2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

官主×日本の教育を民主化せよ×教育

1 :ストロベリー・ムース:04/03/06 20:11
 現在の日本の教育制度、教育機関は、文部科学省により非常に厳しく規制、
統制されていて、共産圏のようであり、民主主義国家には全くふさわしくない。
もっと一般国民主体の教育、選択が行われるように、不要な規制、統制の撤廃
を行い、民間、一般人の発想、要求などが発揮されるようにするべきだろう。
 具体的には市場原理の導入、活用が重要だろう。学校教育に新規事業者等
による参入が十分に可能とし、既存機関、業者との間にオープンな競争が行われる
ようにする。これらにより、より多様な教育が供給されるようになり、それぞれの
優越を比較、考察することも可能となる。
 現在のように統制されていると、昨日までは全部管理教育だったのが、次は
全部ゆとり教育となり、全く選択性がなく、各学校に主体も責任感も生じない
のである。



2 :名無しさんの主張:04/03/06 20:16
小学生の頃から塾通いで、中学に入ったら多様な社会から隔離されて周りは同じような人たちばかり。

私立はもともと反政府・自由主義だから、それを生徒指導にも持ち込んで、生活指導をまったく放棄し、授業が騒がしくても無視、目の前でいじめが起きていても無視、全部生徒に任せる。
こんな滅茶苦茶が横行している。

それよりは教師が教育を放棄していない公立のほうがはるかに良いだろう

子供たちが私立に行かされなくて済むように私立を全廃すれば問題は解決する。
「義務教育課程における学校は国および自治体のみが設置することが出来る」
改正学校教育法○○条

こうすれば、子供たちは中学受験競争および私立中学の詰め込み教育から解放される。

義務教育の国公立化を推進しよう!


3 :名無しさんの主張:04/03/06 21:05
共産主義になった翌日、私は近所に住む田中君とともに学校に向かった。
もう冬だというのに木は青々としている。
子供たちの表情は希望と活気に満ち、広場で遊ぶ女の子の額から流れる汗が太陽光を反射していた。

「人間が憎しみあう時代は終わったのだな」
昨日までとある私立中学に通っていた斎藤君が、ほっとしたように僕たち二人に言った。
「そうだ、これからは人が人を支え合う時代なんだよ」
普段は滅多に話に加わらない田中君が、斎藤君の肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を思い浮かべて見ましょう。二本の線がお互いを支え合っているでしょう」
ちょうど出勤してきたばかりの髪の長い中年教師がそう言って微笑んだ。

小学校高学年の子は長年使ってきた参考書をブックオフに売り、真新しいサッカーボールを購入した。
「詰め込み教育はもう不要だ。これからは日本中に元気な声を響かせよう」
少年らしい生き生きとした表情で男の子は言った。

青空のなかををツバメが横切っていった。



4 : ◆ewmaaE0w3w :04/03/06 21:06

///////////////////////////////////////// 中央公論新社より絶賛発売中 ///

    新しい国家をつくるために 、榊原 英資著
    本体価格: \1,600、 出版:中央公論新社、 発行年月:2002.1

kinokuniya:
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%90%56%82%B5%82%A2%8D%91%89%C6%82%F0%82%C2%82%AD%82%E9%82%BD%82%DF%82%C9
amazon:
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4120032272/qid%3D1078484111/249-5268383-2835503
bk1:
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/40485cbb5369901017c4?aid=&bibid=02117036&volno=0000

/// 今すぐ購入しましょう!////////////////////////////////////////////////




5 : ◆ewmaaE0w3w :04/03/06 21:08

/// いまの教育は完全な規制産業だ 1 //////////////////////////////////////

 榊原英資著 「新しい国家をつくるために」
 中央公論新社2002年1月初版発行より

    いまの教育は完全な規制産業だ

 ・・・・・平等主義と競争の否定の理念をベースにした「社会主義」教育行政は、
他方で極めて「社会主義的」な全面的規制を基本とする教育制度によって支え
られている。
 他のところでもたびたび述べてきたことだが、先進国の教育制度を比較して、
極めて明確なのは、日本のそれが最も中央集権的で、しかも、画一的である
ということだ。
///////////////////////////////////////////////////// 榊原 英資著 /////




6 : ◆ewmaaE0w3w :04/03/06 21:19

/// いまの教育は完全な規制産業だ 2 //////////////////////////////////////

たしかに、フランスはかなり中央主権的で、小・中学校(五年・四年)までは
基本的に全生徒が均質な教育をうけるが、それでも、課程修了主義をとっている
ため生徒の落第、とび級もあり、同一学年に年齢のばらつきが見られる。また、
高等教育のレベルでは、大学の他グランゼコール(大学院)等日本より多様な
パターンが存在している。
 周知のように連邦国家であるドイツやアメリカの中央政府は教育について
ほとんど権限をもたないし、イギリスにおいても、その制度はドイツ以上に多様で、
幅広い自治が認められている。また、イギリスの大学は独立した法人であり、
国から補助金は受け取っているが、その管理・運営については自治を認め
られている。
//////////////////////////////////////////////////////// 2002年発行 ///




7 : ◆ewmaaE0w3w :04/03/06 21:23

/// いまの教育は完全な規制産業だ 3 //////////////////////////////////////

 戦後のいわゆる「民主」改革で、戦前の統制的教育行政が「自由化」されたような
錯覚を我々はもっているが、それは、全く、正しくない。たしかに、六・三・三制の導入、
男女共学、義務教育の延長等、連合国総司令部(GHQ・SCAP)と民間情報教育局
(CIE)の意向をうけ、アメリカ的制度を部分的に導入する制度変更はなされたが、
文部省(現、文部科学省)を頂点とする統制型教育行政の形は基本的に変わって
いない。鳴り物入りで作られた教育委員会法も、昭和三十一年には廃止され、
教育委員も公選制から任命制に移行する。学習指導要領の拘束性、教科書の
検定の厳格さ等、戦後の教育行政が「自由化」されたとはとても考えにくい。・・・・・

////////////////////////////////////////////////////// 中央公論新社 ///




8 : ◆ewmaaE0w3w :04/03/06 21:29

/// いまの教育は完全な規制産業だ 3 //////////////////////////////////////

 戦後のいわゆる「民主」改革で、戦前の統制的教育行政が「自由化」されたような
錯覚を我々はもっているが、それは、全く、正しくない。たしかに、六・三・三制の導入、
男女共学、義務教育の延長等、連合国総司令部(GHQ・SCAP)と民間情報教育局
(CIE)の意向をうけ、アメリカ的制度を部分的に導入する制度変更はなされたが、
文部省(現、文部科学省)を頂点とする統制型教育行政の形は基本的に変わって
いない。鳴り物入りで作られた教育委員会法も、昭和三十一年には廃止され、
教育委員も公選制から任命制に移行する。学習指導要領の拘束性、教科書の
検定の厳格さ等、戦後の教育行政が「自由化」されたとはとても考えにくい。・・・・・

////////////////////////////////////////////////////// 中央公論新社 ///




9 :名無しさんの主張:04/03/06 21:41
せっかくおもろい題だったと思ったのに。

10 :名無しさんの主張:04/03/06 21:50
うぜえな◆ewmaaE0w3w

11 : ◆60qCy6YXeQ :04/03/07 11:32

////////////////////////////////////////// 文芸春秋社より絶賛発売中! ///

 佐々田 純子 著 「DROP OUT―中学生学校と闘う」
 文芸春秋社 2002年3月発行 ¥1,400

bk1:
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/3e3b1af5af17e01031ae?aid=&bibid=02151097&volno=0000
kinokuniya
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%64%72%6F%70+%6F%75%74
amazon
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163583300/qid%3D1070801277/249-7443361-9736338

//// すぐ購入しましょう!/////////////////////////////////////////////////




12 : ◆60qCy6YXeQ :04/03/07 11:33

/// 職員室へ 1 /////////////////////////////////////////////////////////

 佐々田 純子著 「DROP OUT―中学生学校と闘う」
 文芸春秋社2002年3月発行より

第二章 職員室へ

    ●めだかの学校

 私立の小学校に通っていた私が公立の中学校に戻ってくるという噂は、どこからか
すぐに広がったらしい。私が私立の小学校に転校したということは、ある父兄たち
からすれば、公立の学校をバカにしたことになるらしかった。いろいろと陰口を
言われていたと聞く。転校した私は、彼らからすれば裏切り者だったのかもしれない。

////////////////////////////////////////////////////// 「DROP OUT」 ///



13 :名無しさんの主張:04/03/07 11:53
教育板でやれ

14 :名無しさんの主張:04/03/07 12:23
うんこ

15 : ◆60qCy6YXeQ :04/03/08 19:52

/// 職員室へ 2 /////////////////////////////////////////////////////////

みんなの印象はそれほどよくなかった。親しかったクラスメートたちとも、付き合って
いなかった。それには何も理由はなかったのだけれど、そんな私が再び公立の
天野中学に通うことは、よくよく考えれば避けた方がよいことだったのだ。
 心の問題で熱を出しているとはつゆ知らぬ母は、とにかく私の体に負担のない
ようにしたほうが良いと考え、場所的に家から通いやすい天野中学に籍を置くことを
選んだのだが、結果的にそれは、かえって私の神経にさわることになってしまう。

///////////////////////////////////////////////////// 佐々田 純子著 ///




16 : ◆60qCy6YXeQ :04/03/09 20:54

/// 職員室へ 3 /////////////////////////////////////////////////////////

 中学になれば複数の小学校の子たちが集まって、更に人数は増える。一学年
八クラス、四十人学級だ。
 入学式の日は、人を避けたくて早めに登校した。割り当てられたクラスは一年
三組。まだ誰も来ていない。私は窓から外を眺める。古くて汚い校舎は、私の目
には鳥かごか牢屋のように見える。息苦しく、なんとなく不安だ。
 みんなが集まるまで本を読んで過ごすことにした。教室に入ってくる子はほとんど
知らない子ばかりだ。おなじ公立の小学校だった子は見当たらない。

////////////////////////////////////////////////////// 「DROP OUT」 ///




17 : ◆60qCy6YXeQ :04/03/10 21:01

/// 職員室へ 4 /////////////////////////////////////////////////////////

 登校初日のせいか、廊下がとても騒がしい。同じ小学校の子たちが久しぶりに
会って騒いでいるのだろうと思っていた。しかし後で友だちから聞くと、一年三組に
だけ人だかりが出来ていたらしい。私立の小学校から来た女の子が学年に一人
だけいる、という噂が早々と回って、昔の同級生などが見物に来ていたのだそうだ。
「私立の学校から来ている」ただそれだけで私はみんなにとっては特別な存在
だったらしい。それに私は小学校の時に既に一六〇センチを越していて一人だけ
背が高かったし、いろいろ悩んだり考えたりする性格からか、ずいぶん大人びた
雰囲気をしていた。
//////////////////////////////////////////////////////// 文芸春秋社 ///




18 : ◆60qCy6YXeQ :04/03/11 19:44

/// 職員室へ 5 /////////////////////////////////////////////////////////

十二歳の私は既に高校生か短大生ぐらいに見えていたそうだ。実際私の目にも
同い年の子は、見た目にも話していても、ずいぶんと幼く感じられた。しかしまさか、
見物されているなんてことには全く気づかず、私は騒がしさが苦手でただ本を
読んでいた。みんな同じでなければならないという、なんとも不思議な意識が
みんなの中にはあるらしく、私立の学校から来た私はただそれだけの理由で
異物であったのだ。
 一体みんな同じであることなどありえるのだろうか?同じでなければならない
のだろうか?平等という言葉の意味はみんな何もかも同じということだろうか?
 それではまるでめだかの学校じゃないか。
///////////////////////////////////////////////////// 2002年3月発行 ///




19 : ◆60qCy6YXeQ :04/03/12 21:39

/// 職員室へ 6 /////////////////////////////////////////////////////////

 担任には、脱サラをした中年の男の先生がなった。私の学校生活は一体どうなる
のだろうかと思っていたが、一年の時のクラスには明るくてやさしい子たちもいた。
すぐに何人か友だちが出来て、自分の居場所もできた。
 子どもたちの間ではあっという間にニックネームがつく。私立小学校出身で、
体が弱くてツンとすましてわがままそうに見えるらしい私についたニックネームは
「お嬢」だった。
 私はお嬢といわれるのがとっても嫌だった。私は普通の家の子だし、お嬢なんて
言われたくない、と心の中で思っていたけれど、そのニックネームは自然と定着
してしまい、私にはどうにもならなかったのだ。
///////////////////////////////////////////////// ―中学生学校と闘う ///




20 : ◆60qCy6YXeQ :04/03/13 09:06

/// 職員室へ 7 /////////////////////////////////////////////////////////

    ●噂

 私は学校にいるととても疲れる。いつも体がだるく熱っぽくて、あまり笑いもしない。
教科書も授業もつまらない。知識と知識の間に有益な関係性もなく、ただ暗記
させられるだけだ。まるで工場の単純作業だ。先生の授業はただ教科書に書いて
ある通りに、たんたんと、何の面白みもなく進められる。
 工夫を凝らした私立校での授業を思えば、四十人学級での一方的に行われる
授業はとても苦痛だ。学校というところは、おいしくないえさ(知識)を無理やり
食べさせて、私たちを養殖する場所なのだ。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////




21 :名無しさんの主張:04/03/13 09:19
確かに今の教育は官主教育かもしれないな。

ただ、現状でも一部の狂信的な極左思想の教員が多く、
また市民運動家達が教育に介入を狙っている現状で、
「民主教育」なんてものを展開したら、
特定の思想の持ち主たちによる「絶対専制」が行われるようなもの。

もしも「民主教育」を行うならば、
その前提として「民主教育」を担えるだけの教員を養成すべきだし、
「民主教育」を担えるだけの社会にするのが先決だと思う。

22 : ◆60qCy6YXeQ :04/03/14 19:25

/// 職員室へ 8 /////////////////////////////////////////////////////////

 それに生徒はいつも騒がしい。女の子たちはグループを作って生活している。
彼女たちのおしゃべりはいつも流行りのタレントの話かテレビドラマの話、漫画の話、
好きな男の子の噂に嫌いな女の子の悪口だ。どれもこれも私には興味のない、
苦手で面倒くさい話だ。その頃仲良くしていた友だちと自分が何をおしゃべりして
いたのか、とんと思い出せない。一年生の時は仲の良い友だちが数人いたから、
いくらか救われたが、それでもストレスがたまって仕方がない。何が一番のストレス
なのか?
///////////////////////////////////////////////////// 佐々田 純子著 ///




23 :名無しさんの主張:04/03/14 19:34
/// 読む人 /////////////////////////////////////////////////////////
///////////////////////////////////////////////////// いるの ///

24 : ◆60qCy6YXeQ :04/03/15 19:52

/// 職員室へ 9 /////////////////////////////////////////////////////////

 噂だ。ある時、自分のことがそこここで噂されているのに気づいた。ニックネーム
がお嬢である私は、中学生の豊かな想像力を掻き立てるらしく、事実とはほど遠い
噂がいろんな尾ひれをつけて自分のクラスから違うクラスヘ、違うクラスから自分
のクラスヘと行き交うのだった。
 噂が流れるたびに、それが本当なのかどうなのか、私に直接確かめたがる子が
いる。
「お嬢のお父さんって会社の社長なん?」
「は……?」
「お嬢の家って金持ちなんやろ?」
////////////////////////////////////////////////////// 「DROP OUT」 ///




25 : ◆60qCy6YXeQ :04/03/17 21:06

/// 職員室へ 10 ////////////////////////////////////////////////////////

 どこからそんな話が出てくるのか、さっぱり見当もつかない。
「別に……。普通の家やで」
「お父さん何してるん?」
 いちいちうるさい。私は機嫌が悪くなる。
「関係ないやんか……」
 心の中でそう思うが、相手はニヤニヤ笑って興味津々という感じだ。私は早く
追い払いたくてぶっきらぼうに応える。
「銀行員よ」
「おお、銀行やってぇー」
///////////////////////////////////////////////////// 2002年3月発行 ///




26 : ◆60qCy6YXeQ :04/03/20 19:52

/// 職員室へ 11 ////////////////////////////////////////////////////////

 男の子は大声で叫びながら、仲間が集まっているところに帰っていく。みんな
こちらをちらちら見ながらこそこそと喋っている。私はただひたすら気分が悪い。
こんな調子で人の家のことをいろいろと探っては噂をしていたようだ。
 私は自分が異常に自意識過剰になっているのではないかと心配した。あまりにも
周りがこそこそ噂しているように思えてならない。それで息が出来なくなりそうなのだ。
精神病ではないかと、医学書をあさったりもした。
 ただの銀行員だといっているのに、そのうち噂は大きくなる。最後にはお嬢の
お父さんは銀行を経営しているらしいとなるのだった。まったく子どもの想像力は
恐ろしい。今となっては笑い話だが、その時はもういい加減にしてくれと、毎日
思って困惑していた。
///////////////////////////////////////////////// ―中学生学校と闘う ///




27 : ◆60qCy6YXeQ :04/03/22 20:27

/// 職員室へ 12 ////////////////////////////////////////////////////////

 私は相変わらず熱をだし、時々休みながら学校に通っていた。成績もそれほど
よいとは言えない。クラスで五、六番ぐらいだったと思う。
 兄はちょうど六学年年上だったので、私の学年の先生たちは兄の学年を受け持った
グループだった。兄は成績が学年で一番だったのでよく先生たちに覚えられている。
 私の名前に気づくと、「佐々田君の妹か?」と聞く先生がいた。「ほお、そうか
楽しみだね。お兄さんはとても優秀だったからね」
 そう言われても、私にとって兄は自慢の種にもプレッシャーの種にもならない。
兄は兄だ。先生は単に褒めただけのつもりだろう。だが私にとってその褒め言葉は
さらし首なのだ。ああ、またクラスの子たちに噂の材料を与えることになる……。

////////////////////////////////////////////////////// 絶賛発売中!////




28 : ◆60qCy6YXeQ :04/03/24 19:48

/// 職員室へ 13 ////////////////////////////////////////////////////////

 案の定、噂は広がった。他のどんなに小さな噂でも広がった。すべて尾ひれも
背びれも胸びれもつけて。
 私は親しい友だちに噂されることの愚痴をこぼす。
「噂ばかりされて、疲れるわ」
「お嬢、目立つからなぁ……」
 目立つようなことしたつもりもないのに……。自分にはどうにも出来ない。
「人の噂も七十五日っていうし、気にせんと、ほっとき」
 もちろん放っておくことしか出来ない。でも七十五日経つ間に他にもいろんな
ことを絶えず噂される。
///////////////////////////////////////////////////// 佐々田 純子著 ///




29 : ◆60qCy6YXeQ :04/03/26 20:40

/// 職員室へ 14 ////////////////////////////////////////////////////////

 噂だけならまだいいのだけれど、噂によって出来あがる別の私の像に反感を持つ
女の子たちがいっぱいいた。集団でにらみつけて来たり、廊下を歩いていると誰が
やっているか分からないようにして足を引っ掛けられたりした。
 みんなはたいてい、集団で動く。集団でにらんでくる女の子の一人と、廊下で
ばったり、会うことがある。すると、私はその子の顔をじっとみつめる。私のこと何も
知らないのに何をやってるの?という気持ちで。ばつが悪いのか気味が悪いのか、
彼女は友だちのところに走って逃げていく。
『私に文句があるなら、一人ででも言ってくればいいのに。集団でないと何も出来ない
くせに……』
////////////////////////////////////////////////////// 「DROP OUT」 ///




30 :名無しさんの主張:04/03/26 23:49
おい、お前ら、ちょっとこれは↓ひど過ぎねーか?

>ttp://www.nikkansports.com/ns/general/f-so-tp0-040326-0033.html
>小学校教諭が児童の水着姿撮影し販売
>大阪市立小の40代男性教諭がビデオで児童の水着姿を撮影し、
>児童ポルノビデオを販売する業者に送ったとして、
>同市教育委員会から停職3カ月の懲戒処分を受けていたことが26日分かった。
>同市教委によると、教諭はわいせつ図画販売の疑いで02年2月に大阪府警に逮捕され、
>その後不起訴処分になったという。





31 : ◆60qCy6YXeQ :04/03/27 17:47

/// 職員室へ 15 ////////////////////////////////////////////////////////

 私は学校で生活する時も一人でいることが多かった。母の放任主義のおかげで
子どもの頃から自分で物事を考える癖がついていて、自我が確立されていたという
のだろうか、友だちとべったり一緒にいることが好きでなかった。集団が苦手なのだ。
小学校の経験から、人がなんとなく集団を組めばろくなことが始まらない、と思って
いたせいもあるだろう。
 生徒たちは数人でかたまっては、違うグループの悪口を言っている。
「あいつ、なんかむかつくよな」
 誰のことでも、ちょっとしたことでむかつくらしい。むかつかなくても、気の弱そうな
子や成績の良い子、家が貧しい子から、男の子にもてる女の子など、何かで
目立つ子にたいしては、いじめが絶えない。どれもこれも「なんとなく」なのだ。

//////////////////////////////////////////////////////// 文芸春秋社 ///




32 : ◆60qCy6YXeQ :04/03/28 09:00

/// 職員室へ 16 ////////////////////////////////////////////////////////

 一人が何かを言い出すと、すぐに周りも同じように言い出す。どうやらそれは
一人一人の頭で感じたり考えたりしたことではなさそうだ。「なんとなく」出てくる
意見に、「なんとなく」周りが感化されて、「なんとなく」動いている。私はそんな
暖昧さにひどく腹を立てていた。そしてどの子もなんとなく動く集団に睨まれない
ように息を潜めて、自分らしさを押し殺して生活しているように感じられた。
 学校では陰口だけでなく、女の子同士の掴み合いや男の子の弱いものいじめ、
強そうな男の子同士の殴り合いも目撃される。
 どれもこれも癇に障ることだ。中でもしつこい弱いものいじめだけは見過ごせない。
私は一度キレて怒鳴ったことがあった。
///////////////////////////////////////////////////// 2002年3月発行 ///




33 : ◆60qCy6YXeQ :04/03/29 20:50

/// 職員室へ 17 ////////////////////////////////////////////////////////

 体の大きい子が小さい子に殴りかかっている。どう見てもフェアではない。そして
なかなか騒ぎはおさまらない。いつもおとなしくしている私が大声で怒鳴る。
「いい加減にしいや!」
 殴りかかっていた男の子が我に返ってけんかはとまるが、今度は周りが、お嬢が
どなったと、半分うれしそうに騒ぎ出す。
「………」
 もうみんなのことがさっぱり理解できない。私は静かなのが好きなんだ。ますます
一人になりたいと思う。そしていつも、くだらないトラブルが起きると、自分に関係
なくても泣きそうになるのだった。ああ、お願いだから一人にして……。

///////////////////////////////////////////////// ―中学生学校と闘う ///




34 : ◆60qCy6YXeQ :04/03/30 20:55

/// 職員室へ 18 ////////////////////////////////////////////////////////

    ●反抗心

 一クラス四十人で八クラスもあれば、いつも学校はごった返している。靴を
隠されることがあっても、誰がやったのかは分からない。人間不信は甚だしくなり、
どの子のことも疑わしい。私はますます人を寄せ付けない態度をとる。休み
時間もたいてい一人で本を読んでいた。そして私は集団で生活している子を
軽蔑したような目で見ていた。
////////////////////////////////////////////////////// 絶賛発売中!////




35 : ◆60qCy6YXeQ :04/03/31 20:52

/// 職員室へ 19 ////////////////////////////////////////////////////////

『けんかも、トイレに行くことさえも、何もかも一人では出来へんの?あんたたちが
友だちだと思ってる友だちなんて、本当の友だちやないわ。勝手にくっついたり
離れたりしてたらいいねん。あほらしい」
 心の中でそう思っていた。人間なんて誰だって弱いくせに、無意識にかたまって
お互いに弱いものいじめしたり、仲間外れしあったりしている。みんなの行動を、
私はそんなふうに遠目に見ていたのだった。
///////////////////////////////////////////////////// 佐々田 純子著 ///




36 : ◆60qCy6YXeQ :04/04/02 19:48

/// 職員室へ 20 ////////////////////////////////////////////////////////

 学校はもう私にとって昔のように遊び場ではなく、だからといって勉強できる場所
でもなかった。制服はよろいのように硬くて重たく、窮屈だ。スカートの丈や髪留め
のゴムの色、靴下の種類、果ては下着の色まで決められている。わけの分からない
厳しい規則のせいで、私の頭にはあの頃の学校の思い出すべてが白黒画面で
録画されている。
////////////////////////////////////////////////////// 「DROP OUT」 ///




37 : ◆60qCy6YXeQ :04/04/03 18:23

/// 職員室へ 21 ////////////////////////////////////////////////////////

 朝、正門のまえでは体育の先生たちが生徒の遅刻と服装をチェックするために
立ちはだかっている。規則違反しているものは呼びとめられ、厳しく注意を受ける。
それこそ全く意味のない規則だ。ここは牢獄なのかと思う。
 そう、ここは確かに牢屋で、生徒は囚人なのだ。無実であるのに囚人のごとく
監視され、囚人のごとく罰せられる。ほんとうに無実であるのにただ理由もなく……。

//////////////////////////////////////////////////////// 文芸春秋社 ///




38 : ◆60qCy6YXeQ :04/04/04 17:22

/// 職員室へ 22 ////////////////////////////////////////////////////////

 人間は扱われ方しだいで変わっていくものだ、と私は思う。何も悪いことをしない
うちから生徒を犯罪人のように扱うから、私たちは反抗しなければならなくなる。
単に反抗期だから反抗するという域を越えて、何の自由もなく扱われ方がひどい
から、さらに反抗したり問題を起こしたりするのだ。
 先生たちの出で立ち、生徒に対する言葉遣い、評価のしかた、いずれにも
私は暴力性と無責任を感じた。尊敬できる先生など一人も見かけない。
子どもに真剣に向き合っている先生が一体どこにいようか?
///////////////////////////////////////////////////// 2002年3月発行 ///





39 : ◆60qCy6YXeQ :04/04/05 19:41

/// 職員室へ 23 ////////////////////////////////////////////////////////

 中学生になれば体も大きく生意気だからだろうか、先生はできるだけ生徒に
関わりあわないよう、面倒の起きないよう、生徒の間をすり抜けて生きているように
しか見えなかった。そしてもし何事か起これば、押さえつける方向でしかものを
考えない。教師のいったいどこにそのような権威や権力が保障されているのだと
追求したくなるほど、学校の教師の多くは態度が大きい。教師という職業は
そんなに偉いとでも言うのだろうか?ベテラン教師になればなるほど頭は固く、
プライドだけが高い。まるで絶対君主のようだ。
///////////////////////////////////////////////// ―中学生学校と闘う ///




40 : ◆60qCy6YXeQ :04/04/06 21:15

/// 職員室へ 24 ////////////////////////////////////////////////////////

 そういう彼らはたいてい、子どもは教育されしつけられなければならないと考えて
いるようだ。ただ素直で従順なおとなしい生徒を好み、押さえつけるような教育を
しようとする彼らは性悪説の信奉者なのかもしれない。私はしばらくそんなふうに
思っていたが、後になってそれは教師の弱さではないかと思うようにもなった。
 教師も子どもが怖い。何かあると文句を言ってくる親が怖い。だから最初から
威圧的に振る舞っているのではないか、と。
////////////////////////////////////////////////////// 絶賛発売中!////




41 :名無しさんの主張:04/04/06 22:29
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1080786309/
これが日本の最高学府の実態。

42 : ◆60qCy6YXeQ :04/04/07 19:26

/// 職員室へ 25 ////////////////////////////////////////////////////////

 でも、まだ中学生の私に、そんな理屈は分からなかった。全ての大人が利己的で
無責任で傲慢に見える。子どもの私に大人の弱さや都合のよさなど理解のしようも
なく、また出来なくて当然のことだった。
 人間は誰でも問違えるし、いつでも失敗し得る。間違えて良いし、いつ失敗しても、
それが悪意や怠惰に基づかない限り、許されることではないだろうか。それなのに
教師は、いつでも正しくあらねばならない、賢くなければならない、尊敬されねば
ならない、決してバカにされてはならないと、頑なに思い過ぎているのではない
だろうか。
///////////////////////////////////////////////////// 佐々田 純子著 ///




43 :名無しさんの主張:04/04/07 19:30
スペインのアパート爆破成功おめでとう!!!
報酬金5000万円を差し上げよう!
次は京都市全域だ!!!!!!!

44 : ◆60qCy6YXeQ :04/04/07 20:49

/// 職員室へ 26 ////////////////////////////////////////////////////////

 人に物を教える人が常に正しいわけではないし、また正しくあらねばならないと
いうこともないはずだ。私は二十一年生きてきて、本当に素晴らしい教師や大人は
全く気取らないし偉ぶらない、ということをよく知っている。本当に素晴らしい人は
常に学習者であって、教えると同時に自分も相手から学んでいるという謙虚な
意識がある。本当に中身のある人は権威の衣を脱ぎ捨てていて、尊敬を求めたり、
細かい礼儀にとらわれることはあまりない。人間は過度の敬意を求める権力的な
人には従う気がしないものだし、そういう人とは有意義なコミュニケーションが
生まれない。最近の子どもたちが先生に従わないのは、これと同じ理由なのかも
しれない。
////////////////////////////////////////////////////// 「DROP OUT」 ///




45 :名無しさんの主張:04/04/07 21:10
君が代イラネ
>>1
変なスレタイ

46 :名無しさんの主張:04/04/07 23:14
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1076099116/l50
龍谷大学助教授のネットオークション詐欺疑惑が今盛りあがっているぞ!
ネットオークションで贋物を高値で売り払い、恫喝のし放題!IDを20個以上取得
し、価格操作の疑惑。類推売上1000万円以上!
ネットの匿名性を利用した新型の詐欺であるという疑惑!みんなどしどし意見を!

47 : ◆60qCy6YXeQ :04/04/08 19:47

/// 職員室へ 27 ////////////////////////////////////////////////////////

 こうして私は、同級生に対しても学校の教師に対しても嫌悪感を持った。何の
ために毎日学校に通うのか?学校に行っても何一つ良いことはない。ストレスを
もらって帰る以外何も得るものはなく、熱が出て頭痛と吐き気がするだけだった。
 一年生の時、私は六十日以上の欠席をしていた。その時すでに文部省(当時)
の言う不登校生の枠に入っていたのだ。

//////////////////////////////////////////////////////// 文芸春秋社 ///




48 : ◆60qCy6YXeQ :04/04/08 21:19

////////////////////////////////////////// 文芸春秋社より絶賛発売中! ///

 佐々田 純子 著 「DROP OUT―中学生学校と闘う」
 文芸春秋社 2002年3月発行 ¥1,400

bk1:
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/3e3b1af5af17e01031ae?aid=&bibid=02151097&volno=0000
kinokuniya
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%64%72%6F%70+%6F%75%74
amazon
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163583300/qid%3D1070801277/249-7443361-9736338

//// すぐ購入しましょう!/////////////////////////////////////////////////




49 : ◆60qCy6YXeQ :04/04/09 19:38

/// 職員室へ 28 ////////////////////////////////////////////////////////

    ●不登校への道

 毎日が重たい。重すぎる。なんの喜びも楽しみもない。強制収容所に通って、
強制労働をさせられているような毎日だ。勉強はもはや小学校の頃のように
楽しく出来ない。
 学校の勉強はつまらなく意欲をそぐものであったが、学校を休み、家にいる
ときは好きなことをして過ごした。読書やピアノだ。
 西洋の小説だけでなく、詩や美術の本や哲学や心理学、犯罪心理学の本など
をむさぼり読んだ。それらは学校の教科書とは比べられないほど興味深い。

///////////////////////////////////////////////////// 2002年3月発行 ///




50 : ◆60qCy6YXeQ :04/04/10 08:33

/// 職員室へ 29 ////////////////////////////////////////////////////////

 学校は休んでもお稽古事は決して休まない。中学に入ると音楽大学の先生に
ついて、ピアノ以外に楽典といわれる音楽理論や音楽史、声楽、作曲の基礎を
習ったりしていた。自分のべースで習得できる音楽の勉強に、飽きることは決して
なかった。美しい曲を弾くためならば、つらくて嫌な訓練も何時間でもする。好きな
音楽にまつわることなら、小説や詩、また歴史から、なんでも自分で調べる。
「好きこそ物の上手なれ」とはまさにこのことだった。
 レッスンの帰りには閉店まで本屋さんに入り浸って、いろんな分野の本を立ち読み
したものだ。音楽を習い、英会話教室に通い、テニススクールに通う。勉強は一人
でもできる。なんなら塾に行けばいい。友だちはお稽古事を習うところで自然に
できる。友だちは少なくていい、数だけが多ければいいというものではないと
思っていた。
///////////////////////////////////////////////// ―中学生学校と闘う ///




51 : ◆60qCy6YXeQ :04/04/10 20:31

/// 職員室へ 30 ////////////////////////////////////////////////////////

 学校ではくだらないことばかりだ。一体学校に行く必要がどこにあるというのだろう。
学校に行くことで自分のしたいことをする時間がどんどん減るばかりで、学校で
することは自分の人生に全く関係のないこととしか感じられない。大人たちの
「学校は必ず行くもの」という単純な考えによって、子どもはみんな学校に縛られて
いるとしか考えられない。そして「時は金なり」という言葉があるけれど、学校という、
本来勉強をし能力を身につけるべき場所は、私にとっては大切な時間を奪うだけの
ものでしかないのだった。
////////////////////////////////////////////////////// 絶賛発売中!////




52 : ◆60qCy6YXeQ :04/04/11 08:45

/// 職員室へ 31 ////////////////////////////////////////////////////////

    ●嫌な予感

 中学二年になる。クラス替えがあり、担任が代わる。仲のよかった友だちも
お互い違う階の教室に離れてしまった。
 新しいクラスで集まった日、瞬時に嫌なことが起きる予感が、私の頭の中を
よぎった。新しい担任は隣町の更に荒れている公立中学から転任してきた
国語の女教師。見るからに権力的でヒステリックな人だ。
 クラスメートの雰囲気も一年の時のクラスと違って殺伐としている。友だちに
なれそうな子が一人も見当たらない。
///////////////////////////////////////////////////// 佐々田 純子著 ///




53 : ◆60qCy6YXeQ :04/04/11 20:10

/// 職員室へ 32 ////////////////////////////////////////////////////////

 私は相変わらず排他的な生活をしていた。口数を少なくし、黙々と本を読む。
本は私にとって煩わしさとの絶縁体だ。それでも相変わらず私に関するうっとうしい
噂が否応なく耳に入る。
 ある日耳にした噂、その出所ははっきりしていた。小学校の時、天敵の一人
だった石井さんだ。中学に入ってからクラスは全然違うのに、どうやらまだ私の
ことが気にかかるようだった。

////////////////////////////////////////////////////// 「DROP OUT」 ///




54 : ◆60qCy6YXeQ :04/04/12 20:53

/// 職員室へ 33 ////////////////////////////////////////////////////////

「なあ、お嬢。違うクラスで聞いたんだけど、お嬢が小学校の時、誰もおらへん
お昼休みに教室に入って、石井さんの机の中をあさって、返されたテストの点数
こっそり見たんやって? それで自分より石井さんの方の点数が良かったって
泣いたらしいけど、それってほんまなん?」
 いつものように興味津々の顔つきで女の子たちが数人、私の机の周りにやってくる。
「………」
//////////////////////////////////////////////////////// 文芸春秋社 ///




55 : ◆60qCy6YXeQ :04/04/14 21:18

/// 職員室へ 34 ////////////////////////////////////////////////////////

 全くのでっち上げに、怒りで体がカッと熱くなる。そして、いかにも楽しそうな
顔をした女の子たちを見て吐き気がする。
 そんなん嘘や、と、とっさに言おうとするが、言ったところで誰が信じよう。噂と
いうのは、真実であるかないかはどうだって良いのだ。騒いでいること自体が
楽しいのだ。昼のワイドショーやくだらない週刊誌を楽しむ主婦が本当にこの世に
いるのだろうかと常々不思議に思っていたが、なるほど彼女たちが大人になったら
立派にそういう主婦に成長するのだろう。相手が私の反応を見るのを楽しみに
来ているのだということを、私はよく知っていた。
///////////////////////////////////////////////////// 2002年3月発行 ///




56 : ◆60qCy6YXeQ :04/04/15 21:50

/// 職員室へ 35 ////////////////////////////////////////////////////////

「小学校の頃、誰のテストの点も気にしたことなんかあらへんわ。石井さんって
恥ずかしくもなく、たいした作り話をするねんな」
 動じない態度でそう、言い残して、廊下に出ていった。
 どう考えてもくだらなすぎる。くだらなく腹立たしいことで毎日が終わっていく。
おかげで毎日毎日胃が痛む。熱が出る。嫌な夢ばかり見てうなされる。
 子どもの私にとって、学校で過ごす時間は長く、それを避けることは出来ない。
子どもの私には私の身の周りが社会の全てだ。ああ社会とはこんなにもくだらなく、
ばかばかしいものなのか。そして一生このくだらない社会の中で暮らさなければ
ならないのか。
///////////////////////////////////////////////// ―中学生学校と闘う ///




57 : ◆60qCy6YXeQ :04/04/16 21:01

/// 職員室へ 36 ////////////////////////////////////////////////////////

 そう思って、どう考えても自分の一生を悲観的にとらえることしか出来なかった。
「死にたい……」
 そう思うことは、自然なことだった。自分の将来に何の明るさも感じられない
毎日の中で疲れ果てた私は、慢性的に死にたいとまで思うようになっていた。
私の排他的性格は、何かが起こるたびにますますエスカレートしていく。誰とも
付き合いたくない。誰の目にも触れたくないし、誰の口ににも自分の名前が
上がらないことを心から願う。
 二年生になってからクラスメートのどの子とも付き合いたくないと思い、わざと
人を避けるように、嫌われるようなことを言っていた。
////////////////////////////////////////////////////// 絶賛発売中!////





58 : ◆60qCy6YXeQ :04/04/17 19:43

/// 職員室へ 37 ////////////////////////////////////////////////////////

    ●いじめ

 五月になってクラス替えの興奮も一段落したころ、今度は度を越したひどい
いじめが始まった。ターゲットは立川さんだ。おとなしくて少し頑固な性格をした
彼女は、いかにもいじめにあいそうなタイプだったといえる。
 五月の半ば、お昼休みに教室の後ろで怒鳴り声が聞こえる。見ればクラスの
違う、学年でも指折りの不良さんが二人いる。二人とも暴走族に入っているらしい。
立川さんが床に這いつくばっている。ひどいいじめだ。不良の二人は、ニヤニヤ
笑いながら大声で怒鳴り上げ、足で蹴ったり殴ったりしている。

///////////////////////////////////////////////////// 佐々田 純子著 ///




59 : ◆60qCy6YXeQ :04/04/19 20:39

/// 職員室へ 38 ////////////////////////////////////////////////////////

「立川、さっさと謝れ。むかつくんじゃ!」
 理由もなく因縁をつけられ、いじめられている立川さんの制服は、靴の足跡で
どろどろだ。ショックだった。こんなにひどいいじめは、いくらなんでもそれまで
見たことがない。でも、その時もっとショックだったことがある。周りにいるクラス
メートたちだ。誰一人として止めようとする気配がない。止めるどころか、喜んで
見ているのだ。
「もっとやれ!」
「立川、謝れ!」

////////////////////////////////////////////////////// 「DROP OUT」 ///




60 : ◆60qCy6YXeQ :04/04/21 20:18

/// 職員室へ 39 ////////////////////////////////////////////////////////

 まるでプロレス場の歓声だ。人がいたぶられ、苦しんでいるのを見て、喜んで
いるのだ。私はすぐに止めに入りたかったけれど、私では間に合わなさそうだ。
無理に止めに入るともっとひどいことになることも予想される。ここは大人が
必要だ。とりあえず学級代表の男の子に声をかける。
「何やってんのよ、早く先生呼びにいきいや!」
 見れば、学級代表の男の子までがいじめを楽しんで見ている。

//////////////////////////////////////////////////////// 文芸春秋社 ///




61 : ◆60qCy6YXeQ :04/04/23 22:57

/// 職員室へ 40 ////////////////////////////////////////////////////////

「おい、絶対先生呼びに行くなよ。言いに行ったら殴るぞ!」
 言われて反射的に私の手がでそうになった。何、こいつ!!!
 相手が怖がるほどにらみつけて、私を教室から出すまいとする学級代表を
押しのけて、一人で職員室に向かったけれども、その時、私の心はそれまで
以上に凍ってしまっていた。
 私はこの日が忘れられない。なぜならいつもいじめに加担してなさそうな
子たちまでが、立川さんがいじめられる様子を楽しんで見ていたからだ。

///////////////////////////////////////////////////// 2002年3月発行 ///





62 : ◆60qCy6YXeQ :04/04/25 20:38

/// 職員室へ 41 ////////////////////////////////////////////////////////

『普通の子だと思っていた子も、みんな同じやったん?!そんなにみんな、心が
すさんでるの?でも、なんで?』
 職員室に向かいながら涙が出た。みんな動物だ。人間じゃない。ここはいろんな
動物が柵で分けられることもなく混在している、危険な動物園なのだ。
 息を切らせ、すがるような思いで職員室にかけ込む。担任の先生はお昼を
食べていた。
「先生、急いで来てください。立川さんが、高木さんたちにいじめられていて怪我
しそうなんです。誰もとめないし……」

///////////////////////////////////////////////// ―中学生学校と闘う ///




63 : ◆60qCy6YXeQ :04/04/27 20:54

/// 職員室へ 42 ////////////////////////////////////////////////////////

 一緒にすぐ来てくれると私は信じていたし、それが当たり前であろう。でも、
先生の口から出てきた返事は、耳を疑うものだった。
「十分経ったら行く」
 横目で私を見て、あっさりとそう言ったのだった。
「………」
 言葉の意味が分からない。私の頭の中は真っ白だった。頭の神経がブチッと
音をたてて何本もちぎれるのを感じた。己の耳と目を疑うばかりで、しばらく
呆然と先生の横顔を見ていた。しかし、頑固そうで意地悪そうな女教師の
顔からは、何の感情も読みとれない。
(こいつ、本気かいな……)
////////////////////////////////////////////////////// 絶賛発売中!////




64 : ◆60qCy6YXeQ :04/04/29 20:49

/// 職員室へ 43 ////////////////////////////////////////////////////////

 私はもう、何一つ言葉を発することができなかった。静かに職員室を出る。
生まれて初めて経験する最悪の状態での孤立無援だった。いじめられている
女の子はどうなったのだろう。とても気になったが、あまりのショックですぐに
教室に戻る気がしなかった。ポロポロと涙が出てくる。私は人気のない場所に
行ってしばらく泣かざるを得なかったのだ。ただただ哀しくて苦しい。いくら
なんでもひどすぎる。担任の教師が、大人である先生がどうして十分経たないと
来てくれないの?私には全く理解できなかった。
 教室に帰ってみる。今度は誰もいない。次の時間は音楽の授業でみんな
すでに音楽室に移動していた。後で聞くと、立川さんはその後もトイレに
連れていかれ、ひどい暴力を受けていたらしい。結局、私は彼女の助けに
なれなかったのだ。
///////////////////////////////////////////////////// 佐々田 純子著 ///






65 : ◆60qCy6YXeQ :04/05/02 10:01

/// 職員室へ 44 ////////////////////////////////////////////////////////

 その日受けたショックは、私の中で、周りの人間に対する全面的な敵意と軽蔑
とに生まれ変わる。周りの人間たちをその日から人間だとは思わないことにした。
少しの理性も、知性のかけらもない、ただの動物なのだと、心の中で言いきる
ことができるようになった。この世に人間らしい人間はほとんどいない、たいがいは
人間の形をしたサル以下の卑しい動物だと軽蔑しきったのだった。それは誇らしい
優越感では全くない。怒りの混じったただの"哀しい優越感"だった。私はそうした
哀しい優越感に浸り、その日起こったことのすべてを否定することでしか、自分の
胸に感じる苦しさに耐えることが出来なかったのだ。

////////////////////////////////////////////////////// 「DROP OUT」 ///




66 : ◆60qCy6YXeQ :04/05/04 08:49

/// 職員室へ 45 ////////////////////////////////////////////////////////

 クラスの子たちも先生も人間じゃない。こんなひどいことをやる人間も、見てみぬ
ふりをする人間も、誰一人として人間とは言いたくない。主体的にいじめをすること
よりも、他人の痛みに無関心でなんとなくいじめに加担することや無視することの
ほうが許せなくなった。もしそんな彼らが人間なのであれば、私が人間をやめる
しかないだろう。私はこの日以来、いっそう人間も社会も信じられなくなり、生きて
いく力を根こそぎ奪い取られてしまったように感じた。

//////////////////////////////////////////////////////// 文芸春秋社 ///





67 : ◆60qCy6YXeQ :04/05/06 20:35

/// 職員室へ 46 ////////////////////////////////////////////////////////

「お嬢、しんどそうやけど大丈夫?どないしたん?」
 私はぽつんとクラスの子に、言った。
「死にたい……」
 死にたいという言葉の前には、「あなたたちがあんなことをしたから」という言葉が
隠されている。でも誰も気づかないに決まっている。私は、同級生を憎んだ。学校の
先生の全てを恨んだ。誰も何もしてくれない。大人たちは何も気づかないふりをして
逃げている卑怯者だ。悠長にくだらない教科書の勉強などを教えている場合では
ないだろう!と怒り狂った。勉強の前に人間としての常識について真剣に話し合う
べきで、そしてそれを身につけさせるべきだ、勉強どころではないだろう、と言い
たかった。
///////////////////////////////////////////////////// 2002年3月発行 ///




68 : ◆60qCy6YXeQ :04/05/08 20:40

/// 職員室へ 47 ////////////////////////////////////////////////////////

 いや、むしろ勉強ばかりを子どもに押しつけるからこうなったのかもしれない。
世の中にあまりに人権を無視したような不平等が多いからなのか、激しい競争
による摩擦が当たり前のようになってしまったからなのか、人を傷つけることの
無感覚さがあふれかえり、自分の利益しか追求しない人間が多すぎる。
 自分が不利益を被らないために他人に不利益を与えているとでもいうのだろうか?
厄介ごとに自分だけ関わらなければ得をするとでもいうのだろうか?

///////////////////////////////////////////////// ―中学生学校と闘う ///




69 : ◆60qCy6YXeQ :04/05/10 20:28

/// 職員室へ 48 ////////////////////////////////////////////////////////

 かくして私はみんなとの間に一線を引いた。そして、みんなの意識の中でも、
私は裏切り者へと転じていったろう。なぜなら、立川さんへのいじめを先生に
告げに行ったからである。そしてその日以来、私の人間嫌いが増していった
からである。一触即発の雰囲気であった。そしてとうとうある日、それは表面に
出てきた。その日はまた、私の七ヵ月間の完全不登校への入り口の日だったのだ。

////////////////////////////////////////////////////// 絶賛発売中!////





70 : ◆60qCy6YXeQ :04/05/13 20:16

/// 職員室へ 49 ////////////////////////////////////////////////////////

    ●職員室へ

 長く続いたこの事件については、手元に一連の資料がある。いつ何があった
のかが記された何ヵ月間ものカレンダーや、校長に宛てた親の手紙のコピー、
先生たちとの話し合いの録音テープ数本などが大きめの茶封筒に保管されて
いる。見るだけでも憂鬱だが、書くに当たってこれを開けなければならない……。

///////////////////////////////////////////////////// 佐々田 純子著 ///





71 : ◆60qCy6YXeQ :04/05/14 21:51

/// 職員室へ 50 ////////////////////////////////////////////////////////

 結局、立川さんのことは揉み消されたといっていいだろう。クラスで話し合われる
ことも、立川さんの親が問題を知ることもなかったようだ。
 私はそのことがあったせいか欠席が増えた。一九九二年の五月中旬、木曜、
金曜、土曜日を続けて発熱で欠席し、私は次の月曜日に重い体を引きずるよう
にして登校した。
 教室に入った瞬間に、クラスの様子がいつもと違うことが分かる。何かおかしい。
そう感じながら、私はいつも通り誰と口をきくこともなくおとなしくしていた。

////////////////////////////////////////////////////// 「DROP OUT」 ///




72 : ◆60qCy6YXeQ :04/05/15 19:45

/// 職員室へ 51 ////////////////////////////////////////////////////////

 昼休みになると近くの席の子たちが集まって机をつなげてお昼を食べる。それは
ほぼ習慣だったから、私はいつものように机を動かした。そしてその後に、女の子が
何人かものすごく勇気を出したような顔をして、思いきって話しかけてきた。
「田嶋先生がお嬢とお弁当一緒に食べなくてもいいって言うてん!」
「……?」
 私には意味がわからない。文脈によれば、先生が主語になっている。先生が私と
お弁当を食べなくていいと言い出した、そう取れるではないか。
「先生が言うたん?」
「そう!先生が食べなくていいって言ってん!」

//////////////////////////////////////////////////////// 文芸春秋社 ///




73 : ◆60qCy6YXeQ :04/05/16 08:54

/// 職員室へ 52 ////////////////////////////////////////////////////////

 クラス中の子が好奇心いっぱいの目をしてこちらを見、息をつめたように黙って
いる。またわけの分からないことが始まっていたのだ。
 相当思いきって言ったせいか、女の子たちは上気している。別にお弁当を一緒に
食べなくてもどうでもいい私は、ただどういう経緯でそうなったのかだけは冷静に
知りたいと思い、彼女たちに聞くよりも先生に聞いたほうがいいだろうと思った。
「そう。先生がそう言ったんなら、先生に聞けばいいんやね?」
「うん」
///////////////////////////////////////////////////// 2002年3月発行 ///





74 : ◆60qCy6YXeQ :04/05/17 20:42

/// 職員室へ 53 ////////////////////////////////////////////////////////

 私は仕方なく職員室に向かう。もし先生がそんなことを言い出したのなら、ちょっと
問題だ。でも、いじめられている子が教室にいてもすぐには止めに来ないような
教師だ。何が起きても不思議ではない。きっと私が木、金、土曜日を欠席している
間に何かがあったのだろう。それを聞きに行こうと思ったのだ。でも、担任に会い
に行ってみると、やはり田嶋の振る舞いは常軌を逸していたのだ。
 私は昼休みの職員室のドアをノックし、入っていった。
「先生、クラスの子たちから先生が私と一緒にお弁当を食べなくていいと言ったと
聞きましたが、一体どういうことですか?」
///////////////////////////////////////////////// ―中学生学校と闘う ///




75 : ◆60qCy6YXeQ :04/05/18 20:47

/// 職員室へ 54 //////////

 すると先生は、私がそう言った瞬間に癇癪を起こし、周りも気にせず怒鳴ったのだ。
言われたせりふは一字一句憶えている。
「ほーら、お前はクラスの子に仲間外れにされたらすぐに先生に助けを求めるんや
ないか! いつもお高くとまって先生やみんなをバカにしたような顔をしているくせに、
突然仲間外れにされたとたんに困るんやろう!」
「???????」
 聞いたことの答えになっていない。仲間外れにされて困ったから来たのではない。
何があったのかわけが分からないから聞きに来ただけなのだ。それにしても、私が
来るのを待ち構えていたような担任の態度に驚いて、なおさら何があったのかと
思った。
///////// 絶賛発売中!////





76 : ◆60qCy6YXeQ :04/05/19 21:55

/// 職員室へ 55 ///////////

「いえ、みんなが突然そんなことを言ったので、何があったんかと思っただけなん
ですけど……」
「先週の土曜日にクラスの子たちが、お前のことで困っていると話しに来たんや。
みんなお前のことを心配してるのに、お前はいつも生徒や先生よりも一段高い
ところから見下したような態度をとってみんなをバカにしているやないか。クラスの
子たちはいつもお前がよく休むから心配しているのに……」
 言われてしばらく考えたが、私はすぐに違和感を覚える。みんなが私のことを
心配しているというところだ。うっとうしいだけなのではないか。平気でいじめを
するような彼らは、どう考えても他人のことを心配するような子たちではないだろう。

//////// 佐々田 純子著 ///




77 : ◆60qCy6YXeQ :04/05/20 20:39

/// 職員室へ 56 ///////////

「別に見下してはいません。立川さんにあんなことをしたみんなが嫌いなだけです」
 担任は少し小声で面倒そうに□を開く。
「だから、お前はそうやって一人だけみんなと違うことをするやろう。お前も一緒に
なっていじめないから悪いんだ」
「………」
 再び私の頭の中が真っ白になった。一緒になっていじめない私が悪い……?
はあ?!そんなバカな話があるのか?自分の目の前で話しているのは本当に
教師という職業についている人間なのだろうか?これではいじめの黙認どころか
いじめの奨励ではないか?

/////////// 「DROP OUT」 ///





78 : ◆60qCy6YXeQ :04/05/22 09:12

/// 職員室へ 57 ///////////

 私にはもう言い返す術がなかった。その後しばらく、担任にいろんなことを
言われた。
「生徒たちは、お前と付き合いにくいといってる。自慢話をしたり、自分だけ学校を
休んだりして、特別だと思っているといってたぞ。どこまで付き合ったらいいのか
分からないというから、先生は、付き合いたくなくて、お弁当も一緒に食べたく
ないのなら食べなくてもいい、と言ったんだ」

//////////// 文芸春秋社 ///




52 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)