく同意↓

386 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:04/05/18 01:20 ID:aIE4O5BL
>>384
俺も、今の憲法は問題点が多いとは思うけど、
だからといって、『今の政治家』にいじってもら
いたいとは思わない。どうせ、おかしな折衷案
だらけで、さらに問題点を増やすのが関の山。

改憲に関するアンケートも、
・今の政治家に憲法をいじって欲しいですか?
という一項目を加えると、だいぶ違う結果になるだろう

政治家も、憲法を語りたいなら、政治不信を解消して
せめて投票率が7割を超えるようになってから言え。



394 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/20 03:33 ID:ilS8G4MI
>『今の政治家』にいじってもら
>いたいとは思わない。

これは甚だ同意なんだが、一応、自民党だけでなく、民主党も
公明も改憲しろってのが主流。

改憲無しの主張なら大手ならせいぜい社会党や日本共産党に
なるんだが、ぶっちゃけそういうとこに投票してるかい?皆さん。

政策の違いわからんからって無難に自民とか入れてません?
自民も民主も事実上の派閥争いみたいな総保守化現象の中で
政策の違いなんて無いんだから。

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/20 15:39 ID:I/eUuqf7
自民と民主は二大政党制どころか翼賛体制だな。
実際、どんなヤバイ法案でも通ってしまってる。
社民党と共産党にがんばってもらうしかないな。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/20 16:53 ID:7MJfYiIB
>>395
妄想が激しいが、どしたの?

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/20 19:38 ID:2tvKgGve
社民党と共産党には、何も期待していない。
新左翼として生まれ変わる時期を逸した化石にすぎない。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/21 00:48 ID:pAY6/F4W
妄想じゃなくて現実。
社民、共産には憲法改悪反対という点で期待している。

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/21 03:45 ID:2At8FIZs
>>398
日米安保破棄をうたってるが、お望みどおり、
あした破棄したとして、
そのあと、ど〜すんだ?

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/21 03:58 ID:CBuRNoXu
やっぱ共産党ってJRを国鉄に戻したいの?

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/21 07:13 ID:+hPpEDBr
>『今の政治家』にいじってもら
>いたいとは思わない。

改憲は反対だがもう誰にも支持されなくなったサヨクが最後に使う言葉
そんな事言ってたら何百年たっても改憲できないっつーの

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/21 08:28 ID:+erL2uvn
>>401
そうだろうね。
今の政治家、つまりは日本人に憲法を改正するだけの実力が無いってことだね。
今の政治の混乱振りをみればわかるでしょ。謙虚に自分の実力を知ることだよ。

「憲法を変える」ことそれ自体が目的なのではない。「憲法を改良」できなければ
意味がない。

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/21 08:43 ID:2C6BLbWW
>>402
まるで憲法教の信者だな
日本人によって日本人の憲法を作ろうじゃなくて
憲法に日本人を合わせようって発想だ

政治の混乱なんてどこの国でも起こってる
それらの国では自分で憲法作っちゃいけないのか?

404 :スーパー朝鮮人:04/05/21 09:03 ID:tzBY7YVg
にぽんじんのパカタレが

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/21 09:41 ID:mSlPkbdd
>>402
「改良」を言うためには、良し悪しの基準がなければならない。
憲法の良し悪しを言う基準は何だ?

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/21 10:01 ID:eTkalOID
>>405
尤もなご指摘だ
名実ともにするということがとりあえず良だと思う
自衛隊が日本軍という名称で構わないとするならば天皇制廃止も理にかなっている
が、新語が溢れてくる日本にとって言葉だけの決まりごとなんてどうにでもなる気がする

407 :392,394:04/05/21 10:03 ID:YssDA54u
>402

405に同意。
"改良"自体に価値観の違いがあるのに。それに
憲法を変えるとき、改悪だろうが改良だろうが
変える当の国会議員は
「国民のために」
「改良」
「憲法を現代の流れに沿って役立てる」
なんていうわけですが。

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/21 13:57 ID:VJY9h26D
今の永田町の九条改憲論の骨子は、一項は残して、二項を変えて自衛権明記するんだと。
集団的自衛権については、特に書かなくても、当然の事として捉えるようだ。
あと国際貢献などにも言及する可能性あり。
自衛隊の現実戦力と九条がこれだけ乖離していて、自衛隊廃止が非現実だから九条改定は反対はしない。
しかし、道路交通法や風営法などを挙げるまでもなく、法文の意味とその運用実態が異なる事に違和感をあまり感じない日本的土壌での改憲は慎重さを要する。
つまり、自衛権とは何か、個別的、集団的自衛権の定義など、ぼかしてしまえば、またぞろ限りない解釈改憲が行われ、事実上、憲法などあって無きがごとくなるのではないか?
個別的自衛権については、こちらからの先制攻撃を容認するのか、敵国内まで自衛隊が進入できるのか、それとも専守防衛、日本国内での戦闘に徹するのか明確にすべきだ。でないと有事のときに混乱するだけだ。
集団的自衛権については、事実上アメリカの戦争への参加を意味するが、国連決議のあるものに限るべきか、それとも一蓮托生でいくのか、それによって高まるリスクにどう対処するのか、きちんと説明してもらいたいものだ。




409 :392,394,407:04/05/21 18:29 ID:6zXPh2BU
408がホント非の打ち所の無い意見ていうのは
思うけど、ここのおバカさん相手にそれすると
スレッドの勢い止まるんだよね。
 私もよく止めてしまうのだ。

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/21 20:56 ID:9JzXjJww
>>368
遅くなってすまんすまん。

>ドイツ語とスイス語?とあとなんかだっけ(詳しく知らん

スイス語……。ppp
どんな言語だ?
ひょっとしてロマンシュ語ってやつのこと?
ドイツ語・イタリア語・フランス語でしょ。
あと、
>戦争がおきたときに他国に参戦すると、その国の言葉を話す国民が混乱をおこすからだ。
>だから永世中立なんだな。
って事だったら、カナダはどうなの?
他にもたくさんあるから、永世中立国家もたくさんあるんだろうね。

駄目だよ、ちょっとググれば解る事なんだから、いい加減な事言っちゃ。

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/21 23:09 ID:fFV3ClaY
>>393
現実を冷静にみると、確かにそうだな。
安心して任せられる政治家がいないと、改憲論議も机上の空論になっていしまう。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/21 23:13 ID:fFV3ClaY
>>394
>>これは甚だ同意なんだが、一応、自民党だけでなく、民主党も
>>公明も改憲しろってのが主流。

どの党も頼りないじゃん(笑。

それに改憲の方向性もバラバラで、自民、公明、民主との間で
妥協に妥協を重ねて、奇天烈な憲法が出来上がるのは目に見えている。

ちなみに、俺は憲法改正自体には賛成。
ただ、確かに、今の政治家に任せる気にはなれんな。

413 :正義の見方:04/05/23 14:25 ID:2Jy+5FhV
憲法9条はどう斜め読みしても軍隊は持てないことになってるわけで、軍隊を
自衛隊と名前を変えて呼ぶのは欺瞞なんです。自衛隊が合憲だという人たち
はサギをカラスと呼んでいるだけで、実体を無視しているのです。憲法だって
人間が書いたものだから極端にいえば全く逆の解釈もできるのであり、自衛
隊が合憲なら海外派兵も合憲になる。なぜなら自衛隊は軍隊じゃないから外
交手段に使おうが、侵略に使おうが自由なことになります。
憲法を尊重するなら誰が読んでも誤解されないように軍隊を持てるようにす
ればいいんです。その上で軍隊の出動に歯止めをかける、自衛に徹すれば
いいわけで、軍隊だから空母も攻撃機ももてるようにすればいいのです。
ふたこと目には個人の人権、決定権をわめくくせに、国家の自存自立権や生
存権に否定的なのは二重規範であり、大人の論理ではないのです。

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/23 14:31 ID:hRnaWFH0
そうだ!憲法9条は改正しよう!
国民投票でも何でもやれば良い!
俺は本当にそう思う!!

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/23 22:51 ID:52dNDXMb
>>413
青いねぇ〜(w。


416 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/23 22:54 ID:52dNDXMb
>>414
で、「自衛隊は現憲法の元では違憲だから」というシナリオのもと
国民投票にかけて、万が一否決、もしくは有効投票率に満たなか
った場合(これが一番確率たかそう)、自衛隊は廃止するわけか?

417 :正義の見方:04/05/24 09:44 ID:80L8md41
>>218
> 国家と国民は別ものだ。戦争をするのは国家だが、戦争の犠牲になるのは国民だ。
共産党というのは一党独裁だから国家より党が優先するわけです。しかし国民国家と
いうのは国民が集まって国民によってつくられたもので、国家=国民なのです。共産国
は国民の意思に関係なく戦争でも収容所でもなんでもやり放題だが、民主国家は指導
者を国民が選出するから、国民の支持を失った指導者は地位を追われます。そぉが共
産国家と180度違うのです。
憲法9条があるから日本の平和が保たれたというのは真っ赤なウソです。日米安保が
あったからです。憲法9条があるのに中国、北朝鮮は日本を軍国主義国家だといいつ
のります。憲法なんて関係ないのです。
虚構を現実といいはる共産党こそ二十世紀の異物、ごみでしょう。


418 :正義の見方:04/05/25 15:17 ID:+rwX566q
>>415
>青いねぇ〜(w。
腹黒いねぇー(pu

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/25 15:56 ID:+QiKw5mh
現行憲法の何が問題か?
考えるに改正憲法も時代や周辺の環境により大いに陳腐化する。
その時々に改正できないから憲法解釈論を振り回すことになる。

前の方の発言で、曖昧な解釈が出来る現行憲法はいかんと書かれているが、
憲法を具体的に書くことは難しい。
これは国家の理念なのだから結局具体的には各々の事象に関する法律制度を
整備するしかないと考える。
即ち今と何が違うのか。

要するに改憲論を邪推すると
@軍隊を持ちたい
A軍隊を使えるようにしたい
Bちょっとでも挑発したら軍隊を出す
C軍隊の活動に支障のない国家をつくる
D軍隊で効果が無い場合は核も持ちたい、行使できるようにしたい

こういうことですかね?

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/25 16:09 ID:+W5ByEXI
>>1

結局、日本にマネする国が居なかったって点。

421 :正義の見方:04/05/26 14:22 ID:WLQcg2de
>>419
>要するに改憲論を邪推すると
自分でいっちゃ世話ないが、書かれていることは邪推というより、こじつけだよ。
改憲論というのはなにも憲法改正して戦争しようなんてことじゃないんだ。この
憲法のまやかしが戦後日本人の精神衛生に非常な悪影響を与えつづけた、
現実を直視できない虚構に逃げ込む国民性を育て上げた、そういう自主性の
ない幼児的思考から抜け出そうということなのです。
外国へ軍隊を派遣することにたとい憲法にいかに規定されていようが反対する
なら反対すればいいのです、それを憲法違反だから反対というのは思考停止
でしょう。そういうことを平気でいう、そういう欺瞞に心ある人たちは辟易している
のです。
刑法があるから犯罪は減りますか?そんなことないでしょう。犯罪を犯す人間
は刑法があろうがどんな罰則があろうが犯すんです。紙に書いた文章なんて何
の役にも立たない、それは虚構だからです。
憲法改正は単なる字句の問題ではないのです。国民が自立するかどうか、そこ
にかかる重要問題なのです。

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/26 14:29 ID:997VVaj9
とにかく気に入らない国を攻撃できないんじゃしょうがないと思う人が
増えてますから・・そろそろでしょう。

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/26 16:19 ID:QJolLGxq
日本人の「平和」とは戦争ではない状態のことですが・・・
欧米人の「平和」とは、「敵が存在しないこと」なのである。

カントの「永久平和論」=敵を抹殺することで実現する理想である。
(危険思想の本質を感じ取っていただけるだろうか?)
従って、ヒトラー曰く「自由と平和は天から降ってこないのだ!!」

 戦争とは国家による「特別な強制執行」である。(国際法上の定義として)

敵の存在を容認し、地球上で相互共存することで我らの安全を確保しようと決意しちゃった・・・・
日本と違い米国の場合はまさしく「平和主義行動」を実行している。

「自由」とは自己の利益ために何をしてもいいことで、これを正当化する言葉が
「権利」である。



424 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/26 17:10 ID:chjuN4xf
>421
>自分でいっちゃ世話ないが、書かれていることは邪推というより、こじつけだよ。

しかし、改憲論の多くは軍備保持・増強・行使の規定を明確化することばかりの論議に
腐心しており、それら最終手段をとるまでのスキームをどうするか、シビリアンコントロール
など国民を足蹴にするような官僚的軍組織にしていかない為の考えを並行して持たねば
ならないのだと言う話が殆ど出てこない現在、要するに今賑やかに改憲を唱える人々は
「邪推」の通りでありこじつけには思えないが。

さもなくば本当に思考停止状態に至っているのかもしれない。
その結果、少しばかり脳力に勝る官僚機構の、好きなように翻弄されてしまうのであろうか?

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/26 18:05 ID:cRf+3/RE
>>424
今は改憲派も護憲派もキャッチコピーをつけて世論誘導をしている時期で、実務的
な話をするには時期尚早と判断しているんだろう。物事には段階ってものがあるさ。

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/27 13:11 ID:u8pZw3aH
>>421
>現実を直視できない虚構に逃げ込む国民性を育て上げた、そういう自主性の
>ない幼児的思考から抜け出そうということなのです。

そういうわりには訪朝のどさくさにまぎれて有事関連法を衆院通過させたね
そういうことやってるといつまでたっても「現実を直視できる国民性」なんて育たないと思うぞ?
いってることとやってることが矛盾だらけなんだよ

マスコミも訪朝一色で取り上げないしね。それを狙ったんだろうけど

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/27 15:30 ID:h2613gXk
>>421
>外国へ軍隊を派遣することにたとい憲法にいかに規定されていようが反対する
なら反対すればいいのです、それを憲法違反だから反対というのは思考停止でしょう。

一部の人には憲法違反を根拠に反対を唱えています。
しかしこれは全てではない。
他のいろいろな要因を根拠もあります。
だから派遣反対が即ち思考停止ではないでしょう。

要するに派遣反対が心無いと仰りたいとしか受け取れないですね。
意見が違うだけでそういう評価になるのでしょうか?

428 :正義の見方:04/05/27 16:55 ID:FePB947A
>>427
>だから派遣反対が即ち思考停止ではないでしょう。
文章を良く読んでください。派遣反対が思考停止とはいってません。憲法違反だから
反対というのが思考停止だといってるのです。憲法9条を改正しても世の中なのも変
わりません。太陽は東から昇り西へ沈みます。朝夕のラッシュアワーも夏休みの帰
省で高速道路が渋滞することも変わりません。円の為替レートも変わりません。
何が変わるのかといえば、国民のこころのもちかたが少しは変わるでしょう。軍隊を持
つことによって意識は微妙に変革するはずです。責任感といってもいいですが、自覚
が変わってくるはずです。
左翼学者は戦争に突入するとアジるかもしれませんが、事実は逆です。海外へたとい
国連の決議はあったとしても、軍隊の派兵は現在より慎重になるでしょう。なぜなら、憲
法解釈に逃げ込めず、正面からことの理非を議論することが避けられないからです。
自立とはこういうことなのです。シビリアンコントロールはより明確に求められ、総理大臣
はいまよりさらに資質が要求されます。それによって政治に緊張感が生まれ、政治家も
切磋琢磨しなければ選挙でふるい落とされる、そういう時代が到来するのです。
憲法改正は日本の変革をもたらし、より平和への希求が大きくなるのです。


429 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/27 22:05 ID:QPrFeRP+
みんな「プライベートライアン」見た?
戦場とは映画とは言え狂気と地獄の沙汰だ。
こう言う地獄を経ないと学習できないのが人間。
学習しても、原爆落とされても、60年が経つと忘れる人間。
いずれこうやって滅びるんだ俺たち。

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/27 22:51 ID:HU+1H2KY
>>429
ブラックホークダウンとプライベートライアン見比べたら
いかに前者が3流の米軍バンザイ映画で、後者が素晴らしい映画かがわかるよ。



431 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/27 23:08 ID:VE+35Y+p
>>429
一切の抵抗すら出来ずに相手の軍事力の前に屈した人たちの
悲惨な運命は、映画化すらされないという事実もあるがね。

真の地獄は共産主義じゃないかねえ。戦争でもないのに
各国で一億くらいの人間がころされたらしいじゃん。

172 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)